« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月29日 (土)

今日の朝撮り でかぁ!

Img_3252                                                                                                                                           

近隣のソフトバンク店では入荷がいまだ読めずにいるiPhone6 Plus。だが量販店ではそう待たずに入荷している。その新機種を昨日入手した。
iPhone5のデザインも好きで気に入っていたのだが、新機種を手にするともうすっかり虜になってしまった。操作性抜群。
携帯電話は私の秘書でもあり、ブレーンでもある。Mac、iPadを共有しあってすべての資料はこの3機に保存されている。
プレゼンテーション資料、広辞苑、名刺、そして膨大な日記、資料もすべてその中に管理されている。
中でも便利なのがEvernote。手書きの日記をiPhoneで撮り、映像としてそのまま保管するのだ。あとは必要の都度、検索をすればどこにいても素早くチェックできる。
いままでのiPhone5ではディスプレイが小さかったため、込み入った資料は読みづらかったがiPhone6 Plusに切り替えてからはそのストレスから開放、iPhoneを開発してくれた故スティーブ・ジョブズさんに感謝である。
いまやiCloudの時代。空でこの原稿を読んでくれているかな。

絵・待ち受け画像は来年のカレンダーの絵。
  ENEOSグローブ㈱さんの依頼で描いたもの。

2014年11月27日 (木)

今日の朝撮り 支えられて。

Img_3255                                                                                                                                             

一雨ごとに寒さが増してくるような季節になった。昨日夕はみぞれ混じりの雨に驚いた。ただ悲壮感はなく濡れた路面を照らすヘッドライトがクリスマスのイルミネーションに見えた。
そういえば個展会場にいらしゃるお客様からのいただきものに、クリスマス・グッツが多く暮れの押し迫ったことがひしひし感じられる。
今月はじめから開催している作品展も残すところあと僅か。今回も沢山の方に支えていただいた。そして初めての経験もさせていただいた。
トーク&ワークショップに参加してくださった冨樫さんはその感想をブログで紹介してくださった。「人」の字をみるとお互い支えあっているようにみえる。すべてに感謝。


♢ ギャラリー風の森 代表 冨樫通明氏のブログから ♢
「前田優光さんによるトーク&お絵描き
            ワークショップ」に参加してきました



■日時 平成26年11月19日(水)10時~
■場所 ライフスタイル・コンシェルジュ(仙台市青葉区一番町)
■講師 絵っせすと 前田優光氏

 以前から前田先生の作品が好きで、これまで何度か先生の個展等に伺っていました。今回ご縁をいただき、先生のワークショップに初めて参加させていただくことになりました。
 先生から好きな絵は最初は真似して自分のものにしていくものとお話がありました。さっそく先生の絵を真似させていただきながら進めていくというとても楽しい時間でした。透明水彩画という画法で、用紙と絵の具はプロ仕様の本格的な道具を使わせていただくことができました。
先生から一人ひとり丁寧に描き方のご指導をいただきながら進めていきます。
 
 ①HBの鉛筆でマット枠を描く
 ②下絵を書き上げる
 ③白抜き (ドライヤーで乾燥)
 ④着色 (手前から着色していく)
 ⑤マットに貼る
 ⑥額縁に入れる

他に何点か注意事項をいただきました。
 ・色は6色くらいまでにする
 ・遠近方など色の濃淡に注意
 ・一気に色をつけていく (何度も塗らない)
 ・影は作らない

 今回は短時間で完成させなければならないこともあって、着色の都度ドライヤーで乾かしながらの作業となります。
私が先生の作品を真似して描いたのが下部写真のものです。

 先生の作品に少しでも近づくことができたでしょうか??
色の濃淡の使い方がうまくできていなかったようで、それに丁寧さが欠けていたかもしれません。
パレットの中で夢中になって先生が描かれた色に近づけようと色あわせをしたのは、小学校の図工の時以来かもしれません。
でもお気に入りの素敵な作品ができました。
前田先生に厚く御礼申し上げます。

 描き終えてからライフスタイル・コンシェルジュ様のお計らいで、前田先生を囲みながらおいしい昼食をいただくこともできました。先生のお話はダジャレが飛び出すなどあっという間の楽しい2時間だったのです。
前田先生のワークショップがまたある時は是非参加させてもらいたいものです。用紙も何枚か注文してきましたので、これからは自分なりに時々描いてみようかと思っています。
この齢になって楽しみがまた一つ増えましたこと、とてもありがたいことです。前田先生そしてライフスタイル・コンシェルジュの皆様方には大感謝でございます。

2014年11月25日 (火)

