« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月30日 (木)

今日の朝撮り 「青は藍より出でて藍より青し」

Img_3230                                                                                                                                            Img_3248                                                                                                                                            Img_1618                                                                                                                                           

女優の小泉今日子の文章を読んで、うまいと唸った。さらに、その小泉の作品の評を新聞に書いた女優の鈴木杏の文章も見事である。
このところ芸能人の文壇での活躍が目立つ。その頂点を目指したのがいま話題の又吉直樹『火花』。太宰治が何度懇願してもとれなかった芥川賞をいとも簡単に手に入れた。
いまだ又吉の人気は衰えず購入と同時、読み終わったら売ってくださいと「高価買取」券を渡されたほど。
山手線の中で読み始めると、渋谷ハチ公前で先輩芸人神谷と逢うシーンが出てくる。ちょうどNHK大ホールに行く用事があったので、ハチコー前に立ち寄ってみた。
NHK大ホールではコロッケ芸能35周記念コンサートがあったので覗いてみた。コロッケは本家を追い越すほどの芸を身につけた努力の人である。
「青は藍より出でて藍より青し」という言葉があるがまさにこの言葉がぴったしだ。ただ大勢の師匠にはあくまでも謙虚でいやみがない。
努力している人々の汗は眩しい。そしていつも肩を叩かれる。一緒にガンバロウって。
写真・ハチ公とNHK大ホール。

2015年7月29日 (水)

今日の朝撮り 「命の尊厳・安野光雅展」

Img_1645                                                                                                                                           Img_1615                                                                                                                                           151                                                                                                                                           

知人に安野光雅さんの「旅の風景 ヨーロッパ周遊旅行」展の招待券をいただいた。
会場は損保ジャパン日本興亜美術館。
損保ジャパン日本興亜美術館は東郷青児、セザンヌ、ゴッホなど数々のの絵画をコレクションしていることでも知られている。
猛暑が続く東京。そんな暑さを吹き飛ばすかのように、損保ジャパンのビルは青空を突ききるかのように威風堂々と佇んでいた。
会場は42階。エレベータを降りると大勢のお客さんが長い列になって静かに進んでいく。安野さんの作品展は、水彩画としては何処で開催しても類をみないほどの人気。仙台の藤崎さんで開催したときも1万の方が訪れた。
全国のあらゆるところで先生の作品を拝見しているが、何度観ても飽きることはない。てらいもなければ人を睥睨することもなく絵はこうであるべきと教えてくれる。生命の尊厳さえ感じるのである。是非安野ワールドに触れてみてはいかが。損保ジャパンは8月23日まで。
各地でもご覧いただけます。
東大阪
八王子
下関
広島
 
写真・損保ジャパン(新宿)ビル・安野さんのサイン風景(仙台・藤崎百貨店)。

2015年7月27日 (月)

今日の朝撮り 「五輪の虹」

Img_1591                                                                                                                                            Img_1598                                                                                                                                             
Img_1612

 
24日夕東京を強い雨が襲った。
渋谷駅地下街が浸水し心配されたが、私が上京したときはまたぞよ晴れ男が東京の上空を紺碧の青空に染め抜いた。
今回の上京は亡くなった先輩の「蓮に魅せられて 三浦功大写真展」をメインとし、数カ所を訪ねてまわった。
個展会場を出てタクシーで銀座を抜けようとおもったら、なんと歩行者天国でつかまってしまった。銀座三越から新橋に向かって歩くと人の波が永遠と続いている。免税店は相変わらず爆買客で溢れかえっていた。
帰りしな五輪公式のエンブレムが発表された都庁(新宿)に寄り、あの余韻に浸ろうと思ったがすでに正面は閉まっていて入ることができなかった。
だが投宿したホテルのカーテンを開けると、五輪のマークならぬ五輪の虹が東京都庁庁舎に浮かび上がっていて歓迎してくれているかのよう。

2015年7月24日 (金)

今日の朝撮り 「再会」

Img_3230_2                                                                                                                                           

『安野光雅のポスター』という画集がる。絵本コーディネータの青木久子さんが企画し作ったもので、井上ひさしさん率いるこまつ座のポスターを描いた作品でおおかたまとめられている。
そのポスターを撮影したのが写真家の三浦功大さん。青木さんも三浦さんも私を安野光雅さんに逢わせてくれた大事な人達である。
その三浦さんが数年前亡くなられた。親友であった青木久子さんがこのほど三浦さんの遺作展を京橋の千疋屋さんで開催してくださるのだ。
三浦さんは仙台出身で蓮の写真家としても知られ、写真集も出版されている。わたしが東京で個展を開くたび必ず顔を出してくださり、ガンバレガンバレと背中を押してくれた。
亡くなるときは、誰にも知らせることなく蓮の花のように暗闇の中に静かに消えっていった。
安野先生を含め沢山の方と知り合えた千疋屋さん、訪ねるのは何年ぶりであろうか。
会場・「蓮に魅せられて 三浦功大写真展」
    千疋屋(TEL 03−3281−0360)。7月21日〜8月1日まで。
写真・遺作展のDMと安野さんが描いたポスター(著書『安野光雅のポスター』より)。

