« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月29日 (月)

「今日の朝撮り」 バイクで発散。

Img_2334 

疲労困憊の体をおこし日課の朝トレで体をほぐす。
食事会といろんな行事が重なりいつもの調子ではない。昨日は真夏日を思わせるかのような気温にまであがった。
年にほとんど乗る機会のないバイクであるが、安全協会主催のバイク講習会にはなにがあっても参加すようにしている。
ヘルメット、そして革ジャンを着て汗たっぷりかいてのバイク乗りであるが、やはりどんな疲れていてもこれだけはやめられない。
面倒なものの影にはそれ以上の愉しさが潜んでいる。250キロの巨体を自由に操る快感は乗ったものしかわからない。
昨日は、白バイにピッタシくっついてのS字、そしてクランク走行はなんとも言えぬ快感。赤色灯を回しおもいっきり走ってみたい気持ちにもなってくる。
女性ライダーも増え始め、私よりでかいバイクを操作する見事なテクニックには唖然とするばかり。
秋空のようにすっかり心まで晴れ渡った一日であった。今日も仲間とのガス抜き飲み会がある。これも愉しみ。
ただいつもの朝と違うことにいま気がついた。そうだ。
「おはようございます。JOAK東京放送局であります。只今から子供の放送の時間です」。
すっかりお馴染みになった「花子とアン」が先週で終わってしまったのだ。寂しい限り。
新番組を観て、「ニッカ」いやニッタと笑い仕事をはじめよう。
写真・1枚の写真だけ掲載いたしました。その他はFacebookでご覧いただければ幸いです。https://www.facebook.com/maeda.yukou
「今日の朝撮り」 ジミー大西とコラボ作家展(成田真梨奈)」はFacebookでご覧ください。https://www.facebook.com/maeda.yukou

2014年9月24日 (水)

今日の朝撮り・和して同ぜず。

Img_2313                                                                                                                                             

春分の日の昨日、仕事を抜け出し気晴らしにバイクに跨った。
筆をハンドルに持ち替え田園風景を走るこの爽快さは何事にも代えがたい。我が家からすぐの裏山には、小規模ながらの絶好のワインディングコースがある。慣らし運転や息抜きにかけつけるライダーがあとを絶たない。
ものの30分ほどで山頂のスキー場に到着。ヘルメットをとり山頂の澄んだ空気を胸いっぱい吸い込んでいると、何台かのバイクがあがってきた。例のごとく面識がない同士でもすぐ打ちとけバイク談に花が咲く。そこうしているうちにまた一台とバイクが増えていく。
10分ほど休憩しまた仕事に戻ろうと思っていたのだが、つい話し込んで3時間も費やしていることに気がついた。
これまた不思議に自己紹介もすることなく談義が終われは蜘蛛の子を散らすかのように分かれていく。バイク仲間の魅力はここにもある。論語で言う「和して同ぜず」である。信頼しあいながらもそれ以上はくっきあわない。秋空のようにすかっとした爽やかな時間をいただいた。
写真=手前のバイクはイタリア製、名車ドゥカティ。セルモーターに変わる寸前のキックタイプ。

2014年9月21日 (日)

今日の朝撮り・魔法。

10704926_711905618884036_1881706315                                                                                                                                          

意を決して写真をアップ。赤面。
アーティストの末席を汚すものとしても、自分を表現するのも大事なこととは重々わかっているのだがどうも苦手である。
写真映りの悪いこともあって、いままで取材などで撮られるが苦痛でならなかった。
今回魔法をかけ撮ってくださる写真家いると紹介されたのが茅原田哲郎さんである。著名人のポートレートを手がけてきた茅原田さん。
この人になら是非、とお願いし撮っていただいたのがこの1枚である。
面識のなかった私は、共通する話題が数多くその中で盛り上がったのがライダー(大型バイクのり)であることである。そんな話をしているうちに撮影は修了。
麻酔をかけられ手術を終えた感覚が、話術という魔法で30分という撮影時間があっという間に過ぎ去った。
   
写真家の茅原田哲郎さんのFacebook必見。きゃー格好いい。   
Facebook   https://www.facebook.com/chiharada.tetsuro

2014年9月19日 (金)