今日の朝撮り 心にしみる言葉。

Dc061202                                                                                                                                              

街灯の明かりがまだ残っている頃のジョギンは、なんとも心地よい。
手元のラジオから流れてきた声は経済評論家の内橋克人さん。今日は経済の話ではなく心に残った言葉を話された。
なかでも頭に焼きつくほどの名言につい立ち止まってしまった。
「野に花咲くは自分の美しさを知らない。だから一層美しいんのだ」。
いつも求めている理想とする姿と重なった。利を求めず、一生懸命なにかに打ち込んでいるその姿はみててすがすがしい。
自分も野の花でありたい。うっすらとかいた汗が野の露に感じられた。

2014年11月23日 (日)

今日の朝撮り 全国へ発信。

Photo                                                                                                                                             

遅い朝撮り。
今年夏オファーがあったカレンダーが先ごろできあがり、出版元から送られてきた。
これはENEOSさんの依頼で制作れたもので、20万部が全国各地へ行き届く。正式名は「2015 ENEOSグループ創作童話カレンダー」。
全国の作家6人が2ヶ月を分を担当し、童話文と絵をかいている。
私の担当は来年の11月と12月、私のハンドルネーム、絵描きやポンからポンを取り「ポンくんとクリスマス」を創作せていただいた。
全国のどこかでお目にかかったら是非可愛がっていただければ嬉しい。

絵・「2015 ENEOSグループ創作童話カレンダー」。大きすぎて書斎の椅子がすっぽり隠れてしまった。

2014年11月20日 (木)

今日の夜撮り 勉強会はコンサート。


Img_3233_2

 
昨日は早朝5時半に起き、暗闇の中に飛び出した。いつものジョギングである。それを終えるとトーク&ワークショプの会場へと急ぐ。
ただこのところどこか体調が優れなかった。それがなぜか判明。一連のトークの行事が終わったと同時すっかり元気になった。いやはやプレッシーに負けていたのだ。呆れるばかり。艱難汝を玉にす、どこからかそんな声が聞こえてきそう。

夜は場所を変えての勉強会。といってプロのトークを聞きに行ってきたのだ。聴きに行くという字のほうがが正しいのかも。
実はその夜、石川さゆりコンサートがあったのだ。歌はさることながら、彼女落語にも挑戦している。師匠が立川志の輔。歌と歌との間のトーク、そして高座に上がっての落語、見事というほかない。ガッテン。
プレッシーに負けてばかりいる自分にとって、講演会やコンサートは一番の良薬、そして教材ともなっている。簡単にこなしているかのように見えるプロの仕草は、影で血の滲む努力をしていることが読み取れる。それが大きな励みとパワーをいただくのである。
なんと爽やかな朝なんだろうか。

2014年11月18日 (火)

今日の夜撮り おしゃべり。

Bw9o9717                                                                                                                                       

103
今日の夜撮り おしゃべり。
先日に続きまた(19日)もおしゃべりとワークショップが開催される。
専門学校で4年程教壇に立ったことがあるが、いまだ人前でのおしゃべりは苦手。
学校をやめて、もう人前で話すことはないだろうと思っていいたが、ここ数年で友達を3人も亡くしてしまった。その3人はよき私の理解者でもあり素晴らしい親友であった。
その彼らのためにも頑張らなければと思ったのが、苦手なものへの再挑戦。絵だけでは伝えきれないことを誰かに伝え、そして私の知り得たことで心の支えになればと始めたことでもある。
いつか「ひだまりの中にいるような」話ができればな、なんて願っている。
明日は早いので夜撮りになってしまった(笑)。

2014年11月16日 (日)

今日の朝撮り 言葉の力。

Dc111801                                                                                                                                             

昨日は、元NHKアナンサー山根基世さんの絵本朗読会に行ってきた。
総合司会はこれまた元アナンサーの町永俊雄さん。ゲストががっちりマンデーでお馴染みの進藤晶子さんという豪華版。
ここ最近、講演会、朗読会と頻繁に通っているのだが、どれも得るものがあり幾つになっても好奇心と憧れの絶えぬ自分にあきれ返っている。
日本語の美しさ、言葉の力、SNSが普及したいまこそもう一度コミュニケーションのツールとなる大事な言葉を見直したいものである。

今日(16日)は作品展会場に出勤(ライフスタイル・コンシェルジュ)しております。一番丁商店街にお越しの際はお立ち寄りください。美味しいカフェ(無料)でおもてなしをさせていただきます。

2014年11月15日 (土)

