« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

ことりちゃん

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地べたを早くは走れない。080828
私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように、
たくさんの唄は知らないよ。
鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

― 金子みすゞ「私と小鳥と鈴と」より ―

心がぶれたとき、いつもこの詩を口ずさむ。
みんなちがって、みんないい、って。
そして自分へかえる。

PS  読売新聞本社より電話取材(麻布十番にての個展開催)がありました。小さな小さな記事として掲載されます。ご紹介まで……

◇◇本年度の個展開催◇◇

― まもなく東京麻布にて個展が開催されます ―

08年5月13日~19日「オランダ・ベルギー紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇終了。

08年9月9日~15日 「ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇

08年11月 「前田優光のメルヘンの世界 小さな作品展」
   
    ところ=仙台・ギャラリーガレ◇

詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

2008年8月25日 (月)

座右の銘

仙台の夏は、低温の続くどんよりとした天気で終わってしまった。
3日前からは「さむぅ!」が口を吐く。080825_2
暖房にはまだ早い。暖代わりは北京オリンピックの熱気だ。
オリンピックのハイライト、マラソンは男女いずれも奮わなかったが、仙台で「我慢精神」を育んだワンジル選手(ケニア)が金メダルをプレゼントしてくれた。
世界に仙台の名を広めてくれたことがなにより嬉しい。
そのオリンピックも昨夜で幕を閉じた。

一夜明けた仙台、またもや雨。
長袖を引っ張り出しアトリエへ。なかなか筆が進まない。
「人には負けてもいい。しかしやるべきことをやらない自分の弱さには負けたくない」。
ソウトボール金メダリスト上野由岐子投手の座右の銘が脳裏でつぶやく。

絵・チェコ郊外。
追記・本日読売新聞本社より電話取材(9月9日~の東京個展開催にて)がありました。小さな小さな記事として掲載されます。ご紹介まで……

◇◇本年度の個展開催◇◇

― まもなく東京麻布にて個展が開催されます ―

08年5月13日~19日「オランダ・ベルギー紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇終了。

08年9月9日~15日 「ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇

08年11月 「前田優光のメルヘンの世界 小さな作品展」
   
    ところ=仙台・ギャラリーガレ◇

詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

2008年8月20日 (水)

東京個展前の一仕事

ハイデルベルク城(ドイツ)には家ぐらいの大きな樽が幾つもある。
中でもっとも大きいのは、22万ℓも入るワイン樽だ(写真中)。080820mannnaka
民衆から年貢としてあがってきたワインが詰まっている。その酒造番をしているのが小人のペルケオ(写真下)である。
彼は女性を驚かすのが好きだった。仕掛け時計を作っては、女性に紐を引っ張らせる。時計から突然キツネが飛び出し女性は失神する。それを喜んでいるのだ。080820migi
それよりもっと好きだったのがお酒。一日10本のワインボトルを飲み干していた。
あるとき、人から身体を気遣い勧められたたった一杯の水が原因で死んでしまうのだ。080820hidari
それをボク風の絵にしてみた。
11月開催「小さな作品展」用のポスターとして描いてみた。

◇◇本年度の個展開催◇◇

― まもなく東京麻布にて個展が開催されます ―

08年5月13日~19日「オランダ・ベルギー紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇終了。

08年9月9日~15日 「ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇

08年11月 「前田優光のメルヘンの世界 小さな作品展」
   
    ところ=仙台・ギャラリーガレ◇

詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

2008年8月15日 (金)

雨男松尾芭蕉

松尾芭蕉は、酒田(山形県)から秋田の象潟(きさがた)に向う途中大雨に見舞われた。

本来なら左手に日本海の大海原そして右手すぐに、2236mの出羽富士・鳥海山が出迎えてくれるはずであった。080816

だが芭蕉は中国の古い詩句にあるように、何も見えない闇の中を手探るように想像をめぐらし、「雨も奇なり」とばかり鳥海山のその美しい姿を芭蕉なりに愉しむのである。

芭蕉が見たかった鳥海山の雄姿を、日本海を挟み飛島(酒田港より北北西約39.3kmの沖に位置し周囲12kmの小さな島)から見たくこのお盆に酒田に向かった。
がこのところの異常気象に遮断されあえなくその夢は断ち切られてしまった。

ある書物によると松尾芭蕉は雨男と聞く。納得。

絵は、芭蕉が歩いたと思われる象潟町上浜からみた鳥海山の風景(5月取材)。

◇◇本年度の個展開催◇◇

― まもなく東京麻布にて個展が開催されます ―

08年5月13日~19日「オランダ・ベルギー紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇終了。

08年9月9日~15日 「ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇

08年11月 「前田優光のメルヘンの世界 小さな作品展」
   
    ところ=仙台・ギャラリーガレ◇

詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

2008年8月 7日 (木)

これでいいのだ

ものを創る現場をみるのが好きだ。工場、スタジオ、アトリエなんでもいい。
なんにもないところから形となって命が吹き込まれていく。人間ってすばらしいと思う瞬間だ。Photo

宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」をつくった現場(アトリエ兼スタジオ)にカメラが入った。その300日間に渡る記録の映像を、つい先日オンエアーされた。

巨匠と言われている監督が七転八倒するシーンは圧巻だ。
それがまた雑魚のような自分に勇気を与えてくれる。赤塚不二夫流に言えば、ボクが描けなくともこれでいいのだ。080806

宮崎駿監督のドキュメンタリーが強烈に頭に残っていたせいか、描きあがった絵(クロアチア)からポニョが顔を出しそうなタッチになってしまった。Photo_2
これでいいのだ。

写真中。ようやくものが納まった新アトリエの一部。写真下。前回アップした「すれちがい」の絵の縁取りが面白く、それに似たデザインのフイルムを白い壁に貼ってみた。

◇◇本年度の個展開催月日◇◇

08年5月13日~19日「オランダ・ベルギー紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇終了。

08年9月9日~15日 「ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇

08年11月 「前田優光のメルヘンの世界 小さな作品展」
   
    ところ=仙台・ギャラリーガレ◇

詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

2008年8月 2日 (土)

すれちがい

梅雨が明けたのはいいが、なぜか仙台はその日から毎日ぐずついている。

それも影響してか、ボクの頭までぐずついている。080801

そんなときは愉しい絵を描いて、気持の昂ぶるのを待つしかない。

タイトル『すれちがい(絵)』。

最近敷地内を猫がよく通り抜けていく。

その都度向かいの飼い犬が騒ぎ出す。

猫のように毅然たりあれ、と描いたのがこの絵。080801_2

新しいアトリエの初仕事としては、やや先が思いやられるのだが。080801_3

写真・新しくしたアトリエ。

◇◇本年度の個展開催月日◇◇

08年5月13日~19日「オランダ・ベルギー紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇終了。

08年9月9日~15日 「ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇

08年11月 「前田優光のメルヘンの世界 小さな作品展」
   
    ところ=仙台・ギャラリーガレ◇

詳細につきましては、ホームページをご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)