« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月27日 (火)

心酔

加齢のせいもあると思うが一日があっというまに終わってしまう。
いま、まもなく開催される東京の個展の準備の合間を縫って、連載の原稿を書いている。7月分の校正を終え編集者に原稿を送り返したのだが、考えてみるとすぐ8月分を書かなくてはならないことに気がついたのだ。個展で時間が取れなくなるからだ。Photo_47
汗は黙っていてもでるが、アイディアはそうはいかない。雑音が入ると気が滅入ってしまうので、すべての窓ガラスを閉め自虐的執筆体制に入るのだが、出てくるものは油汗ばかり。
逆立ちしようがひっくりかえろうが出ないものは出ないのでCDをかけ一休み。今日はクラシックをやめ珍しくいや初めて借りる徳永英明の歌に耳を傾けた。すごい。嫌味のないスコンとでる高い声はまるで楽器のよう。かすれてぷつんと切れる音はヴァイオリンそのもの。あまりの感動に身の毛が立ち、さっきまでの汗は寒気に変わった。
熊谷守一画伯が「絵は余計なものは描かず白に近いほどいい」と言った。徳永英明の歌はまさにそれに近い。

絵・プロヴァンスの景色(フランス)。
この夏、表参道が面白い !!
ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」開催。
7月21日~27日まで「北川画廊・表参道」にて。

詳細ここをクリックし更に「NOW」をクリックしてください。そこに予告が掲載されています。

2006年6月19日 (月)

ニュルンベルクの想い出

手に汗を握る昨夜の日本対クロアチア戦。勝てるチャンスはおおいにあったのだが、またもや点に結びつかず勝負の難しさを思い知らされた。Photo_46
フランケン競技場はニュルンベルクという50万人ほどの美しい街にある。ヒトラーが最初のナチス党大会を開いた歴史上の街でもあるが、ワーグナーの歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」で歌われ、詩人ハンスザッック、画家デューラーの出身地でもある。
高台にはカイザーブルク城(絵)がある。そこからは1000年も変わらぬ旧市街を眺めることができる。広大な城内には小屋があってその中には底が見えないほど深い皇帝の井戸がある。覗くと総毛立つ恐怖感を覚えたが、閉館間際とあって小屋の外から誤って鍵をかけられたのがもっと怖かった。

この夏、表参道が面白い !!
ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」開催。
7月21日~27日まで「北川画廊・表参道」にて。

詳細はここをクリックし更に「NOW」をクリックしてください。そこに予告が掲載されています。

2006年6月12日 (月)

勝手なおもいあがり

先週は突然のアクシデントで、絵のほうは足踏み状態のまま。
でも故人が何十年振りかに親戚一同を集合する機会を与えてくれた。ここで改めてボクのいとこ関係の共通点を発見。
OLから作詞家に、宝塚女優、中学校の美術の教師、デザイナーとよくも似たモノ同士がそんなに揃ったものと驚くばかり。Photo_45
たいしたDNAを引き継いでいるわけでもないが、各界でそれぞれ活躍しているのが嬉しい。そんな彼女彼等に負けじにボクも頑張らなければと自分を見直す1週間でもあった。
さてと、この梅雨も明ければいよいよ東京での個展。雨後の筍のごとく少しは成長しなくっちゃ。
ドイツでお知り合いになったKさんから、声援のエールとして『勝手な選曲』というCDが贈られてきた。その中にいまもっとも知られている歌劇『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」が入っていた。
その曲を聴いていると、表参道で開催する自分の個展(絵)が、いろんな角度からとらえられ幾重にも重なって頭の中に映し出される。これは「勝手な選曲」ならぬ「勝手なおもいあがり」のなにものでもないが。
絵・ゲルニカ(スペイン)

この夏、表参道が面白い !!
ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」開催。
7月21日~27日まで「北川画廊・表参道」にて。

詳細はここをクリックし更に「NOW」をクリックしてください。そこに予告が掲載されています。

2006年6月 6日 (火)

夫唱婦随

世の中不幸なニュースばかりだが、そんな火の粉が昨日ボクの身にも降りかかった。仙台近隣に住む叔母が亡くなったのだ。
ボクの年齢にもなるとそれは仕方がないことなのだが、今朝今度はその連れの叔父が亡くなった。こうなると狐につままれたような、一瞬自分の立つ位置にぐらつきのようなもの感じた。
二人は長期の療養をしていたものの、一瞬にしてこんな不思議なことがおこりいまだ信じられない。Photo_44
昔気質の融通のきかない叔父のもとで、叔母は4人の子供を育てあげた。夫婦で旅行などする余裕などはなかった。8日が野辺送り。最後にしてようやく夫婦仲良く遠い世界へ旅たつのだ。
ボクがこんな仕事をしているとを知らず逝ってしまった二人に、この場をかり絵を飾らしてもらう。

絵は叔父叔母が住んでいるすぐ近くの山々。

この夏、表参道が面白い !!
ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」開催。
7月21日~27日まで「北川画廊・表参道」にて。

詳細はここをクリックし更に「NOW」をクリックする。そこにはボクの予告が掲載されているのだ。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)