« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

今朝の朝撮り・「注文の違う料理店」

Jpg_2                                       

メニューの偽装が紙面を賑わしている。それをみてて宮沢賢治の『注文の多い料理店』を思い出した。
欲を張るということは、すべてを失ってしまうということを改めて教えられた事件でもある。
そんな紙面の挿絵として、満を持していたかのような絵がファイルの中からみつかった。
水彩画を始めた頃の絵である。
某ホテルに名前からして美味しそうな「京のあさ鳥」」を食べにきたのだが、「今日の朝撮り」と知って怪訝な顔になった客。
どうしてこのような絵を描いていたのかどんな味をしていたのかは、いまでは記憶すら書き換えられた。
ただ言えることは、これは紛れもなく私が描いた絵であって偽装ではない。

2013年10月30日 (水)

今朝の朝撮り・セザンヌ。

Img_0075                                      

セザンヌのアトリエを訪ねたとき、近くのエクス・アン・プロヴァンス(フランス)街でしばし散歩を楽しんだ。街並みが仙台の定禅寺通りに似ていて嬉しくなった。
定禅寺通りは欅並樹のトンネルだかここはプラタナス。丁度いまのような季節でピンポン球の大きさの実が実に沢山連なっていた。セザンヌはここでコーヒーを飲みながら構想をねっていたのだろうか。
そんなことを考えていた反面、頭上のプラタナスを見て構想どころか朝日の加減で月食にもみえたりするプラタナスの実に心を奪われてしまっている。別名スズカケノキともいう。

2013年10月29日 (火)

今朝の朝撮り・道

Img_0066

                                     公園の周囲を細い道が巡らしている。ふと振り向くと、朝日が若い木立の影を落としていた。
路面には秋のかけらがわずかばかり振り注ぎ張り付いていた。
こんな光景をどこかで見た。
東山魁夷の「道」が脳裏をよぎった。モデルは青森県八戸市の種差海岸県道1号線。
淡い光がどこまでも続く道。周辺の海岸は3.11で被害を被った。絵の中の道を目で辿って行くと、復興という幸せの光が降り注ぐ青い海が見えてくるような気がする。
ジョギング中の公園の小さな道と絵画の二つの光景が、心地よい汗に変わっていくのがわかった。

2013年10月28日 (月)

今朝の朝撮り・400年前の今日出帆。

Photo

 
40
 
400年前の今日28日、サン・ファン・バウティスタ号に乗って支倉常長慶長遣欧使節団一行がスペイン、ローマへと旅立った日である。
我が宮城県石巻の月浦からの出帆であった。
今年の7月に近くの洞仙寺(仮本堂)に行って支援活動を行ってきた。伊達政宗ゆかりの寺でもあるが、津波ですべて流された。そこで近くの小学生と住民にお話と歌のプレゼントをさせていただいた。また以前新聞の取材で描いた「サン・ファン・バウティスタ号と支倉常長」の絵を贈らせていただいた。
11月3日は船のドッグである、ミュージアム館が2年8ヶ月振りに再開館する。
被災地の船出である。

2013年10月27日 (日)

今朝の朝撮り・不幸中の幸い

Img_0086                                                                          

昨日は遠方で法事があった。
よくある話。喪服を着て移動時に交通事故に巻き込まれる不幸なニュースを耳にする。それがなぜか不思議に多い。
そんなことから、慎重に慎重を重ね私の運転で200キロの道のりを家族、親族全員を無事送り届けることができた。
レンタルした大型ワンボックスカーを返し、マイカーでに近くのスーパーに寄った。だが油断は禁物。そこで「なぜか」が起きたのである。
シートベルトを外し車から降りようとした瞬間、ゴツンという音がした。バックしてきた車が私の車にぶつかってきたのだ。怪我は免れたが、夜の街に赤色灯が点滅する自体に。
車にも目立った傷はないが、この車欲しくてようやく入手したばかりのGolf。ああショック。悲しい。
でも、今朝も元気でこうやってジョギングをしながらの朝撮り、それができるだけでも幸せと思わなければ。

2013年10月25日 (金)

