« どんと祭 | トップページ | 新聞連載スタート »

2010年1月17日 (日)

神戸新聞

15年前の今朝5時46分、阪神大震災が発生した。犠牲者6434人。信じられないその朝の情景をテレビで見たときのショックはいまでも覚えている。
昨夜フジテレビ系で「神戸新聞の7日間」という番組が放映された。地元神戸新聞社そのものが大打撃を受け本社が崩壊する。コンピューター、輪転機すべてを失う。
しかし編集長の「新聞に課せられた使命。必ず発行する」その一声が社員を奮い立たせる。そんな奮闘物語だ。
手を差し伸べてくれたのが京都新聞、その協力にてどうにか当日の夕刊を発行することが出来たのである。待っていたのは情報に飢え貪るように目を通す神戸市民。
身内を亡くしながらも仕事に従事する記者の姿、感動せずにはいられなかった。

アメリカでは大手の新聞社が倒産している。経営システムが異なっていることもあって日本はまだ安泰ではあるが、購読部数は確実に減っている。その危機感は隠せない。
ただ昨夜の番組を見て、刷り上がった温もりある新聞を手にしたときの市民の安堵感、そして心の支えとなったことには改めて紙媒体のありようを考えさせられた。
うらをとり現場に立ち取材しての情報は、ネットとはまた違った大きな意義がある。

明日からその新聞でボクの連載が始まる。
嬉しさより新聞の意義を考えると、責任の重大さをひしひしと考えさせられた番組でもあった。
ここで多くの犠牲者に哀悼の意を表する。

写真は2007年に訪ねた神戸。震災の爪痕を残している神戸港。高層ビルからの神戸。賑わう中華街。
港にいかなければほんとうにこの街が地震で、というほど街は見事に復興を遂げていた。
Koube1


Koube2


Koube3

« どんと祭 | トップページ | 新聞連載スタート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸新聞:

« どんと祭 | トップページ | 新聞連載スタート »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)