2015年7月23日 (木)

今日の朝撮り 「希望の橋」

Img_3229                                                                                                                                                                                                                                                                                      Img_7887_2           

盛岡の駅に降り立つと、繁華街までは「開運橋」という橋を通る。なんとありがたい名の橋だろうか。
別名「二度泣き橋」という。これは転勤族の方が付けた名前だ。よくぞ北の地まできたものと泣いては、街に情が移り離れるときにまた泣くからだという。言われれてみれば私が25年前に赴任してきたときも、そんな思いで去ったことを思い出した。
開運橋は明治23年に建設され当時の知事が私財を投じて造ったものという。北上川をまたぐ開運橋は盛岡の人にとってはなくてはならない橋、転勤族には心の架け橋でもある。
盛岡出身で忘れてならないのが、新渡戸稲造。5千札の肖像ともなった人物である。
盛岡城を散策していると新渡戸稲造の銅像に出逢った。そこに書いてあったのが「願はくは われ太平洋の橋とならん」。
開運橋に立って頭の片隅によぎったものがある。ここを渡るととてつもない未来が開けるような希望の橋でもあるのだと。
写真・北上川をまたぐ工事中の開運橋。テレビCM等でも有名な一本桜(岩手山を背景に・小岩井農場近郊)。

2015年7月22日 (水)

今日の朝撮り 「盛岡の朝」

Img_1548                                                                                                                                             Img_1557_2                                                                                                                                             Img_1552



「不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸われし 15の心(石川啄木)」。
啄木が学校の窓から逃げ出し、文学書、哲学書を読んだのがここ盛岡城。
今日のジョギングはここからスタートし、近郊を走る。
大通りでは来月1日から始まるさんさ踊りパレードのさじき席準備におわれていた。以前お世話になった役所前をとおり1時間ほどの散策を終え、いままだホテルの中。
今日の盛岡は35度まであがるという予報。今日取材するところはそう遠くないので昼までは、ホテルの部屋で溜まった原稿書き。
写真・盛岡城・さんさ踊りのパレードが行われる通り。裁判所敷地にある石割り桜。

2015年7月21日 (火)

今日の夕撮り 「啄木を訪ね・盛岡」

Img_7801

                                                                                                                                            Img_7834
                                                                                                                                            Img_7826                                                                                                                                          
先週は大勢でのバイクツーリングで、盛岡を訪ねたが今日明日は車での取材。
ラジオでは新潟方面の梅雨が今日明けたと報じていたが、こちら岩手県も負けじと気温がうなぎのぼり。車からおり重い一眼レフをぶら下げて歩いていると滝のように汗が流れてくる。
30分もするともう脳みそもくつくつと煮立ちはじめ、最後には頭がピスタチオみたいに割れそうになる。
そんな盛岡に泊まるのも20年ぶりだろうか。単身赴任で1年ほど住んだ街でもありどこか実家にでも帰ってきたかのような懐かしさを覚える。
ということで、取材の合間のアップ。
写真。東京駅と見間違えるほどの素敵な建物は、国の重要文化財・岩手銀行。今年外壁の修繕が終わり来年には中を一般公開する。街角を曲がるとタイムスリップしたかのような風景が点在。

2015年7月19日 (日)

今日の朝撮り 「4年4ヶ月の刻み」

Img_3230                                                                                                                                          

「雄勝石の再生をめざして」のポスターが刷り上がった。
この企画は震災復興支援活動として企画したもので、宮城県内の中学7校と60名の作家が参加。作品は東京駅の屋根にも使われた雄勝産(石巻)天然スレートに絵や写真、彫刻などで作家それぞがれ表現。その作品を仙台をはじめ各地で展示する。
東日本大震災から4年と4ヶ月。被災した子供達一人ひとりにそれぞれの年月の物語が込められている作品展でもある。
沢山の方々に、ご高覧くだされば嬉しい。
仙台会場・東北電力グリーンプラザアクアホール(9月29日〜10月4日)。
石巻会場・三陸河北ホール(10月13日〜20日)。
登米会場・高倉勝子美術館・10月23日〜30日。
岩沼会場・エピックビュー(11月9日〜15日)。
*ポスター絵・役得で実行委員である私の「東京駅」。