今日の朝撮り・曲がり角の未来。

Img_2295                                                                                                                                             

天高く馬肥ゆる秋、まさに今朝の天気にぴったし。
いつも仕事のことばかり考えながらジョギングをしていたので、今年は周辺の季節の花々に目をやる余裕を失っていた。
道の角を曲がると朝日で目が眩んだ。視線を足元へ避けると不思議なものが目にとまった。
子犬のしっぽのようなものが電信柱の穴から顔を覗かせているのだ。「エノコログサ」である。犬の尾に似ているからその名がついたが、ネコジャシという名でも親しまれている。
朝日を浴び揺れ動くそのさまはどこか愛らしく心がふと和むものを覚えた。
うまくいくだろうかとやや懸念ばかりしているこれからの行事、「大丈夫。どこでやろうが、どんな人が来ようが、自分のありのままの姿を見せたら」とエノコログサに励まされたような気もした。

2014年9月17日 (水)

今日の朝撮り・ひととき。

Mona1                                                                                                                                          

早朝のジョギング、日陰からついひだまりを探し走る季節になった。
北海道の旭岳で昨年より9日早い初冠雪が確認された。
そんな季節の便りを聞くようになると、少しでも暖を求め南下したくなる。
それに帳尻を合わせるかのように360キロ南の東京での個展がいよいよ近づいてきた。昨日からその準備が始まった。
集中すればそう時間もかけず終えることができるのだが、どうも効率よくまとまらず焦燥感が募るばかり。無駄な動きが目立つのだ。飲み会やらバイク講習会やらかと絵以外の雑用も多い。ああ、もう一人自分が欲しい。
3Dプリンターでコピー人間でもつくろうか。そんなことを言っていたら、遊びに来ていた姪っ子の三歳の娘がダメヨーダメダメとおどけてみせる。

2014年9月16日 (火)

今日の朝撮り・御礼。

Img_3243                                                                                                                                          

愉しみにしていた、ホテルロビーでの作品展も昨日無事終えた。
当初いつもと違う環境での試みであったので懸念された作品展である。その心配も秋の高い青空が打ち消してくれた。
結果的に当初目標の、倍以上の成果をおさめたことで企画をしてくださった会社にも面目が立ち胸のつかえがすーっと抜けた。
一夜明けた今日も深く青い空が迎えてくれた。
福島会場、仙台会場を終え今日からは気持ちの切り替えをし、東京の準備に取り掛からなければ。ただ困ったことに東京に予定していた数点の絵が、今回みなお嫁にいきなくなった。嬉しい悲鳴とはいえこれも困ってしまう。ああどうしよう。東京会場にはその絵の写真でも貼って穴埋めでもしようか。
まずは声援をしてくださった皆様方に御礼を。ありがとうございました。

2014年9月14日 (日)

今日の朝撮り・誠心誠意。

Img_7106                                                                                                                                        

昨夕夕刊と今日の朝刊に今回の個展の広告がまた載った。こうやって支えてくだっている方がいるということは大きな心の励みともなる。
三連休の始まりの昨日、各地で活躍しておられる多くの作家さんたちが訪ねてきてくださった。また放送局OB、Mさんや元アイドル民謡歌手のAさんが素敵な花束を抱えいらしてくださった。
JR東京駅・丸の内地下(南口)に雄勝特産天然スレートでつくった壁画「輝く(富士山)」を作成したS先生も来訪してくださったうえ私の東京駅の絵まで連れていってくださった。
残すところあと2日。期待を裏切ることなく誠心誠意頑張らなくちゃ。背筋がぴーんと伸びる朝である。
写真・いただいた花束。

2014年9月13日 (土)

今日の朝撮り・芳名帳。

Img_3235                                                                                                                                           

前半はサプライズの連続で、あっという間の3日間であった。
ここにアップした写真は私のオリジナル芳名帳。一般に使われている芳名帳は達筆でないと記名するのにやや臆するところがあり、なかなか書いてもらえないことがある。
この芳名帳には私の絵本から飛び出した女の子の絵柄を配しているため、誰でもが喜んで記してくださる。お客さんによっては、「この絵可愛いすぎる」といって余白を譲っていただけないかと言ってくださることもある。
ペン皿もボールペンもキャラ入りの私のオリジナル。
個展となるとどうしても作家とお客様の間にどこか仕切りができ、なかなか打ち解けるのが難しいが私はまずこの芳名帳の類からコミュニケーションのきっかけを作るようにしている。
絵はただじっとして鑑賞するものと思っている方もいるが、私は作家も含めはじめてそれが作品になりえるものと思っている。作家にとって個展会場は舞台でもあって作家のいない個展会場は、気の抜けたサイダーのようなものに思えるのだ。
今日は折り返し地点の4日目。空白の芳名帳に今日はどんなドラマが生まれるのか愉しみである。

