2018年11月13日 (火)

今日の朝撮り「凱旋門とナポレオン」

Photo

第一次世界大戦で1000万人が犠牲になった。それから100年が経ち先般パリで式典がおこなわれた。

式典会場が懐かしい凱旋門前。私は3回パリを訪ねているがいつもその場に立って、車でその中を走しってみたいという衝動に駆られる。

話が逸れたが、凱旋門の下にはフランスを守ろうと戦った一人の無名戦士が眠っている。そこには『祖国のために死したフランス兵ここに眠る』とアーチ下に刻まれている。

凱旋門はナポレオンがオステルリッツの戦いで勝利し栄光を称えるために造ったと聞く。フランス人は自分達の美しい街を戦火から守ろうとした。

 浅田次郎『王妃の館・下』の著書にこんな一文がある。

「平和とは戦争のない時間のことではない。心の平安が約束された時間のことである。そのためには、戦争や暴力を否定するだけではなく、世界中を美しいもので埋め尽くさなければならない。美しいものにみたされれば、人は優しくなれる。それを壊せば鬼になる。地球というハコ(匣)を美しく飾り続けること、それが平和だ」。

そんな言葉に私はとうの昔こんな絵を描いていた。

2018年11月 9日 (金)

今日の朝撮り「演歌歌いながら旅立ち」

Dsc04855_2

Img_0270

年齢とともに日本伝統のものが好むようになった。

山内恵介さんのの浪曲に膝を叩いたり、詩吟に文化を知ったりと侘び寂びの世界を求めるようになった。

今朝は生花に挑戦。

大好きだった叔母が亡くなり昨日葬儀に行ってきた。帰りしな抱えきれないほどの花をもらってきたので、大きな花瓶3個に分け今朝活けてみた。

活けりのはまったく初めて。假屋崎 省吾さんのテレビを見ていることもあってなんとなくイメージが湧いた。その一つがこれ。盛りすぎと思ったが賑やかなことが好きで演歌が好きで芸事の好きだった叔母さんを思うとこうなってしまった。

昨日の天気は抜けるような青空。天がよく見えるように晴らしてくれたのだろうか。今日は一転して遣らずの雨。安らかに。

2018年11月 5日 (月)

今日の朝撮り「入口違いますよ!」

Img_0164


Img_3973

今年うちの近所にできたカワチ。

買い物にきたお客さん、せっかちなのか斜面をひとっ飛びしようとしたのだが失敗。あらら。石の上に亀が乗っかったような姿になってしまった。すぐそばに入り口があるのに。

もう一方の軽自動車。気持ちはBMW車。

早く走りたいという昂揚を抑えるため、マウスをつけ自制しているのだろうか。ネズミ捕りに捕まったらダイハツだものね。いやダイナシだ。

2018年11月 4日 (日)

今日の朝撮り「遥かな道」

Dsc04838_2

1_2

今月27から始まる「前田優光水彩画展 ヨーロッパの旅 あの街この村」、晩翠画廊(仙台市)での案内住所印刷を終えた。

数が多いため印刷機が時々駄々をこねるためなかなか前に進まずやきもきしたがひと安心。あとは投函するばかり。郵便料金の値上がりで切手代だけでも目が飛び出してしまう。ただ同一料金で全国浦々まで届けてくださるこのシステムには頭がさがるばかり。元旧郵政職員のOBとして特にその思いは強い。

一段落したところ、お世話になっている演歌歌手石原詢子さんの応援に福島県の葛尾村へと車を走らせる。すれ違うのが難儀な葛折りの道を走ること2時間、ようやく到着。遠いその道を石原さんの歌と紅葉が心を癒してくれた。

2018年11月 1日 (木)

今日の朝撮り「母とみる虹」

Img_0219

このところ頻繁に虹を見る。今朝の編集手帳にも虹を取り上げていた。

時雨を伴うと虹が出やすいのだと、お天気博士の倉嶋厚さんの著書からひいていた。

それを「しぐれ虹」というのだそうだ。

昨日のこと。

10時に虹、とダジャレを言いながら年老いた母を車に乗せ、二人でそれをしばし眺めた。

老いて行くのが如実に見え出した昨今だが「うわー綺麗ぃ」と声を発する母の顔が輝いた。そんな母に向かって「もう少し頑張るんだよ」と虹が語りかけているかのように、青空に大きな放物線を描いている。

虹をこんなにも神々しく見えたのも久しぶり。私には「幸せの架け橋」のようにも見えた。

2018年10月30日 (火)