今朝の朝撮り・レイマ広場(ドイツ)。

Photo

                                    今朝の朝撮り。
相変わらず天気がすぐれない。
これからますます朝撮りする被写体に事を欠く。
新鮮なものが手にはいらなくなれば、冷凍物を解凍し見繕うほかなくなった。
賞味期限の過ぎたのも出てくることもあるが、どうぞこれからもお付き合いのほどを願えれば嬉しい。
まず、チン3分解凍したのが「レイマ広場(ドイツ)」。
観光客といえば昔はカメラをぶら下げた日本人ばかりであった。昨今は中国人にかわってしまった。店先に表示されている文字も中国語が目立つ。日本語はいずれ駆逐さていくのだうか。
明日26日は法事のためFB等SNSはお休みいたします(笑)。

2013年10月23日 (水)

今朝の朝撮り・異常気象。

Photo

                                                                          今朝の朝撮。
相変わらず天気がすぐれない。ジョギングはいつもの通りこなしたが朝撮りはできず。この天気台風27号の影響らしい。
ここ近年の異常気象もいまや常態化している、とい新聞記事になにか納得するものがある。海の向こうも同じと聞く。以前ドナウ川の氾濫のあとその付近を通ったことがある。
ここ最近ではドイツのマイセン街がエレベ川の氾濫により冠水した。美しい木組みの家が、洪水した水面に映る姿は見好いものではない。
朝撮りの代わり掲載したのが「ブルージュ街(ベルギー)の印象」。好きな絵だったがすでに嫁いでいってしまった。
ブルージュは「橋」を意味する。中心を運河が流れそこを観光船にのって街を一巡する。異常気象に遭うことなくいつまでも美しい街であっで欲しい。

2013年10月19日 (土)

一寸先は光・今朝の朝撮り

Img_0001                                       

アキノエノコログサが朝露に濡れ光を放っていた。こんな情景をみるとどこか生の営みを感じ今日も頑張ろうという気持ちになる。
この種のエノコログサは世界に広く分布する雑草で、分類がなかなか難しいという。
子供の頃穂をとって手のひらでよく遊んだ。毛虫が背伸びして歩く様子がおもしろく虫の嫌いな友達を驚かしたりもした。
別名ネコジャラシともいう。でもエノコログサは犬ころ草の意味でもある。虫なのか猫なのか犬なのか朝から頭が混乱してきた。
それにしても朝日を浴びたエノコログサ、なんとも癒される。そういえば故やなせたかしさんの本に
こんな言葉が。
「人生一寸先は光」。この言葉を被災地の子どもたちに贈ろう。

2013年10月18日 (金)

今朝の朝撮り・ミーアキャット

Img_0008_4                                   

今朝の朝撮。

8日程仙台を離れていると、ジョギングコースの景色はすっかり変わっていた。
セイタカアワダチソウ、別名麒麟のあの長い首にみたてたのだろうかセイタカアキノキリンソウともいう。
しばらく見ないうち風景が一変したので、親父ギャグならセッテアワテダデショウだろうか。
この花、滅法強情で日本生まれの雑草を駆逐しいたるところではびこっている。それを「生命力」という花言葉が如実に証明している。
でもこの花を遠くから見ていると愛くるしく思えるときがある。砂漠の巣穴から出てきたミーアキャットがちょんと立って体を温めている姿に見えてくるからだ。

2013年10月17日 (木)

今朝の朝撮り

Img_0015

 
4  
                                                                                                                                                今朝の朝撮りは、夢への架け橋虹をとらえた。
9月開催の山形大沼百貨店DMは虹のかかるモン・サン・ミッシェル(フランス)を配した。
その絵の虹が今朝頭上に現れたのである。
咄嗟に「3.141592653589793238462643383279÷2」という数字が口を出た。円周率の半分が地上にくっきり読み取れたからである。
31桁だけだが以前暗証した語呂「産医師異国に婿役なく産婦さん夜叉むに虫さんさん闇に鳴く」が、脳裏の片隅からふと思いだされたのには自分でも驚いた。
きっとこの虹はSNSで繋がった皆さんの輪を形にし出たのかもしれない。半分の輪もきっとどこかで手をつなぎ喜び合っているに違いない。みんなにとってこの虹が吉報でありますように。

