« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

今日の朝撮り バトンタッチ。

Photo

 
今年も今日で終わる。日々区切りという時間を何気なく過ごしてはきたが、今日は特別の日。どこか心そわそわじっとはしていられない日でもある。
忘年会の帰り仙台恒例の光のページト会場に立ち寄った。60万個の宝石が暗黒の闇に閃き宮沢賢治の世界を彷彿させる。
じっと見入っていると、テールランプをランプを残し去って行く車の列が暮行く2014年に思えてきた。反対側車線の眩いヘットライトは未来に向かう明日が感じられた。
ここ定禅寺通りの光のページェントは30日に落とされた。いよいよ新年を迎える。
皆様方には今年も大変お世話になりました。良いお年をお迎えください。

2014年12月28日 (日)

今日の朝撮り 最後の日曜日。

Photo_2                                                                                                                                           

 
今年最後の日曜日となりました。故郷に帰ってのんびりされている方もおられるのではないでしょうか。
さて、先日カフェ&ギャラリー・ガレ、オーナーの木村さんが、新春「やん・じ倶楽部作品展」のご紹介記事をアップしてくださいました。
ところがその記事PCの不具合で突然削除されてしまいました。コメントを等をくださった皆様には、メンバーの世話役となっている私からお詫びするとともに、再度木村さんがご紹介してくださった文面を掲載させていただきました。
どうぞ私からも、新年早々の「やん・じ倶楽部作品展」カフェ&ギャラリー・ガレでお待ちいたしております。
ママの手作り弁当大好評でーす。
 
この記事は Facebook掲載のものからです。
♢♢♢木村澄子さんのご紹介文(メンバーDM左から紹介)から。記・12月26日 20:49♢♢♢
新春5日(月)より始まります「愉快な仲間たち」、明日の絵画の世代を担う若手のホープ、6人の作家がいよいよ登場いたします。
FBのお友達の皆様、どうぞご声援を宜しくお願い申し上げますm(__)m。
メンバーをご紹介いたします。
・ウエノイチローさん。「冨士と龍」を描かせたら日本一です。 
・鎚谷 拓さんは山野草を育てるスペシャリスでもあり、女性の後ろ姿を描かせたら 右にでるものはいません。
・山浦多久ニさん。この人の油彩で描く花はピカ一です。また元アパレル店長でもあった彼は販売のスペシャリストでもあります。
・柴田 治さん。彼は風景画のスペシャリストで、多くの生徒さんを抱えており日々バワフルに活動しています 。
・前田優光さんは絵画のほかエッセストでもあり、講演の方でも忙しく活動されています。彼は “bOSS”です。
・嶺岸啓順 さん。現役時代は建築パースを手掛けておりました。今では、講師として8ヶ所のカルチャー教室で指導に当たっております。
以上、其々の個性ある作品をお楽しみに*\(^o^)/*。

2014年12月27日 (土)

今日の朝撮り 魂の相続。

Photo                                                                                                                                                

早朝6時、いつものジョギングに出かけるため「ラジオ第2」をつける。と同時文化講演会が始まったばかりであった。
聞き慣れた声の主は姜尚中さん。いつもならそれを聞き流しながら走るのだが、どうも内容に気がとられジョギングを中止しメモに走った。
1時間の講演だが、印象に残ったのが「先生」という呼称。辺り見渡せばみな先生ばかり。
本来の先生は人徳、品位などで人を感化させる人。「薫陶」というオーラを醸し出し人に大きな影響を与えることができる人のことを言うというのである。はたと我が身を省みて、そう呼ばれ安易にニヤケていないかと反省させられてしまった。これは夏目漱石の名作「こころ」からきているものという。
人間は人のために生きなければならない、また自分が死んでも何かを残しその人の心の魂を相続していくことが生きることでもあるという。
医師の近藤誠さん作家の五木寛之さんの対談で「お互い先生と呼び合うのはやめよね」ということが思い出された。
先生と呼ばれたときは、やや相手が揶揄して言っていることがときとして多い。先生と言われたときは「薫陶」という香が本当に漂っているのかを顧みそれらしき振る舞いをしなければと思うのである。
住職の説教にも似た姜尚中さんの話は、いつもじわじわと心に沁みてくる。
絵・兼ねてから描き続けていたチェスキークルムロフの完成画。この絵には私の魂が込められている。いづれ誰かにこれを引き継ぐことになろう。そんな魂の相続を考えただけで画家冥利とも言える。

2014年12月25日 (木)

