« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月29日 (木)

芭蕉の旅 空白の1週間

深川を早朝舟で発った松尾芭蕉は、お昼時に千住大橋の袂で下船した。

「弥生も末七日(3月27日。陽暦5月16日)、あけぼのの空ろうろうとして……」と芭蕉は日記に書いてあるが、曾良の「旅日記」には3月20日と記してある。

曾良の期日の間違いではないかというのが大方の意見であるが、しかし曾良は事実を記するための同行でもあった。その曾良が間違えるなどとは思えないのだ。

であれば謎の1週間はなんだったんだろうか!090129

芭蕉の奥の細道への旅は「そうだ 東北へ行ってみよう」などという軽いのりでのものではなかったはず。江戸大火で家を失い、そして母の死による無常観をひしひしと味わっての旅だったに違いない。

「行く春や鳥啼き魚の目は涙」

この句でも感じ取れるように、惜別の涙で後ろ髪を引かれるような旅立ちではなかっただろうか。

その場所をどうしても目で確かめたく、芭蕉が着いた昼ごろ千住大橋を訪ねてみた。真冬だというのに、春のような日差しが隅田川の川面を照らし、空っ風が幾重もの三角波をつくっていた。まるで光が生き物のようにキラキラ舞っていた。

しばらくして大きな船が波を蹴り散らし向かってきた。堤防沿いに生い茂った葦がわさわさ動き出し、それが芭蕉と曾良を見送るために駆けつけた親しい人々にボクは見えたのだ。

絵・千住大橋(東京)から

◇◇本年度の個展開催予定◇◇

 09年4月著書『愉しくなくちゃ 絵ではない』が発売となります

09年4月14日~20日 陶器とコラボレーション ギャラリーくろすろーど(仙台)


 09年5月12日~18日「出版記念 クロアチ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇

09年6月2日~8日 「出版記念 ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇


 09年10月 山形予定


 ホームページ 
http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

2009年1月26日 (月)

学ぶ

今朝は、朝日に輝く南蔵王を見ながら目を覚ました。
お椀を伏せたような小高い山の頂に建つこの緑水亭ホテルは、仙台の奥座敷といわれている秋保温泉にある。仙台から車で20分と近いこともあって、この不景気にもかかわらず大勢の客で賑わっていた。
昨夜は民謡・有住会会主有住兆幸(亮子)先生からのお招きで、新年会への出席である。ゲストなどという名目で席をご用意していただいたので、やや緊張しての出席であったがそれも乾杯の掛け声とともに吹っ飛んでいってしまった。090126
芸達者な会員の矢継ぎ早に出る余興に圧倒されたのである。報復絶倒の寸劇とまるでショーを観ているよう。
会主の有住亮子先生は若くして民謡歌手となり、デビュー当時は民放そしてNHKで大活躍をされた人である。
また先生は、若くして世界を走り回っている三味線奏者浅野祥くんの立役者的存在でもある。
いまはそう唄ってはいないが、沢山の後継者の育成に尽力されている。
「過去を鼻にかけることもなく、衒いもなく、神様のような先生。だからこのような会の集まりに来るのを、いつも楽しみにしているんですよ」と、何人かの会員の皆さんが口を揃えてお話をしてくれた。
公務員が永かったボクには、周りの顔色ばかり伺っての宴会が多かったので、この新年会がたまらなく新鮮でいろんなことを学ばせていただいた一夜でもあった。

写真・秋保温泉近郊の田園風景

◇◇本年度の個展開催予定◇◇

 09年4月著書『愉しくなくちゃ 絵ではない』が発売となります

09年4月14日~20日 陶器とコラボレーション ギャラリーくろすろーど(仙台)


 09年5月12日~18日「出版記念 クロアチ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇

09年6月2日~8日 「出版記念 ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇


 09年10月 山形予定


 ホームページ 
http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

2009年1月23日 (金)

