« 大根役者 | トップページ | 一滴の雨 »

2006年9月28日 (木)

普段着のままがいい

表参道(東京)で夏個展を開いたときである。一人の女性が画廊の前でうろうろしていた。そこに3人連れのお客さんが来てドアを開けようとしたとき、その後ろにすっと従い入ってきた。
さきの様子を知らなかったらボクはその仲間かと思ったに違いない。のちお話をして分かった。絵は好きなんだけど、どうも画廊が苦手ということであった。入った以上なにか絵を買わなければならないのではないか、絵の知識を試されるのではなか、という先入観があるのだという。Karenn
確かに自分もそうである。画廊という一種独特の別世界を覗くということは誰しも勇気のいることである。必要に迫られて入るのとは違って、どうも敷居が高いような気がしてならない。
ボクの絵は誰しもが描ける絵。絵の教育などまったく受けたことなどない。だからベーチマークは常に「絵が好きなら何でもいいから、まずは描いてみようよ」という人に目を向けている。
10月2日からそんな方々にボクの絵を観ていただこうと、小さな絵の作品展をやる。Hp_7 開け放された扉からはコーヒーと水彩絵具の香りが漂う瀟洒な喫茶店が今回の場所。是非普段着のままでのお出をお待ちしている。

絵・「カレンとレオン(7㎝×7㎝)」。今回こんな小さな絵も飾ってるよぉ写真・スタジオ(FMいずみのブログ)にての収録風景。
お知らせ・「前田優光のメルヘンの世界 小さな作品展(H18.10.2~14)」カフェ&ギャラリーガレ(仙台市青葉区立町21-5-101)。TEL022-265-7063。
関連記事・ZONE連載(旅絵っせい・http://21s.st/cosmos/)。

« 大根役者 | トップページ | 一滴の雨 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普段着のままがいい:

« 大根役者 | トップページ | 一滴の雨 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)