2014年9月12日 (金)

今日の朝撮り・サプライズ。

Img_2285                                                                                                                                           

今回の個展会場は自宅から5分ほどのところにある。拘束時間も朝10時から夕方の5時までと快適な日々を過ごしている。そのうえ二日目で企画会社達成目標をほぼクリア。スタート時迷惑をかけまいと緊張していたがこれで肩の荷も。
昨日は北海道、東北の一部がゲリラ雨に襲われた。東日本大震災被災地石巻も、この雨で容赦なく叩きつけられた。
それにもかかわらずその雨の中を縫って、私の新聞の切り抜きを持って駆けつけてきてくださった方がいる。感激の一言。そのうえ大きな絵二枚も連れっていってくださった。
地球上も異常気象だが個展会場も初日から異常現象というサプライズが続いている。大雨で被害を受けた方には誠に申し訳ないが、私には干天の慈雨ともなった。

2014年9月11日 (木)

今日の朝撮り・ちっとだけよ。

Img_7086                                                                                                                                             

昨日からロケーションに恵まれた環境での個展が始まった。フィトネスクラブの施設があるこのホテルは午前中はスポーツを愉しむ客で賑い、昼はランチタイム・バイキングを楽しむ客で賑わう。郊外型ホテルとあって時間帯によっては無料の駐車場もいっぱになる。
2階にある広いロービに私の絵50点(大小含め)を展示させていただいている。ホテルでのこの企画は私にとって初めて。やや心配もしたがおかげさまで初日から6人もの子どもたちが巣立っていった。
仙台の個展は1年半振り。懐かしがって訪ねてきてくださったかたも何人かおられた。遠くから車を一人で運転され、駆けつけてきてくださった80歳の女性もおられた。その方はその日が丁度誕生日、その祝にと自分用の絵まで買ってくださった。なんと嬉しいことか。絵描屋冥利につきる。感謝。
写真・ベストウェスタンホテル仙台ロービ風景。外はゴルフ場(その他5枚の写真都合によりFacebookのみに掲載)。

2014年9月10日 (水)

今日の朝撮り・10時開幕。

Photo_5                                                                                                                                           

昨日夕搬入し、ホテルのロビーの飾り付けが無事終わった。
ホテルのエントランスを抜けると、広いロビーに私の絵が50点ほど飾られている。カフェがってランチが食べられそしてそこからの眺望が最高。蔵王連峰や田園風景が手に取るように広がっている。
さあ、どんな出会いが待っているか愉しい個展の開幕。是非お出かけください。

2014年9月 9日 (火)

今日の朝撮り・嫉妬。

Img_4246                                                                                                                                           

川柳で「頑張った 相手はもっと頑張った」というのがある。
日本時間早朝、世界一が期待された錦織圭選手がチリッチ選手に惜しくも破れた。
チリッチ選手はクロアチア出身。クロアチアはイタリア人を嫉妬させたほど美しい街が点在する。「アドリア海の美を独り占めにした国」とも言われている。
錦織圭選手、もう一歩手が届かず残念な思いはしたが決勝に駒を進めたことは歴史に残る。
今度はイタリア人だけではなく全世界に嫉妬させたクロアチア、あっぱれ。
絵=アドリア海の真珠と言われたドブロブニク近郊。

2014年9月 8日 (月)