美談

今朝は県立図書館に行って安野先生の資料探し。それから急いで本業の絵。そんなことで朝一番目を通すべき朝刊が夜刊になってしまった。090123
まずは文字の小さな河北新報から読みはじめ、次に産経新聞そして読売新聞へといく。
そこで目に飛び込んできたのが「編集手帳」に載っている先生の名前。
内容は、安野先生の滲み出る優しさを感じさせるお話であった。Photo
このお話は以前ボクも先生からお聴きしたことがある。読売さん「それって、もしかしてボクのほうが早いかも」なんて心の中で自慢をしていた。
でも嬉しかった。新聞の顔ともいうべき一面のコラム欄に先生の美談を載せてくださるなんて。こんなところにボクは惹かれたんだろうな、と改めて先日お逢いした先生の柔和な笑顔を思い浮かべた。
いやぁ今日は朝から晩まで先生とご一緒なんて、なんて幸せ。

挿絵・リュブリャナ市内(スロベニア)

切抜・「編集手帳(読売新聞)」

◇◇本年度の個展開催予定◇◇

 09年4月著書『愉しくなくちゃ 絵ではない』が発売となります

09年4月14日~20日 陶器とコラボレーション ギャラリーくろすろーど(仙台)


 09年5月12日~18日「出版記念 クロアチ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇

09年6月2日~8日 「出版記念 ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇


 09年10月 山形予定


 ホームページ 
http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

2009年1月11日 (日)

安野光雅先生、産経新聞連載スタート

安野光雅先生の連載(毎週日曜日)が今朝からスタート。
正月早々産経新聞購読手続き(今年からこれで3紙の購読になっちまった)をしての、待ちに待った掲載だ。090111
テーマは【日本のふるさと 奈良】である。初日は「大神神社の日の出」であった。
先日お逢いした際に、奈良取材でのよもやまばなしを愉しそうにお話になさってくださったが、今後の展開が愉しみだ。
付け加えさせていただくと、1月8日(木・毎週夕刊)から日本経済新聞で「あすへの話題」というコラムの連載も始まっている。

ボクもいずれ自分のふるさとを表現したく考えているが、当面は安野先生が訪ねたヨーロッパを描き続けたいと思っている。

新春初の絵は「ドブロブニク沿岸(クロアチア)」、である。今年もよろしくね。

◇◇本年度の個展開催予定◇◇

 09年4月著書『愉しくなくちゃ 絵ではない』が発売となります

09年4月 陶器とコラボレーション ギャラリーくろすろーど(仙台)


 09年5月12日~18日「出版記念 クロアチ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇

09年6月2日~8日 「出版記念 ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇


 09年10月 山形予定


 ホームページ 
http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

2009年1月 1日 (木)

2009年の幕開け

明けましておめでとうございます。
旧年中は皆様に大変お世話になりました。
今年もよろしくお付合いのほどを、よろしく
お願いいたします。090101

世の中、閉塞感が蔓延し人間本来持っている
人間性としての羅針盤が、狂いはじめている
ような気がしてならない。
まずは自分自身から機軸を誤ることなく、夏
目漱石の日記を引用し年頭の誓いとした。

「黙々として牛の如くせよ」
「自ら得意になる勿(なか)れ」
「内を虚にして大呼(たいこ)する勿れ」

総じておごることなく、中身のない大言壮語
はせず、地に足をつけて歩むべしという意味
である。
自分への戒めの言葉だ。

絵・ブレッド湖(スロベニア)。

◇◇本年度の個展開催予定◇◇

09年4月 陶器とコラボレーション ギャラリーくろすろーど(仙台)


 09年5月12日~18日「出版記念 クロアチ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=仙台・さくら野百貨店◇

09年6月2日~8日 「出版記念 ヨーロッパ紀行 前田優光のメルヘンの世界展」
   
    ところ=東京麻布十番・ギャラリーモナ◇


 09年10月 山形予定


 ホームページ 
http://homepage3.nifty.com/ekakiyapon/index.htm

雑誌連載「旅絵っせい(ZONE)」を併せてご覧ください。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)