2013年10月16日 (水)

朝の一コマ

 Img_3054_2_2                                               
10年に一度経験するかしないかの台風がいま日本に上陸している。これから我が仙台を通過するという。
東京個展でのあの天気が信じられない。いくら晴れ男と言っても、雨が上がった日に上京。そして台風の情報とともに帰仙、そのど真ん中最高の天気に恵まれた個展であった。
楽天が優勝したとき、見出しがこんな文字で踊った。「神様、仏様、おかげ様」。この言葉が私の今朝の心境である。
雨のため今朝は朝撮りができなかったので、こんな絵『ドイツの情景」をアップせていただいた。
個展開催中、FB(Facebook)でお知り合いになった洋画家・美崎太洋先生が訪ねてきてくださったときのこと。初めて私の原画を観てくださり「前田さんの絵は日本版アイズピリ(フランス生まれ)の世界ですね」と仰ってくださった。
この画家は具象派で、心のフィルターを通し見事な自分の世界を作り上げている。
以前から人間はコピー機ではないので、絵は自分の心で描くものと私は思っていた。自然は教科書だが、そこから自分はなにを見出すかが大事なのである。上手い絵にはその先がないとも思っている。また飽きがくる。要するに技術の競い合いではないのが絵の世界である。
美崎先生と生み出した言葉が『変換力』。これで本でも出しましょうか。そんなことを話し合った一週間がいま懐かしく思い出される。

2013年10月15日 (火)

個展を振り返って

東京の個展も無事終了し15日午後帰宅した。
Facebookでは日々ライブ形式で見ていただきましたが、その他のSNSではご覧いただけなかった人もいて、是非再掲をとの声に写真等一部ではありますがアップさせていただいた。
いつも皆様方の声援に感謝申し上げます。                                                                                                                                                                                                                                                   
今朝の朝撮り。10月15日
お早うございます。楽しみにしていた麻布十番(東京)の個展も昨日で終了した。
最後のジョギンは思い出の地をのんびり周り、首都高速の渋滞が終わる頃には帰宅の途につく。いまこうしてPCの前にいると、走馬灯のように一週間の思い出が蘇ってくる。
今回はいつになくFacebook、Twitterのお客様が多かった。SNSのもたらす絆の偉大さをお思い知った。
来年も丁度この時期お邪魔することになる。またの再会を楽しみ。
ジョギングで朝撮りした写真を再度掲載。そしていらしてくださった皆様方からのお土産の写真。
最終的にはダンボール3つになってしまった。ほんとうに感謝の念に耐えない。ありがとう。
仙台に帰ってお一人おひとりの思いでの品の紐を解きたい。次回は是非手ぶらで気軽に来て欲しい。                                                                                                                                 
今朝の朝撮り。10月14日
麻布十番は大使館の多い街でもある。その大使館が協力し「ほほえみ」をテーマにしたモニュメントが12設置されている。その一つ「思いでのパッケージ(オーストラリア)」。
今日が個展の最終日。一週間の思いでをパッケージに詰め明日帰ることになる。
昨日の思い出。カレンダー企画会社社長寺田さん、山形からお出でくださった美人二人組のKさんとHさん。そしてポルトガルで知り合ったKさんらが駆けつけてくださった。
異常なあの暑さもようやく昨日からうすれ、気持ちのよい秋晴れ。閉店まで残された僅かな時間「ほほえみ」あえる時間であって欲しい。
ちなみに、オーストラリア大使館の方から以前絵を購入していただいたことがある。噂ではその絵を持って自国に帰られたとか。                                                                                                                                                                                                                                          
今朝の朝撮り 10月13日
六本木を走っていると、店先に柿の木を見つけた。近づくとなんと柿ではなくハローウィンの飾り付け。今月下旬行う行事で、これには収穫の祭りの意味が込められている。
個展会場にも昨日は沢山の実りを頂いた。二度も訪れてくださった方もいる。ドイツでご一緒した添乗員Mさんはアフリカから帰ってきたばかりと、現地のワインを持って駆けつけてきてくださった。すぐそのあと淀川長治さんのお弟子さん映画評論家の斉田さん、そしてポルトガルで知り合ったKさんが訪ねて来られ、夕方早々アフリカのワインで乾杯。夜は山形から駆けつけてきた美人さんらを含め6人で麻布十番界隈で祝杯を。
みな今年知り合い仲良しになった人たちばかり。出会いの素晴らしさをしみじみ感じる。
今日もいろんなおもてなしに酔いしれたく思う
 