今日の朝撮り さっきのメール ごようじなあに。

Img_3243                                                                                                                                           

水彩画の筆と万年筆を交互に持ちながら、昨日ようやく年賀状を書き終え投函した。
この季節になると、若いころを思い出さずには入られない。
郵政職員として最初の職場は郵便業務であった。新人にとって正月は田舎に帰ることもできず、ひたすら年賀区分の毎日であった。大晦日の泊まりもあった。そのころコンビニもなく開いてる店などもなく、東京の街は眠りについたかのように静まり返っていた。
食べるところは、郵便局の食堂だけ。だがなんの不自由も寂しさも感じなかった。
正月期間は特別手当に加え食堂の食券をもらうことができたからである。お金もなかったことからむしろみんなが休んでいるこの正月が楽しくてしかたなかった。
山のように集まった年賀、いまはデジタル化に押され随分と減ったと聞く。
お金もかからず、迅速に届くEメールの方がずっと便利でいいのだが、年賀一枚一枚に相手の顔を思い浮かべながら、日頃のご無沙汰を記するのも捨てがたい。
「しろやぎさんから Eメールついた  くろやぎさんたら よまずに消した しかたがないので メール
 出した さっきの メール ごようじ なあに」。
まど・みちおさん どんな顔して聴いているんだろうか。

2014年12月23日 (火)

今日の朝撮り パソコンでごめん。

Img_3234                                                                                                                                              今日の朝撮り パソコンでごめん。

新聞に、このデジタル全盛の時代万年筆での手描きが見直されているという記事が載っていた。
ここ最近日記を万年筆に切り替えたばかりであったので、どこか嬉しい気持ちになった。
その万年筆は以前、日テレのズームインで橋本五郎さんが指し棒代わりにモンブランの万年筆を使っているのをみて、無性に欲しくなり買ったものだ。
ベンツは買えないが、頑張ればモンブランは買えるだろうとこつこつ小遣いをため入手したもである。そのほかペリカンのスーベレーンをもっている。あとの万年筆はそう値がはるものでないので何気なく買ったというものばかりだ。
万年筆は実用性というよりあくまでもアクセサリー感覚と思っていた。が、ここ最近になって金釘流の我が文字をみても、どこかほかの筆記用具と違い心が揺さぶられる思いを感じてくるようになった。
よし、今年の年賀はすべてを手書きにしようと立ち上がったもののまたもや時間がとれず断念。一部の人を除いてはまたパソコンに依存してしまった。
パソコン文字で受け取った方、ごめんなさい。

2014年12月22日 (月)

今日の朝撮り 夢はオリンピック。

Img_0118                                                                                                                                             

朝6時に温泉に入り、早朝旅館を出る。
ところが仙台に向かう道路は通勤ラッシュで渋滞。これを抜け出し早く仕事をと焦る一方、SNSもアップしていないことが心に残る。
この2、3日間いろんなことがあった。中で25年ぶりにスケートをしたことを思い出す。
チビのお父さんはお医者さん。頭の神経はすこぶるいいが運動神経はからきし駄目。こーゆときいつも引っぱり出されるのがこのポンおじちゃん。
まさかスケートのオッハーがくるとは思ってもいなかった。スキー指導員の資格は持っているものの、スケートはまた別物。
3歳のチビは氷上初デビューだから、もう立つことさえできない。それを支えてのスケートは苦痛そのものであったが、そんなことはおかまいなしのチビ、羽生結弦選手はたまた浅田真央選手になった気分でおおはしゃぎ。
「ポンちゃん、また連れてきてね。お願い」。キラキラ輝く瞳でささやかれてはおじちゃんめろめろ、と言うほか言葉がでなかった。
写真・勾当台公園中央広場仮設野外スケートリンクにて。

2014年12月20日 (土)

今日の朝撮り 輝く富士。

1                                                                                                                                   

齋藤玄昌實(げんしょうじつ)先生とのツーショット。
齋藤先生は東京駅丸の内地下に子供達と一緒、富士山「輝く」の石絵を制作された。
下地となる石は2億年前の雄勝石。その石が東日本大震災で流され、それを広い集めそれに絵を描いた。その石は東京駅の屋根の一部にも使われている。
現在先生の石絵が仙台の藤崎百貨店(美術ギャラリー6F)にて展示されている。24日まで。
硯やスレートとして使われている雄勝石の自然の造形に、齋藤先生の創作で絵付けしたものでその重厚感と着色の鮮やかさは見事そのもの。
石の硬さとは反対に、柔和な齋藤先生そして聡明な奥様がわざわざ丁重なお出迎えをしてくださりついながいをしてしまった。
来年早々には日本橋三越など各地を回られる。

2014年12月19日 (金)

