2020年4月 4日 (土)

今日の朝撮り「外出自粛呼びかけ仙台も」  

2_20200404055301

宮城県・仙台市共同による緊急記者会見が昨日(3日)行われ「外出自粛」を呼びかけた。

一人ひとりが自覚を持っての行動責任が大事という。

そんなことから、楽しみにしていた私の「前田優光ちいさなちいさな絵画展」も、当然ながら来春に延期となった。

 

仙台の桜は今日明日が満開。「桜は来年も咲くが、命を失ったら二度と戻ってこない」。どきりとするこのメッセージには満開の桜が一気に枯れてしまうかのような恐怖感を覚える。

今月下旬にかけ非常に重要な時期という。この危機を皆さんと一緒乗り越え、本当の春を迎えたいものである。

 

 

2020年3月25日 (水)

今日の朝撮り「歴史の証言・幻の聖火」  

Img_3644
Img_3599
Img_3606

昨夜(24日夜)、歴史的決断が下された。

その判断に安堵と不安のため息が世界中に広がったのではないだろうか。

2020はそのまま継承となり、聖火は福島に留まるという。

史上初となるオリンピック延期、その要因となった新型コロナウイルス。色濃く歴史に刻まれることになる。

聖火の模様を撮影した「復興の火in仙台」は、私にとっても一生に一度の貴重な映像(0321FB・動画有)となってしまった。

オリンピックは世界平和を祈る大イベント。来夏までにはウイルスや戦争など全てのことがおさまり、平和の祭典東京五輪につながるよう祈るばかり。

 

写真=仙台駅東口(200321撮影)

 

 

2020年3月22日 (日)

今日の朝撮り「奇跡の聖火・動画にて」 

Img_3609

iphoneで簡単に編集ができることを知って昨日初挑戦しみた。

もうこのシーン(映像)は私が生きている間には、絶対に撮ることはできないだろう。

カメラを持つと人が変わってしまう自分のはやる気持ちを抑え、ギリシャから運ばれてきた黄金の炎を目の当たりにすることができた。

新型コロナウイルスで世界の機能が停止寸前、果たしてこの聖火鎮火することなくどんな奇跡の運命をたどるのか世界の目が釘付けとなっている。

規制が厳しく思う存分カメラを回すことはできなかったが、必死の取材で30秒にまとめてみた。

 

動画=このSNSでは動画をアップすることができませんでした。残念。Facebookでご覧ください。

 

 

 

 

 

2020年3月21日 (土)

今日の朝撮り「新しい時間の使い方」

Img_3573
Img_3579
Img_3597

外出を控えていた子供たちも大人たちも、ここ最近春の虫が飛び立つよう動き出してきた。近所の公園もサッカーをする子どもたちやゲートボウルをするおじちゃんおばちゃんで賑わっている。

キャンプ場などは大にぎわいと聞く。風通しがよく人との接触がそうなければ、とウイルス専門の方々の言葉に反応してかの光景かもしれない。

私のよく行く本屋は、どこか寒い。それには訳があってのことらしい。室内の空気が止まらないよう風通しをよくしているのだ。その本屋がいつになく賑わっている。

片手に文庫本何冊も抱え、いろいろ物色している人が目立つ。この際読書でもという人が増えてきているのだ。私も二日に一度は通い、今年に入ってから普段読まない作家の単行本を20冊ほど読んだ。

エッセイが好きな私だが、いろんな分野の長編小説に挑戦してみた。もうこれにハマると抜け出せない、ちょっとの時間があれば続きを読んでみたくなる。活字の魅力を改めて知る。

憎きウイルスであるが、今までスルーしていたことや普段やれなかったことに向き合うことにもなった。それにしても早い終息を祈る。

 

 

 

 

2020年3月12日 (木)

今日の朝撮り「終息見えず」

Img_3534

「林修の今でしょ!講座」で今回、新型コロナウイルスを取り上げた。

感染症の権威に聞きたいギモンを解決するまで徹底追及すると言う内容で、とても興味深く見入った。

順天堂大学病院の堀賢教授が特別講義。
世界規模のインフルエンザであると言うことだからそう心配することはない、まして日本の医療は素晴らしいので死亡率は他国と比べても非常に低いので心配はいらないと言う見解であった。

マスクも患者そして患者との接触以外必要はないとも言う。肺炎も必ずなるとは限らず、ウイルスにかかっても8割は軽症で治ると言う。マスコミが何ヶ月も無駄な情報を流し、それをみていた我々は時間の無駄だったと林先生激怒。

キャンセルのため仙台駅に行ってきた。これで2度目。みどりの窓口は9つあるがいつ行っても長蛇の列で、長いときなど20分も待つことがある。お昼時に行ったのだが担当者が手持ち無沙汰さ。まるで深夜かと思えるほどの光景。

乗車券割引を使っての購入だったので、キャンセル時に発生する手数料は以外と高い。それを覚悟して行ったのだが、この異常事態時キャンセル料はとりませんと言う特別措置体制。

嬉しいと言うより、目に見えない恐怖が小さな形となって感じられやや恐ろしさを覚えた。地下レストラン街も空席が目立ち311のあの頃を思い出した。

早朝、今回のウイルスを「パンデミック(世界的規模)」と報じられた。終息はいつ?