今朝の朝撮り。10月12日
昨夜は作家の野村路子さんと一献をかたむけ、東京の夜を楽しんだ。夜景はホテル近くの六本木ヒルズ。
その夜景の付近を今朝ジョギング。六本木は青春の思い出の地でもある。ただ様子はすっかり変わってしまった。昔の面影ない。
ヒルズ前にはモダンなガラス張りの建物が。テレビ朝日だ。羽鳥アナを朝撮りしようと思ったが、警備員が怖そうなのでヒルズ前の庭園で一休み。
今日は山形から綺麗どころが何人か訪ねてくる。夜はタレントの友近さんがよく通ってくという魚可津さんに行くことになっている。オーナーは石巻出身で何度かお会いしている。ここのお魚が実に美味い。被災地支援にもなる。乾杯。朝から失礼。                                                                                                                                                                        
今朝の朝撮り。10月11日
私の住む住宅街はどこ行くにも坂道を抜けなければならないが、東京麻布十番界隈も坂道が多い街である。
ちょっとしたジョギングだけでも綱坂、神明坂、大黒坂、仙台坂と走り抜ける。もっとも気に入ったのが仙台坂。名前からして伊達政宗と縁ある地でもある。
この周辺は大使館が林立していて警察がいたるところに立っている。写真を撮るのにも落ち着かない。シャッタ音をたてる度、刺さるような眼光が私に降り注ぐ。4つの坂の他に「まさか」もこの地には潜んでいるのだろう。
個展会場にも沢山の「まさか」がある。昨日もいろんな方が訪ねてきてくださった。FBの椎名さんと初めてお会いし、ツーショットを撮っていただいたのも「まさか」として記憶に留めていたい。                                                                                                                                                   
今朝の朝撮り 10月10日
毎朝ホテル周辺を走っている。コースは日替わり。
今日は懐かしい場所。大木の奥に見える昭和のモダンな建物は旧郵政省東京簡易保険事務センターである。
石造りの堅牢な建物で、ロビーは大理石などで造られている。20代出張で訪ねたことがある。いまその近くのホテル近くに投宿するとは思いもしなかった。22年間郵政に勤めさせていただいたが、今の自分があるのもこの職場があったからこそと感謝している。
今日は女性で初めて郵政監察局長になった(雑誌FOCUSでも取り上げれた)Hさんが個展会場に来られるという連絡を頂いた。いま会っても背筋がピンとなり、つい「局長」と読んでしまう私である。                                                                                                                                                                                                                                                                
今朝の朝撮り 10月09日
FBでお知り合いになった、美崎さんが訪ねて来てくださった。初めてお目にかかったのだが、初めてとは思わないほど心が通いあった。
美崎さんとお話をしていると、いつも迷い続けていた自分の信念がこれでいいのだという確信めいた自信につながってくる。
縁尋機妙とはよくいったもの。人との出会いは宝だとも感じる時間でもあった。
美崎さんが「個展がご盛会であるように」と私の名を記したお守り(写真)を持ってきてくださった。
テーブルの写真は朝日が降り注ぐ宿泊先のガーデン。さあ、今日の出会いが楽しみである。                                                                                                                                                                        
今朝の朝撮り 10月09日
今朝のジョギング朝撮りは、この銅像(公園パチィオ十番にて)。
誰! 
「赤い靴はいていた女の子 異人さんにつれられて 行っちゃった」
そう、野口雨情の「赤い靴」のモデル岩崎きみちゃんである。
このきみちゃん、横浜から船に乗って異国にいったと思われたが、実は不治の病におかされここ麻布十番の孤児院に入れられ亡くなっていたのである。
別れた母を思慕しているかのような顔で、今日も往来する人々を見つめている。                                                                                                                                                                        
今朝の朝撮り 10月08日
個展初日目。午前中のお客様が途切れた合間のギャラリーの風景。お陰様で既にお嫁にいったものもいて、親として感無量。
あっという間の一週間だか、一日一日を大事に楽しもうと思っている。
出稼ぎ先でのジョギングも無事済ませ、個展会場へ行くまでの貴重な時間をこうやってPCを眺めながら過ごしている。
はや10月。洋服も秋物を揃えスーツケースに詰め込んできた。しかし東京はまだ残暑そのまま。昨夕の搬入、冷房を入れても汗、汗、汗でぐったり。
助かったことに東京在住の作家さんが応援に駆けつけてくれたので短時間でそれは終わった。いつも開催している百貨店と違って画廊はそう広くないので、レイアウトに悩んだが手伝ってくれた彼はデザイナー。50点ほど近い絵を見事に飾り付けてくれた。
さあ、今日は初日、どんな出会いが待っているか。お近くの方は是非遊びにいらしてください。
写真は、東京朝撮り「東京タワー」。上空にはやや霞が。                                                                                                   
今朝の朝撮り 10月07日
今日は夕方搬入につきゆっくりとした旅。仙台を経ちまだ半分。那須高原のSAがあまりにも綺麗なので、すっかりくつろいでいる。ライダーがいたので話しかける。東北一周を終え今東京に帰るところという。革ジャンで身を包んだその男性71歳。若いのに驚いた。バイクはアンチエイジングに効果があるということをその男性が立証してくれた。握手を求めたくなった。天気も最高、ここからバイクに乗り換えられたら最高なのだが。いやいやこれから東京で一汗かかなければ。写真SAで、朝撮り。                                                                  
Img_0001_4                                                                                                                              
Img_0003_2_4
 