今日の朝撮り 共鳴。

Dc071006_2                                                                                                                                             

朝のつらい時期になった。
6時丁度、らじるらじるで文化講演会が始まった。今朝の語りは星野高士さん。星野さんは高浜虚子の曾孫にあたる。
俳句が詠めない我が身として、ただ聞き流そうとしていたのだが、ジョギングの足が止まるほど聞き入ってしまった。
私の絵に対する思いと共鳴するのがあったからだ。勉強しても、考えてもいい俳句はできないという言葉に。祖母の星野立子そして母の星野椿という有名な俳人に囲まれて育ったにもかかわらず、一度も俳句を教えられたこともなければ学んだこともないという。
ようは環境そして感性が大事なのだ。17文字から広がる世界。ずばりモノをいいあてていないところが読むものに大きな世界を想像させているだ。
私がいつも考えている絵、それは観るものがその絵の中で自由に遊べるものでなければならないと思っている。また背中を押してくれた人がいたことに、この寒さがいつのまにか暖かさに変わった。

絵・拙著『愉しくなくちゃ 絵ではない』

2014年11月14日 (金)

今日の朝撮り ひだまり。

Img_4033

 
今朝の「おはよう日本(NHK)」で詩人の谷川俊太郎さんが出ていた。
言葉が氾濫しているいま、若者が自分を表現する言葉がみつからず悩んでいるというのだ。そんな若者に谷川俊太郎さんの詩が人気という。
てらうことなく身近な言葉を使うことで自分を表現していることが、若者にとって一緒に寄り添っているかのような気がするのだという。
若者へのエールの言葉として「道端に咲いている草花のような言葉を、机の上に飾ってみては」という言葉には、ベランダから差し込む初冬の日差しのように感じられた。

2014年11月12日 (水)

今日の朝撮り 視聴率王の死。

Img_2494                                                                                                                                             

過激な発言で目をひく作家の百田尚樹さんが、テレビで泣いている映像を見てふと足を止めた。
今年亡くなった視聴率王やしきたかじんさんの特集番組(金スマ・TBS)であった。丁度この日(11月7日)発売された百田尚樹さんの著書『殉愛』に併せこの番組がOAされたのである。
たかじんさんの「そこまで言って委員会」を観ていたこともあり、突然テレビから姿を消したあとの行方が気になっていた。
そのミステリーな空白を百田尚樹さんが活字で埋めてくれた。一言で壮絶。また想像を絶する献身的な愛で支えたさくらさんの存在を知り驚いた共に、人間ほんとうにそこまで人を愛せるものかと疑うほどであった。
本の中では闘病の場を大阪、北海道、東京と記してあった。東京では、六本木、麻布十番、三田病院が出てくる。この地は私が個展をするときのジョギングコースでも、ありありとその景色が目に浮かんでくるのであった。
妻さくらさんとこのFacebookでたかひんさんが死の2年前に知り合った女性、そんなことも気になり414ページの本を一気に読んでしまった。
死とどう向き合えばいいのか、そんなと考えされた本でもあった。

2014年11月11日 (火)

今日の朝撮り アートの力。

56                                                                                                                                           

久しぶりに映画を観た。『坑道の記憶・山本作兵衛』である。
私の作品展期間中(11月29日まで。仙台ライフスタイル・コンシェルジュ)にて、トークとお絵描きのワークショップをやらせていただいている。
そのトークの中でたまたま山本作兵衛を取り上げている。符合するかのようにその映画が上映されれるというので馳せ参じたのである。
作兵衛は炭鉱夫であった。退職してから炭鉱夫の仕事を子孫に絵で残そうと考えた。それが2011年ユネスコの記憶遺産となったのだ。まったくの素人が60歳を過ぎて描いた絵が、世界の耳目を集めることになる。
私のトークの主眼は「愉しくなくちゃ 絵ではない」としていることから、絵に対する認識を別の角度からみて欲しいということを伝えたく思っていた。その実例として山本作兵衛をとりあげたのである。
毎日一升の酒を飲んでいたという作兵衛だが、92歳まで絵を描き続け1600点以上の作品を残している。「創作する力は生きる力になる」まさに立証してくれた人でもある。
アートの力は絵が上手下手は圏外、過去になにをやったかも同様である。大事なことはいまなにをしているかである。そんなこと改めて教えられた映画であった。

2014年11月 9日 (日)

今日の朝撮り 「愉しくなくちゃ 絵ではない」トーク開催。

Img_2491

ライフスタイル・コンシェルジュ(仙台市内)さんで私の初めての「トーク&ワークショップ」が昨日開催された。 「東日本大震災ですべてを失った。だが月日が経つにつれ物資などには恵まれるようになった。しかしどこか心にぽっかり穴があいたような日々を過ごしている」。その心をこのお絵描き教室に参加して元気をいただこうと、わざわざわざ被災地石巻から駆けつけてきてくださった方もおられた。 つたないトークではあったが、目を輝かせ聞いてくださっている方やメモを取ってくださっている方もおられ恐縮しきり。これからの私の活動に大きな自信と勇気をいただいた。 主催してくださったライフスタイル・コンシェルジュさんからは終了後軽食が振る舞われ、愉しいひとときを過ごさていただいた。 次回19日(水)開催。 ライフスタイル・コンシェルジュさんではこの様子をHPでご紹介してくださっていますのでどうぞご覧ください。 http://life-style-concierge.jp/2014/11/08/seminar-138/