 

 

2020年3月10日 (火)

今日の朝撮り「企画展開催祈るばかり」

収束の見えない新型コロナウイルス、地球全体で大きな問題となっている。

イタリア、フランスの有名な観光地、あんなに観光客で賑わっていた私の思い出の場所が、閑散としているのには胸が痛む。

イベントも各地で中止、延期されている。苦肉の策は無観客での決行。角界で活躍している方々は、講演会そしてコンサートもできなくなりSNSの中継に切り替え頑張っている方も見受けられる。
我が師匠演歌歌手の石原詢子さんもInstagramで30分の「近況報告」として中継をし、ファンを喜ばせ元気付けていた。

私も5月のイベントを控え、落ち着かない日々を過ごしている。それまでは鎮静化を祈るばかりだが、開催の折には皆様の心にウイルスではなく幸せを与えられたらと思っている。

Photo_20200310084801

今年も「講座=トーク」を5月20日に開催させていただきます。

お陰様ですぐ完売となりますので、お早めにお申し込みください。と言っても4月1日からの募集で、抽選会となります。ご了承ください。

詳細は、事務局コンシェルジュ企画担当へ。

フリーダイヤル 0120417541まで。

 

 

 

 

 

2020年2月28日 (金)

今日の朝撮り「さて、何をしようか」

まさかの事態がいま地球上で起こっている。新型コロナウイルスの恐怖である。自分に限ってはそんなことは、と思っていた矢先東京での教室の中止の連絡が届いた。

ウイルスだけではなく何か目に見えない動きまですら感じる。

先般、私が取引している百貨店の倒産。そして昨日またもやショックな電話を受けた。私が東京で常宿している老舗ホテルが8月で終わるという。毎年1年前から予約しているのだが、ここもかと思うとなんとも寂しい気持ち。

来週から一斉休校の発表が、政府からあった。職場はテレワークと人の姿が消えていくかつてない現象。

某新聞のコラムで、こんな時こそプラス思考を持つべきだという内容が記されていた。それを読んでなんとか息を吹き返すことができた。「いまこそ家に閉じこもって有意義な時間を使って欲しい」。じっとしている時間、何をしているかでこの事態を乗り越えた時の自分が変われる可能性もある。読書、そして勉強。

そこに山があるから登る。登った人と、毎日ゴロゴロしていた人では人生の後半に大きな差が出る、という本を昔読んだ記憶がある。さて何をしようか。ハシビロコウのように事態終息をじっと待つのもいいか。きっといい考えも浮かぶかも。

 

 

2020年2月20日 (木)

今日の朝撮り「透明人間」

Img_3419
20200220-92437
D208085397510830

新型コロナウイルスが蔓延。感染経路がよくつかめない状態での対策、早い終息が待たれる。

昨日の東京中央線、いつもの混雑はなくこれも新型コロナウイルスの影響だろうか。

乗客を見渡すと、98パーセントが携帯を手にマスク姿。

仲間が途中マスクを売っている店を探したらしいがどこもなく、ようやく見つけたドラックストアでは1枚100円で売っていたそうだ。それでも良心的と購入してきたらしいが、毎日同じものを使うわけもいかず困惑。オリンピックに向けこれからどうなのだろうか。

普段あまりいかない八重洲口の方に出てみると、ここも人があまり見かけない。地下街の飲み屋さんも客はまばらであった。

目に見えない新型コロナウイルス、透明人間のようでどこか不気味。

 

集合写真は先週開催された、家元・石原詢子(揖水流詢風会 )さん主催の「初吟会」の集合写真(東京教室の生徒さん)。東京、大阪の関係者100名程にプレゼントされた。

 

2020年2月16日 (日)

今日の朝撮り「いいことづくめ」

Img_3371

昔、食卓に母の漬物は欠かすことができなかったが、歳をとってそれもできなくなった。

既存の物をスーパーで買って、それで補っていたがどうもそれでは物足りない。

そんな事を思っていた時に、テレビで「「糠漬け男子」というものが出演し、誰でもができる糠漬け教室なるものをやっていた。
漬物は面倒で臭いし、と私はそれだけは勘弁と思っていたが、いま簡単にできるキットなるものがあるという。
これだと私は膝を打った。管理が簡単で面倒なく作れるのだ。
発酵食品は体にいいというので私はヨーグルト、味噌汁を手作りで毎日食している。それにもう一つ発酵食品の糠漬けが加われば鬼に金棒。
好奇心旺盛な私は早速挑戦。なんと簡単そして糠漬け用具なるものは手軽に安く手に入る。
できたのが写真の大根、きゅうり、人参。これに何を加えてもいいという。
うまい。栄養満点。それに腸内環境、免疫力アップ、動脈硬化、ダイエット、美肌といい事づくめ。ハマりそう。そして何よりも母が喜んでくれた。

 

 

2020年2月14日 (金)

今日の朝撮り「緊張が宝に」

Img_3352
Dsc05591
Dsc05578
Img_3347
Img_3357

新春に開催する初吟会2020(揖水流詢風会)であるが、演歌歌手の石原詢子さんの仕事の合間を縫って今月12日に開催された。

生徒のほか後援会の皆様や関係者が集まり、新宿のホテルで盛大におこなわれた。

このこの初吟会は東京、大阪で開催され、詩吟教室も発足しまもなく二年なる。その成果を発表するのがこの初吟会である。

トップ演歌歌手の師匠・石原先生の会とあってステージも本格的。専属の音響や事務局が結集し盛り上げてくれた。その分我々生徒の緊張は半端でない。

それが終わると、石原詢子さんのミニミニコンサート。営業で観るステージとは違い身内でのコンサートは開放感がありまた格別。

いつもの着物を脱ぎ捨てドレスアップ、これも身内でなければ見れないレアな光景。

神田松之丞さんの本で、何かを学ぶのは一流の物を見る、接することが大事と書いてある。

まさに歌謡界一線で活躍している石原先生と同じ時間を共有している幸せ、お金では買えない大事な物を頂いている。

石原先生の生徒たちへの真剣な眼差しは、一人でも多くの人を育てようとしている一生懸命さが伝わって来る。ただただ感謝、そして学ぶことが多い。

 

 

«今日の朝撮り「ビルに大型飛行機が!」

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)