Img_0016_4
                                                                                                                              Img_0019_3
 
Img_0021
                                               
Img_0048_4
                                               Img_0063_2
 
Img_0049_2
                                           Img_0065
 
Img_0072_4
 
Img_0074_4
                                            Img_0089_2

2013年10月 6日 (日)

麻布十番(東京)個展開催

34

Photo
いつも思う。生活の中に絵がある日々を、と願っているのだが。だがそうもいかない。
日々絵に追われ、振り返ると一年があっという間に過ぎ去っていく。今年最後の個展が8日(火)から始まる。
仙台、山形との百貨店を終え東京までの合間を縫って来年の個展用の絵を描こうと意気込んだが、なかなか時間を見い出すことができなかった。
さて、個展は私にとって大事な原点。
これがあって初めて自分がある。早いもので今回で35回目となる。それも多くの方々の支えがあってのこそ、といつも感謝している。
私は信条としていることがある。どんなことがあっても個展会場を留守にしない。昼食で席を空けることない。貴重な時間を割いて、わざわざ駆けつけてくださるお客様のことを考えてのことである。
個展会場は私にとって舞台でもある。舞台は作品で演出し同時作者を添えてこそはじめて成立する。そのどちらが欠けてもその空間は無にひとしいと思うのだ。
今回も精一杯のおもてなしでお迎えしたい。いつも あ り が と う の心をこめて。
展示作品。ヨーロッパの風景30点。日本の風景10点。
絵・DM「宮沢賢治(岩手県花巻)」。その他・夕暮れ(山形県庄内地方)。
*Facebookで日々みなさまからご支援いただいている「朝撮り」、できる限り東京からも発信したく思っている。ご声援をよろしく。

2013年10月 1日 (火)

仙台情報

E4bb99e58fb0e381a3e38193e7a78be58_2

表紙連載情報誌『仙台っこ』が届いた。今日から仙台市内の店頭等に並んでいる。
絵はクロアチアのマルシェの一角を描いた。
ヨーロッパの果物や野菜は日本と違いどこか色使いが独特。
編集者が、絵にあった色合いでデザインし仕上げてくださった。
特集「支倉常長を追いかけて」。奇しくも今回東京の個展会場に支倉常長がスペインに旅立つ絵を飾ることにしていた矢先。
ブログ等を見たよ、と言ってくださった方にこの本を贈呈したく考えている。では会場で。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)