今日の朝撮り・蚊に緊張。

Dc92844                                                                                                                                           

デングウイルスを持った蚊が、日本でも相次いで感染の被害を広めている。
蚊は昔から苦手で、6月の声とともに私は虫除け対策グッズを常備して歩くのが常だ。
蚊といえばフランスのアルルが思いだされる。
ゴッホの跳ね橋を見学しているとき、蚊の大群に追いかけられた。逃げても蚊柱をたてバスまで襲撃してくるではないか。
温暖な地中海沿いのアルルにしろ、11月下旬のこの状況は予想だもしていなかった。
日本では生憎重傷者は出ていないが、インカ帝国を滅亡に追いやったという黄熱病も、蚊が媒介する感染症という。
アルルで刺された私は、一週間痒さに悩まされたが「ゴッホ」と咳が出ただけで大事には至らなかった。
絵=サンベネゼ橋(歌のアヴィニョンの橋で有名)。

2014年9月 7日 (日)

今日の朝撮り・新聞載りました

Img_3230_2                                                                                                                                          

今朝錦織圭先週の決勝進出ニュースが飛び込んできた。
そのニュースの足元にも及ばないが、10日から始まる私の個展広告が昨日、今朝(読売新聞&河北新報)載った。
2001年から今回で37回目を迎える。これもひとえに関係者の支援そして見守ってくださっている皆様方のお陰と感謝。
今回は瀟洒なホテルのロビーでの開催。高台にあるこのホテルから眺める景色は圧巻。食事を楽しみながらの今回の試みも初めて。
是非近隣の皆様方のお越しをお待ちしています。

2014年9月 3日 (水)

今日の朝撮り・ぐるぐる回る

Img_3229_2                                                                                                                                        

パリの凱旋門に行くと、車が左回りにぐるぐると回っている。30年前初めてパリに行った時それが一つの観光名所でもあった。
一昨日、日本で円形交差点の通行規則などを定めた改正道路法が施行された。
適用される8都道府県の34ケ所のうち宮城県が全国最多の19ケ所あるというから驚く。
実は我が家から車で5、6分のところに、その円形交差点があるのだ。「環状交差点」ともいい「ラウンドアバウト」というのが正式名らしい。
パリの凱旋門の環の中を自由に運転できれば、パリっ子として一人前に認められる。パリのそれとは規模も景観も全然違うが、近くにパリもどきがあるのはどこか誇らしい。
春は、中央に鎮座する桜の木が目を回すほどの見事な花を咲かせる。

2014年9月 2日 (火)

今日の朝撮り・「新そば」

Sns                                                                                                                                             今日の朝撮り・「新そば」

日中窓を開け仕事しているが、夕刻になると開けていられなくなるほど冷え込むようになってきた。夏もいよいよか
絵もおのずと秋の景色が多くなってくる。
秋といえば新そば。白蓮特別展を見てきた帰り板そばをいただいてきた。山形は蕎麦が美味しいところとしても知られている。
初めて入る店だが、ネット情報を見る限り人気店のようだ。暖簾をくぐると石臼でひく蕎麦粉の匂いが店内いっぱいに広がっている。
一気に食欲がそそられる。
確かに噂通りうまい。またそば湯が濃厚で、それに加えた薬味が一層盛り立てていつにない味に満足。
食欲の秋、ああ苦労して落とした体重がまた数値をあげそうである。
絵「プラハの秋」。

2014年9月 1日 (月)

今日の朝撮り・白蓮展

Photo                                                                                                                                          

仕事の合間を縫って、「花子とアン」で話題の葉山蓮子こと柳原白蓮特別展(直筆書公開)に行ってきた。
山形県尾花沢市にある、芭蕉・清風歴史資料館が開催場所と聞いて首を傾げた。なぜ白蓮が山形。
訪ねて納得。
尾花沢市に住むある女性が、宮崎家に行儀見習い奉公に行ったことがことのはじまりである。5年勤めたのち結婚のため尾花沢に戻った。
その祝いに白蓮は、掛け軸二点、色紙30点ほどをお祝いとして贈ったという。
また尾花沢には代々天皇の侍従を務めた入江家につながる人の墓があり、縁戚関係にある白蓮が『尾花沢』と題し詠んだ詩もある。もともとから縁があった土地でもあった。
「最上川 はやきながれは  さりながら  しづかにとおき  天地をみる(掛け軸)」。これは奉公人に贈った詩である。
流暢で温かみにある直筆から、白蓮の気遣いや人柄の温かさが伝わってきた。
写真=芭蕉・清風歴史資料館内部等。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)