« 今日の朝撮り・「春の使者」。  | トップページ | 今日の朝撮り・「巡礼500キロバイク旅」。 »

2015年3月 9日 (月)

今日の朝撮り・「菩薩」。

Img_3855                                                                                                                                               Img_0814                                                                                                                                          

Img_3852
 
東京駅へ降り立つと隙間を探すのが難しいほど、人、人、人で溢れかえっている。まるで人が繁殖し湧き出てくるよう。その人混みをかき分けメトロを乗り換え表参道へ向かう。
「ギャラリーコンセプト21」へ着いてまもなくすると田嶋陽子さんが来廊。会場に入るとすぐ、こぼれんばかりの満面の笑みを浮かべ私のとこへ飛んできてくださったことがとても嬉しかった。
アメリカ風のギャラリーにしたという会場には、春の日差しを受けた田嶋陽子さんの作品が活き活きと自己主張をしている。「絵は心の声、書は人なり」というが「まさに私は田嶋」と言わんばかり見事な書からは先生のお人柄が滲み出ている。
帰りしな「うちの秘書の三宅が前田さんの大ファン、仙台から駆けつけてきてくださりとても喜んでいるは」と身に余る最高のお土産をいただき一路仙台へ。
写真・「ギャラリーコンセプト21」にて。田嶋陽子さんと。オーナの大野さん、秘書の三宅さん、そしてスタッフのみなさん。
作品展は11日まで。東京表参道。

« 今日の朝撮り・「春の使者」。  | トップページ | 今日の朝撮り・「巡礼500キロバイク旅」。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の朝撮り・「菩薩」。:

« 今日の朝撮り・「春の使者」。  | トップページ | 今日の朝撮り・「巡礼500キロバイク旅」。 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)