2014年11月 7日 (金)

今日の朝撮り   愉快な仲間たち。

Photo                                                                                                                                             

今日の朝撮り   愉快な仲間たち。
来春そうそう仲間たち6人で作品展(会場・カフェ&ギャラリーガレ)をすることになった。
打合せが夏頃からはじまった。そこで仲間たちのネーミングを決めようとなったのだが、それがなかなか決まらない。
通常であれば打合せを終え、酒席はその労いとなるのだがそれがいつも逆になってしまう。そんな集いを何回か重ね「やん・じ倶楽部」と決まったのが10月も終わりごろ。
ただ6人のメーバーの絵の統一性のなさを、どう告知したよいものか困ったという難題が持ち上がった。
そこで考えたのがこのイラスト。
個性豊かなメンバーのたわいもない集まりの様子を伝えたほうが、観てくださる方々の関心が高まるのではないかと考えだした。
似顔絵であれば一番よいのだろうが、私の筆力で補うにはあまりあるのでいつもの軽いノリで表現してみた。
作品展=飲み会。愉しげな雰囲気が伝われば幸い。

2014年11月 3日 (月)

今日の朝撮り   作品展始まる。

Img_3236                                                                                                                                          

Img_3250                                                                                                                                          
ライフスタイル・コンシェルジュさんの企画「愉しくなくちゃ 絵ではない」水彩展が昨日から始まった。
いつもの個展と違いすべてコンシェルジュさんがお客様対応をしてくださるので、期間中(1ヶ月間)私の会場入りは6日間ほど。
昨日は初日とあって会場入り。早々我が友柴田治ご夫妻が訪ねてきて下さった。
絵を鑑賞していただいたあとは、白亜の殿堂エグゼクティブ・ラウンジでカフェを愉しんでいただいた。
この作品展の企画は11月29日まで。入場無料。
8日、19日は、私前田優光のトーク&絵描きワークショップが開催される(空きなし。なお、キャンセル待ちは都度事務局にお問い合せください)。
なお今後の私の会場入りは、8日、16日、19日、22日、29日。
是非皆様方のお越しお待ちしております。
 
ライフスタイル・コンシェルジュ詳細HP

2014年11月 2日 (日)

今日の朝撮り   安らぎを提供。

Img_6954                                                                                                                                          

Kannpo                                                                                                                                             
今年四回目の私のイベントが、いよいよ今日から始まる。
福島からスタートし、仙台、東京、そしてまた地元にもどり仙台。
今回は1ヶ月という長丁場。会場のライフスタイル・コンシェルジュは仙台市中心街アーケードにあって瀟洒な建物の中にある。
2階から見下ろすアーケードは人、人の波であるが、一歩この会場に入ると森林の中に迷い込んだかのような静寂さに包まれる。
白を基調とした会場にはグランドピアノが置かれ、天井からは音楽が霧のように静かに降り注いでくる。
会社のコンセプトとして、静かな佇まいの中で誰しもが気楽にコーヒーをいただきながらアートを楽しめる場所として提供している。
お買い物のついで是非お立ち寄りいただき、安らぎのひとときをお過ごしくだされば嬉しい。
ライフスタイル・コンシェルジュ詳細HP

2014年11月 1日 (土)

今日の朝撮り   頂点だけが人生じゃない。

Img_2460                                                                                                                                          

講演会によく足を運ぶ。
絵描きをしていながら、絵画展などには殆どいくことのない私だが講演会やコンサートとなるとこれまた別である。
苦労して世に出た方々の人生論を聞いたり学ぶことは、心のサプリメントになるほか自分を奮いたたせるものがある。
昨日は名の知れた田嶋陽子氏の講演会を聞いてきた。73歳とは思えぬバイタリティ。常に何かに向かって挑戦している姿勢からきているのだろう。
テレビで観るあの辛口と違い、人情味溢れるお人柄。立て板に水を流すような魅力あるトークにはただただ聞き入ってしまった。
70歳から始めたという書。その取組姿勢は私の考えと同調するものがあり勇気づけられるものがあった。頂点を目指すのも生き方だが、アートとは周囲に媚びるのではなく自分に心地よいことが一番大事こと。そんな田嶋氏の話がなんとも心地よく、確固たる自信につながってくるから不思議だ。
本にサインをしながら語りかけてくれた。「来年の東京展、是非声かけて」と。至福の時間これも縁尋奇妙の奏功か。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)