今日の朝撮り「印刷機フル稼働」

Img_0212

1

早いものであと1号を残して平成と名のつく暮れも終わる。

昭和、平成を生き抜き次はどんな元号で迎えられるのか。

連載中の大人の情報誌「りらく」が届いたが、すでに今年最後の原稿は提出。いまは11月下旬から始まる個展の準備に追われている。今朝は5時半から1500名のお客さんの住所刷りを、文句も言わず印刷機が動き回っている。

来年は仙台、福島、山形、東京の4つの会場が待っている。年も忘れてしまいそうな日々がこれからも続きそうだ。

2018年10月29日 (月)

今日の朝撮り「古典芸能を伝える」

Dsc04816

Img_0128

昨日の伝えるの続きとして文化面から。

母が以前から大好きだった美人演歌歌手・石原詢子さん。そんな影響もあってか私までがその虜になった。

その石原さん9月に30周年記念リサイタルが行われ全国からのファンが押し寄せ広い中野プラザを埋め尽くした。

この10月には歌手生活31年目を迎えた。一方実力派演歌歌手と並行し、今年4月揖水流家元2代目とし亡父の跡を継いだ。

紅白にも出場し歌のうまさは定評。それが4歳から始めた詩吟で鍛えられていたのだ。9月のリサイタルでもその喉を披露し会場の客を唸らせた。

今回『吟と舞(舵社発行)』にその模様が大きく紹介された。詩吟は漢詩に節をつけ幕末後期から書生の間で流行ったインテリジェンスの芸事でもあった。

その古典芸能を後世に伝えようと、石原詢子さんは演歌歌手と並行し揖水流詢風会家元としてもこれからの活躍が期待される。

写真・石原詢子さんのブログから http://junko-ishihara.com/6362/

2018年10月28日 (日)

今日の朝撮り「文明は進歩・文化は比例!」

Dsc04818

Img_0097

安田純平さんの解放で、自己責任危機管理云々が語られている。

先日の麻布十番での個展で俳人行方克巳さんと出会い一献まで傾けた。行方さんの著書に『世界みちくさ紀行』がある。旅のエッセイである。その中に我師とする作家の野村路子さんの話が出てくる。そして野村さんの本を読んでアウシュビッツを訪ねるのである。

中で私は気に留めた文章がある。「人類の文明はあきらかに進歩しているが、文化はそれに比例しないのである」。

その言葉を聞くに、やはり人間は愚かなものであることが察せられる。であればどうすれば良いのだろうか。思い当たることは「伝える」ことである。過去に起きたことの背景を後世に伝えなければならないのである。安田さんの行為も、それを思うと責めることばかりが賢明なのではないと考える。

2018年10月26日 (金)

今日の朝撮り「判断の過ち」

20181026_63913

Img_0179

Img_0177


東京の個展を終え一旦荷物を仙台へ、そしてまた東京へ。

昨日の東京は爽やかな天気に恵まれ、いつもより空が広く感じられた。

気持ちも晴れ晴れだったので、中央線に乗り換える際階段を使うことにした。

それが間違いであった。それは地獄の階段であった。

この階段は92段ある、と書いてあったが頭の中ではその段数など想像できずにいた。軽い気持ちで登ったのが間違い。

神社参拝同様息が切れる。ホームに立った時には、狛犬のごとく石のように足が棒状になってしまった。世界の東京駅、いまどきこんな階段があるとはいまに知る。

すっかりその後悔が尾を引いていたが、帰りに見た東京駅の美しさにすっかり忘れてしまった。東京駅を背に写真を撮る光景が絶えず、歓声がいたるところであがっていた。

何度行っても東京はいい。

2018年10月24日 (水)

今日の朝撮り「金持ちより人持ち」

Img_0139

Dsc04787

麻布十番での個展最後日、世界で活躍をしているクラシックピアニストの浦山純子さん、そしてギタリストとして55周年を迎える中村ヨシミツさんが駆けつけて来てくださった。

ここに書き尽くせないほどの方々が連日尋ねんて来てくださり、いつにない奧深い個展となった。

作家、演歌歌手、俳人、出版社、ピアニスト、ギタリストそして毎年楽しみに尋ねでくださる皆様方に恵まれ、なんと幸せなことか。この場をかり御礼申し上げる。

マンションのオーナーがこんなことを言ってくれた。

「お金持ちに幸せな人はいません。前田さんは人持ち。羨ましい」。寒くなったこの季節に何よりの暖房となった。SNSで応援してくださった皆様方にも感謝感謝。

«今日の朝撮り「名残惜しい最終日」

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)