« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月25日 (月)

良寛さん

やまかげの岩間をつたふ苔水の
かすかにわれはすみわたる
     ―  良寛 ―

0805dm 良寛のように澄み切った心境で生きることができれば、
そしてそんな絵が描けたらといつも願っている。

春の個展のDMをどの絵にしようか随分迷った。
あれにしようかこれにしようかと。
良寛の歌が少しでも感じられれば嬉しい

◇◇本年度の個展開催月日◇◇

08年5月13日~19日「オランダ・ベルギー紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇

08年9月9日~15日 「ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇

08年12月(月日未定) 「前田優光のメルヘンの世界 小さな作品展」
   
    ところ=仙台・ギャラリーガレ◇

詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

2008年2月 6日 (水)

その全容を明らかに!

絵に疲れると筆を置き、音楽を聴きながら他の仕事に切り替える。
絵が少し溜まったので、いま日曜カメラマン(実際には水曜だが)に変身。
アップしたのがブルージュ(ベルギー)の印象。Miku080206
以前スキャナーで一部だけしかお見せできなかったが、今回「その全容を明らかに!」、なんて安物のドキュメンタリーのキャチコピーみたい期待させてしまっているが、たいしたことはない。
ボクオーナーのホテルもあるので、そこで少し心の疲れを癒していただければ嬉しい。

◇◇本年度の個展開催月日◇◇

08年5月13日~19日「オランダ・ベルギー紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇

08年9月9日~15日 「ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇

08年12月(月日未定) 「前田優光のメルヘンの世界 小さな作品展」
   
    ところ=仙台・ギャラリーガレ◇

詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

2008年2月 2日 (土)

ネクタイの国

海外旅行もこのところの原油高で下火状態。
以前は空港税等を僅かながら払っただけでよかったが、ここ2.3年前からは燃料特別不可運賃までしっかり徴収されるようになった。Miku
これが超高ぁ―い。貧乏画家のボクにとっては、この臨徴分が海外での小遣にもなりうる打撃的金額なのだ。
迷う。がボクの絵の原点はヨーロッパにあったので、ここにきて中断するわけにもいかない。

もう一つ迷ったのが取材国である。
考え込みながらふと目の先を半開きのクローゼットにやる。そこにはもうしめることもなくなったネクタイが無数に垂れ下がっている。その幾つかにはクロアチア産のネクタイもある。
ネクタイをはずことによってこの仕事にありついたのだが、それにまつわるクロアチアはまだボクのリストには入っていなかったことに気が付いた。そこに行かずしてこの先はない、と一人勝手な理論を組み立ててしまったのである。Miku_3

さてこのクロアチア、ヨーロッパでまだよく知られていない未知の国でもある。混み合うこともなく申し込みはいつだってなどと高を括っていたのが大間違い。蓋を開けてみてすごいことになっているのにビックリ仰天。
このところ民報やNHKがこの地を取り上げたことによって、急にクロアチアがクローズアップされ火がついたのである。すでに6月まで満席が出ているほどの人気ぶり。

さあ大変、のんびりとしてはいられない。慌てて申込んだのだがボクの都合のよい日は既にふさがってしまっている。ようやく確保できたのが個展開催間近の4月中旬であった。
いやはや燃料費が高い、などとは言っておられない。取材に行くまでには目の淵を白黒しながら必死になって作品展の絵を描かねばなるまい。
目の淵白黒はややオーバーだが、クロアチアは100匹ワンちゃんのダルメシアンの国でもある。ワン! ダフル・ビューティフル、ああもう駄目だワン。

挿絵・フォレンダム(オランダ)。こんな風景がクロアチアには沢山見られるかも。
写真・「神は不公平だ。対岸のクロアチアにばかり美しい景色を創って(とイタリア人に言わしめる自然美の宝庫)」。参考資料・地球の歩き方(ダイヤモンド社より)。

◇◇本年度の個展開催月日◇◇

08年5月13日~19日「オランダ・ベルギー紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇

08年9月9日~15日 「ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇

08年12月(月日未定) 「前田優光のメルヘンの世界 小さな作品展」
   
    ところ=仙台・ギャラリーガレ◇

詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)