« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月29日 (木)

情報のお裾分け

ハウツーものが好きだ。
キャチコピーにひかれよく立ち読みをする(買わないところがいい)。
ただ観光地の世界三大がっかりではないが、大方コピーほど騒ぎ立てるほどでもないのがほとんどである。Photo_3
なかには、よっしゃこれをお手本に実行してみようと意気込むこともある。が大概挫折する。またはこんなことをやってなんになるんだと投げ出してしまう。Photo_4

日記、切抜き、情報管理なんか特にそうだ。続かない。やっていてもそのときの自己満足で、あとでそれを活用しようにも「どこだどこだ」と探し回っている時間に手間がかかり疲れきってしまう。
結局宝の持腐れとなる。
鉄屑寸前の積み上げられた廃車のごとく、高級ぽぃ手帳が机の引き出しに溜まっている。Photo_5

それをだぁ、解決してくれる心強い一冊の本に出会った。
いつものように、「こんなことしたって」という99%の疑いをかけ手にしたのだが、読み進むうちにレジに走っていた。
大学ノートみたいな本だが1300円もする。でも買った。
で、ある。情報の管理は一元化することにより、すべてを宝にかえるという技を披露した本である。

いままでのボクの情報は多元化(分類)し、それを書斎に積み上げているに過ぎなかった。
それを一本になんでも詰め込む方法だ。もしかして使えるかも。もしかして続くかも。と思った。
詳細は立ち読みをしていただくことにして(笑い)、A6のノートにすべてを書き(企画、ネタ、店、メモ、日記)、貼り(葉書。資料)、それをパソコンや携帯で検索(項目)し即座そのノートを探り出し目を通すことができる方法である。

好奇心旺盛のボクは早速やってみた。これは愉しい(辛いを跳ね飛ばすほど)。
「疑惑のデパート」という言葉が一時流行ったが、これは「夢のデパート(これもどこかで聞いたことがあるが)!」である。

この本の著者は奥野宣之さんといって、これがデビュー作だ。81年生まれ。若い。
『情報は一冊のノートにまとめなさい(Nanaブックス)』。
興味のある方はお試しあれ。

写真上・奥野宣之氏の著書。

写真中・使用済みノート。使用期間を書き背には通し番号。

写真下・ブックカバーをつけ持ち歩くA6ノート。

◇◇本年度の個展開催月日◇◇

08年5月13日~19日「オランダ・ベルギー紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇終了。

08年9月9日~15日 「ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇

08年11月 「前田優光のメルヘンの世界 小さな作品展」
   
    ところ=仙台・ギャラリーガレ◇

詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

2008年5月20日 (火)

日々感謝。個展終了。

今年最初の個展、多くの方々に助けられながら無事終了した。
好きな言葉ではないがボクは一匹狼ともいえる。Photo
どこにも所属することなく、教室も持っていない。そんな雑草のようなボクが百貨店で個展を開けるという幸せは、純粋に絵を愛する多くの皆様方に助けられているからこそ、といつも思うのだ。感謝。

何かに所属するということは、何かに縛られなにかに媚描かなければならないという呪縛が少なからず生じてしまうものだ。Photo_2
またいろいろな勲章をぶら提げていると、当然絵の価格も跳ね上がる。そうなれば高価な美術品として決まった層にしかゆきわたらなくなる。

そうではなく、何か少し我慢すれば好きな絵が自分のものになる、そんな絵があってもいいのではないか。そして原画の持つ魅力に触れて欲しい、というのが自分の個展活動の発端でもある。
芸術絵画という高い敷居を追っ払い、欲しい人誰しもが好きな絵を手にしていただければと願うのだ。Photo_3

それがここ最近ようやく浸透してきたのか、今回用意したグッズは完売し、絵も半分ほど嫁いで行ってしまった。
お買上げくださった絵を自分の子供のように愛でてくれている姿をみていると、なんともいえない幸福感に満たされる。

また今回は3歳から90歳という方がお出でくださった。90歳のTさんは講演活動や絵の制作と日野原重明先生ばりのお元気ぶり。そのうえ自慢の健脚で仙台市内は乗り物など乗らず歩くというから驚いた。

一歩踏み出すことによって今年もまた大きな出逢いと、なにか大きなエネルギーをいただいたような個展であった。

ほんとうに感謝の日々であった。みなさんありがとう。

写真上・取材風景。写真真ん中・ミクシィ仲間(初対面)。写真下・90歳であるTさんと。

◇◇本年度の個展開催月日◇◇

08年5月13日~19日「オランダ・ベルギー紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇終了。

08年9月9日~15日 「ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇

08年11月 「前田優光のメルヘンの世界 小さな作品展」
   
    ところ=仙台・ギャラリーガレ◇

詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

2008年5月 8日 (木)

水彩画展開催

今年も「前田優光メルヘンの世界展」が開催。Dmura

今回の取材は総称ベネルクスからオランダとベルギー。

ゴッホ、フェルメールを生んだオランダ。

フランダースの犬でお馴染みのベルギー。

前田優光の織りなす水彩画「オランダ・ベルギー紀行」を是非お愉しみください。

左上絵・案内DM

右下写真・取材風景Photo_3

と き08年5月13日(火)~19日(月)

ところさくら野百貨店(仙台駅前)

 その他開催予告

 08年9月9日~15日 「ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
      
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇

08年11月 「前田優光のメルヘンの世界 小さな作品展」
      
    ところ=仙台・ギャラリーガレ◇

詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

◇◇次回の個展開催月日◇◇

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)