2015年7月16日 (木)

今日の朝撮り 「努力あっての華」

Img_2393                                                                                                                                           Img_2383                                                                                                                                             

東京の個展の際よく泊まるのが、竹芝桟橋にある某ホテル。窓のカーテンを開けるとライオンのフラッグ目に入る。四季劇場だ。
そこで上演されている「ライオンキング」が1万回を昨日達成した。
昨年台風の到来でホテルに足止めさてれしまったので、それではとこのライオンキングを鑑賞することにしたのだ。
驚いたのは舞台装置。そして人形を操る俳優たちの見事な演技、また動物たちの大きさには目を見張るものがあった。自前の劇場でできるからこその仕掛けという。
この劇団の凄さをテレビでもやっていた。この仕事だけで俳優は生きていけるというほどの組織で守られている。それには営業、制作、また俳優として最低三役をいつでもつとめられるという努力が強いられている。
使い捨てが問題となっているいまの日本の風情を、もう一度考えさせれる模範でもあるような気がする。華やかさばかりを追求するのではなく、舞台裏での真摯な努力こそがいかに大事かを教えてくれる。記録の更新はまだまだ続きそうだ。

2015年7月13日 (月)

今日の朝撮り 「猛暑なんてどこへやら」

Img_3240 

Img_3241
先週はアトリエにこもりっきりで仕事らしきことに没頭していた。
そのストレスに火がついたかのように、昨日は弾丸ツアーへ参加。ホンダドリーム主催の「盛岡冷麺ツーリング」にである。いつも一人旅が多いが、今回はじめての参加。
とにかく走るのが好きという方々の集まりでもあり、帰宅しオドメーターをみると一日で420キロを突破している。仙台から東京を一気に通り抜けた距離になる。
SAに入ると、いつもはオートバイに周囲の目が集まる。オートバイが好きな人は車から降りてきてまで話しかけてくる。でもその日ばかりは違った。みんなの目を奪ったのは、真っ赤なスポーツカー・フェラーレ軍団である。オーナーは30代前後の家族連れ。君たちは何処の国からきたの、とつい問いたくなるほどの集団。
我々オートバイ軍団のオートバイすべてをフェラーレ1台で買える金額と聞いて、34度という猛暑もどこえやら。
「♫ 馬鹿にしないでよ そっちのせいよ ちょっと待って Play Back」。

2015年7月 6日 (月)

今日の朝撮り 「日々雑念」

Img_3230                                                                                                                                          

企業のカレンダーは、ただいま取材先の候補を待つばかりとなっている。その仕事の前に自分が出すカレンダーの準備を終えさせなければならない。そのほか個展等のDMとポストカードも併せ作成しなければという課題が残っている。
業者さんへの依頼はすべてデータ化して渡す。私の秘書はMacのIllustrator。昔人なので俊敏さはないが、信頼の置けるパートナーでもある。
困ったのは私の集中力の欠如。半日も向い合っているともう頭のなかは雑念でいっぱい。だから仕事がなかなかまとまらない。Amazonで買った新刊が何冊も溜まっているのも気にかかる。晴れれば晴れたで、オートバイが私を早く外に行こうよ、と秋波を送っくてる。
今日は朝8時からなでしこジャパンの決勝戦。まもなく終了。アメリカ5×日本2。ああどうどうしょう。日本ガンバレ!

2015年7月 3日 (金)

今日の朝撮り 「巡礼の旅・奥松島」

Img_1472                                                                                                                                            Img_3253                                                                                                                                            Img_3262                                                                                                                                             

梅雨の晴れ間は貴重である。日中30度近くまで気温はあがったがオートバイで切る風は爽快そのもの。
息子が大の釣り好きで、高校のとき連れて行った松島の奥にある月島を訪ねてみた。ここを訪れたのは震災後初めて。
震災前は海水浴客と釣り客で賑わっていたこともあり、沢山の民宿が軒を連ねていた。だがすっかりその姿は消えていた。
帰りしな立ち寄った野蒜駅。仙台と石巻を結ぶ仙石線は、あの津波で甚大な被害を受けた。
一時無期限で営業停止となったものの、従来より500メートル内陸部に新設され今年4年振りに営業を再開(5月30日)した。新しい野蒜駅は海抜20メートル高台にあり、ホームからは牙をむけたあの海とは思えない穏やかな夏の壮大な景色が広がっていた。
写真・砂浜は瓦礫がすっかり取り除かれ綺麗になったが、人影がほとんどいない(月島)。・海沿いの道路はまだ浸水で覆われている(野蒜海岸)。高台にできたホーム(野蒜駅)から太平洋が見渡せる。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)