今日の朝撮り 師、走る。

Img_7181                                                                                                                                          

前回アップしたチェスキー・クルムロフ(チェコ)の絵に色を入れはじめた。
ところが遅々として進まない。突発的に年賀のデザイン依頼が入ったりと師走の慌ただしさにじっと腰を据えている時間がとれずにいる。
またこの絵はいつもと違うタッチで描いているため、集中する時間がないとどうも筆を持つ気になれない。配色一步間違えば下描きの苦労が一瞬にして水の泡。水彩画だから仕方ないがと戯言を放つながら屋根瓦一個一個に一本一本の線を埋め込んでいく。
突如パソコンのアラームが鳴り出した。予定「◯◯氏面会」、「◯◯さん、年賀印刷」、「◯◯ちゃん連れスケート」、「〇〇温泉にて忘年会・一泊」という文字が表示された。
ああまたも絵は断念。
外に目をやると、雪に反射した日差しが眩しい。昨日大荒れに荒れた天気、今日はどうやら全国的に暖かいという。この穏やかな天気をみて「青光褒祝(せいこうほうしゅう)」という新聞に出ていた四文字熟語を思い出した。今年の世相を表す創作四字熟語だ。
「成功報酬」にかけたものだが、昨日の極寒の詫びとして今日のこのよき天候を恵んでくれたかのように思われたのだ。
さあ、外出だ。絵は諦めた分、心の襞に幸せの色をいっぱい染めてこよう。

2014年12月17日 (水)

今日の朝撮り 空中散歩。

Img_3231                                                                                                                                          

今年最後の制作になろうと思われる絵の下書きができた。
スケッチ場所はチェスキー・クルムロフ(チェコ)。この町の城壁にあがると、夢に出てくるような町並が眼前に広がり思わずため息が漏れた。
それもそのはず世界でもっとも美しい町ともいわれ、1992年世界遺産に加えられた。
拙著『愉しくなくちゃ 絵ではない』に載せるため一度描いたことがあるが、すぐお嫁にいってしまったので再度挑戦してみた。
まずは、下絵からどんな色に変身していくか愉しみ。空に先日アップしたミニ・ヘリコプターを置いてみた。

2014年12月15日 (月)

今日の朝撮り 赤いバラ白いばら。

Img_3231                                                                                                                                          

早いもので、12月も半ばとなった。
昨日本屋に行くと自分の挿絵の本が目に飛び込んできた。そうだこの本を今回アップするの忘れいたことに気がついた。
暗闇に雪が散らついている絵だ。正月過ぎまで夜の長い時間が続くが、その後は季節は春に向かって日が長くなっていく。
暗闇に昨夜は真っ赤なバラが咲き誇った。与党勝利の花だ。アベノミクスの実績を追認したかたちだが、一方喜びのニュースの影では白い花で覆われ泣くに泣けない映像が流れた。季節外れの大雪だ。与党はいち早く赤いバラで白いバラをとかし、暖かい正月を迎えさせてやることがいま最優先課題とも思える。
それに並行し、来春4年目を迎える被災地にも暖かい風を送ることも忘れてはならない。
絵・レーマー広場(ドイツ)。

2014年12月12日 (金)

今日の朝撮り 子供のままの大人。

Img_3261                                                                                                                                           

小さな頃から、作ったり動かしたりするの好きだった。部屋の中に線路を敷きまくって電車を走らせたりもした。
ロケットを作って飛ばしたりもした。飛ぶ夢を実現したくJALの試験を受けに早稲田大学まで行ったこともある。
地球が自転しているのだから、ジャンプし空中でじっとしていると好きな国に行けるんじゃないかと本気で考えていた。そのことを話したら、JAXAの社員からあなたのような人こそうちの会社に入ればと言われたことがある。
いまだ夢ばかり見ている。
とうとう手に入れたのがヘリコプター。ピコフェルコンといって長さ5.9㎝、体重9g。世界一の小ささ。まるで雀の雛のようにかわいい。
絵の制作に疲れたとき、これを飛ばすのがもっかの息抜きである。信じられないほどこれがよく飛ぶのだ。緑のサーチライトまで点滅し本物そっくり。私が怪獣になりそこを飛び回るヘリ、まるで映画の世界である。

2014年12月10日 (水)

今日の朝撮り 大器晩成。

Img_5099_2                                                                                                                                             

朝刊コラム二紙に目を通すと、両紙とも今泉健司さんに筆をとっている。今泉氏は不屈の挑戦がようやく実り41歳でプロの棋士になった。
将棋の世界はとんとうといが、ある人が言っていたことを思い出した。棋士になれなかったから東大に入ったという話もあるから、いかにすごい世界なのかは計り知れない。
「ゾンビ」というあだ名がつくほど棋士にこだわり、挫折しながらも努力を重ねてきた今泉さん。41歳で新人プロ棋士としては戦後最年長という。まさに大器晩成に違いない。
大器晩成という言葉から、ほんとうの大人物となる人間は遅く成長するという意味でもある。
そういえばネアンデルタール人が滅びたのは成長するまでの時間が早かったという。我が新人類のホモサピエンスはゆっくり時間をかけいまを築けあげている。
遅くともいい、ゆっくりでもいい、焦ることなく生きていこう。ただ常に学ぶ姿勢と挑戦を。今泉健司さんから大きな勇気をいただいた。
絵・山形新聞連載から(斎藤茂吉母校・上山にて)。

2014年12月 8日 (月)

今日の朝撮り 買い出し。

110                        

Img_0054
                                                                                                                     
講演会に行くのがこのところ私のライフスタイルになっている。
昨日は「お知らせは CM2のあとに」ですっかりお馴染みの、森永卓郎さんの講演会(読売新聞主催)。
朝の『がっちり マンデー』を観てから駆けつけたこともあって、どこか親しみを持って聞き入った。
演題は「どうなる!? 日本の経済」。
この演題は衆議院解散前に既に決めていたという。まさか選挙前にしてのタイムリーな話になるとは予想もつかなかったと苦笑。延々1時間30分、立板に水がごとく熱弁を振るう話術に魅了された。
話にもでてきたが、いまガソリンが灯油が安くなってきている。そういえがホームセンターの灯油は昨年より200円も値下げされていた。今朝私が駆けつけた頃は長蛇の列。8缶ようやく手に入れたが、あの列をみて東日本大震災のときの買い出しを思い出してしまった。

2014年12月 6日 (土)

今日の朝撮り 装丁。

Img_7161                                                                                                                                             

夏の終わりごろ、一通のメールが届いた。
その内容はSNSでご覧になった私の絵を、本の表紙に使いたい旨のことであった。
おもに歌集などを手がけておられる出版社・潮汐社(京都)さんからのオッハーである。
今年はいつになく夏から忙しくしていたのでそのことはすっかり忘れかけていたのであるが、昨日その出版社から小包が届いた。
開けると驚くほどの豪華な書籍数冊とポストカードが入っていた。もしかしてこれ間違い、と疑うほど立派なもので表表紙は布張りでそこにラメが入っているという見事なもの。どっしりとした重みがなんとも心地よい。ジャケットには確かに私の絵が載っている。普段着で宮殿にでも入り込んだようなどこか後めいたものを覚えてしまった。
いまやネットの時代、紙からデジタルへと活字は移行していく。そんな世にどこか空虚な気持ちでいた。ポッカリと空いたその心を埋めてくれたのがこの本。手にした瞬間、地に足がついたかのような心安らぐものが込み上げてきた。紙で作られた本のぬくもりが伝わってくる。愛おしくなり、胸でぎゅと抱きしめてしまった。
本挿絵・ニュルンベルク(ドイツ)。

2014年12月 5日 (金)

今日の朝撮り シカト!

Img_0046                                                                                                                                          

夏から落ち着かいない毎日だったが、ようやく書斎でゆっくりする時間が増えた。
溜まった新聞や切り抜きを整理していると、以前Kさんからいただいた「お菓子」が出てきた。それが「可笑し」な名前で『カッパの鼻くそ』という。これ、名に似合わず「おかし」がたくうまいのである。
コーヒーとも相性がよい。摘んでいると無意識にこんな歌が頭をよぎる。
「♫奈良の春日野青芝に 腰を下ろせば鹿の糞 フンフンフン 黒豆や……」。
知ってました。「奈良の春日野」という歌。吉永小百合さんが若いころ歌っていたんですよ。
さあ「フンフンフン 黒豆や……」。今日もマメでお仕事、お仕事。

2014年12月 1日 (月)

今朝の朝撮り おもてなし、日本の企業のあり方。

Photo_2                                                                                                                                          

「日本で一番大切にしたい会社(坂本光司著・あさ出版)」という本がある。その中に東北一と賞賛されている会社が著書で紹介されていた。

清月記さんという会社である。元のすがわら葬儀社から社名を変更しまだ4年程しか経っていない。いまや急成長の会社として耳目を集めている。
震災後の社会貢献は紹介するまでもないが、二年前に仙台中心街にオープンした「ライフスタイル.コンシェルジュ」は地域住民 の無料相談サービスをおこなっている。無料相談というと一見どこにもありそうであるが、ここでは文化面にも大きく貢献しいろんな催しものを開催し市民の憩いの場として提供している。
11月いっぱい開催していた私の絵画展もここで企画していただいた。会場へは誰しもが自由に出入りでき、月替りの作品展を鑑賞できる。エグゼブ・ラウンジではサービスとしてソフトドリンクも楽しめる。
会場の雰囲気もさることながら、スタッフのねんごろなおもてなしはホテル以上のものがあって、非日常の贅沢な時間を味わうことができ毎日多くのお客様で賑わっている。
これからの日本企業のあり方を垣間見たと同時、おもてなし文化の重要性を改めて考えさられた作品展でもあった。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)