« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

今日の朝撮り 「つつましく祝杯」

Img_0197                                                                                                                                             Img_1799                                                                                                                                           

山形での個展も残すところあと2日。
この一週間はあまり天気に恵まれなかったが、日々お客さんが途切れることなく訪れてくれた。
昨日はいっときレジが並ぶほどになり応援部隊に手を貸してもらう場面があった。42回目の個展になるがかつてなかったことで、その光景につい拝みたくなった(笑)。
夕食は自分のご褒美にうな重定食で祝った。ただここで驕ってはならない。すべての事象に感謝しながら一番低廉な品を頼み、つつましく夕食をすました。
今日も朝から曇り空。それを押してわざわざいらしてくださる方もおられるだろう。今日明日と残り少ない時間、心から接したいものである。

2015年8月30日 (日)

今日の朝撮り 「リセット」

Img_1761                                                                                                                                              Img_1788                                                                                                                                              Img_1786                                                                                                                                              

山形に泊まるときのホテルは、ここと決めている。
老舗でもう老朽化しているが、どこか心が休まる。それはロビーに著名人の絵画と彫刻があるからだ。
宮城県出身の彫刻家佐藤忠良の「若い女・夏」をはじめ朝倉響子「バネッサ」、吾妻兼治郎「ポモナ」、ヴェナンツォ・クロチェティ「水浴の女」などが静かに迎えてくれる。
なかでも大好きな絵アイズビリーの「ポン・ヌフ」が中央にどんと飾られている。
この絵を見ていると絵の原点を観るようだ。大人がこどもの目と心になって、「絵は心」決して技術に走ってはいけないよ言われているようで、いつも頭をリセットできる。

2015年8月29日 (土)

今日の朝撮り 「素敵な出会い」

Img_0005                                                                                                                                            Img_1764                                                                                                                                             Img_0016                                                                                                                                             

個展会場に飛び込みで入ってきてくださったお客様は、耳鼻咽喉科医師の川合さん。
川合さんは医師でありながら「切り折り紙」の素晴らしさをSNSで発信していて、世界でも名が知られている。
話に興じているうち私の絵のキャクターを折り紙で作ってくださった。まるで絵の中の犬が影となって表に飛び出し、3Dの世界を創り出してくれた。
犬だけではなく次はENEOSさんに描いたカレンダーの絵のトナカイまで作ってくれた。さぞ時間がかかるのではと思いきや、目の前であっというまに仕上げていく。
絵とのコラボなんと素敵な世界。また新しい出会いをいただいた。
写真・犬、猫、トナカイ、天使そして私のバイクに乗っている姿。

2015年8月28日 (金)

今日の朝撮り 「いち、に、さん、し」

Img_1775                                                                                                                                           

Img_1771                                                                                                                                              Img_1752                                                                                                                                           
朝6時をすぎるころ、ポツポツと人がある場所に向かって歩き出していく。
付いて行くと石垣が見事な霞城公園がその目的地らしい。山門をくぐり抜けて行くと朝の挨拶がいたるところから飛びかってくる。
朝のラジオ体操をするため集まってきた人々である。
スポーツ大国山形。山形出身の私の頭のなかには「♫月山の雪 紅そめて 朗らに 明けゆく……」という歌詞がいまだ染み付いている。そんなことからかラジオ体操が定着しているか。
見わたすところ200人程の老若男女が公園のあちこちに固まっている。
6時半になるとラジオが流れだす。じっとその様子をみていると自分がよそ者のようにみえてしまい、一、二、三、四とつい声高らかにラジオ体操に没頭してしまった。
今日の始まりはいつになく爽やかである。

2015年8月26日 (水)

今日の朝撮り 「古典芸能と個展」

Img_1740                                                                                                                                            Img_1746                                                                                                                                           

今朝のジョギングは山形市内のメインストリート。
台風の影響でやや小雨模様だが、雨は土に潤いを与え作物を育む。そんな湿り気をいただき、各百貨店で開く個展今回で3回目を迎える。通算42回となる。
私の故郷はここから60キロ先の新庄市。新庄市では今日から国の重要無形民族文化財の新庄まつりが3日間に渡り開催される。来秋ユネスコの審査を控える。
体に染みついた新庄まつりのあの心地良し囃子が蘇る。奇しくも古典芸能と同じスタートを迎える今回の個展、どこか気持ちがきっと締まる思いがする。
写真・早朝の個展会場。小雨模様の文翔館(旧県庁)。

2015年8月24日 (月)

今日の朝撮り 「旅支度万端」

Img_1737                                                                                                                                          

沢山の出会いと思い出が染み付いたスーツケースを積み込んでまたもや巡業の旅に出る。
インスブルック(オーストリ)で開催されたオリンピックのステッカーを付けたこのスーツケースは、1984年以来何処に行くにも同伴。キャスターが少し半欠けになりガラガラと音は煩いが、気心がしれいまだ使い続けている。
31年間という月日が経つが、ロストパッケージもなく破損したこともなくいつも寄り添ってくれている。購入した当時は色も形も地味なものばかりしかなく、青色のこのケースを持つことにやや抵抗感があったが、飛行場のターンテーブルではひときは目立ちすぐ自分のものとわかって重宝している。
今回もまたこの相棒とホテル住まいが続く。寂しくなればケースの蓋をあける。するとたちまち楽しかった旅の思い出が、部屋いっぱいに広がるのである。今年はそれにどんな思い出が加わるんだろうか、と考えているだけで心が弾む。

2015年8月22日 (土)

今日の朝撮り 「ひたすらに暗夜を行く」

Photo_2                                                                                                                                             

早朝ジョギングはどこでもいつでも欠かすことはないが、このところめっきり日の出の時間が遅くなった。
着実に秋がやってきているのだ。
寂しくもあるが、秋はどこか気持ちの引き締まるものを覚える。
来週から始まる山形での個展の準備をしながら、併せてそのあとに開催される東京個展の準備も進めなければならない。
まずはポスターの制作から着手。
チェスキークルムロフは今年描いた絵の中で一番のお気に入り。そんなことからまたDMとポスターに使うことにした。
東京は今年で11年目になる。継続は力なり。
「一燈を提げて暗夜を行く。暗夜憂いることなかれ。ただ1燈を頼め」。
佐藤一斎の言志四録にでてくる言葉である。自分を信じ前に進めば必ずや道はひらけるという意味である。
この言葉はいつも私の頭の中に染み付いていて、大事にしている言葉である。

2015年8月19日 (水)

今日の朝撮り 「脚本とテンポの早さに圧倒」

Mission_impossible_rogue_nation_4                                                                                                                                           Img_1963                                                                                                                                            Img_7655_2                                                                                                                                           

暴走車がいるという通報をうけ、白バイで張っていた。すると黒の革ジャンで身を包んだレベッカ・ファーガソンが猛スピードで駆け抜けていった。目にも止まらない早さである。まもなくしてノーヘルにサングラスのトム・クルーズが髪をなびかせ疾走していく。
完全に制限速度を振りきっている。白バイからHONDA・VFR800Fに乗りかえ私は追いかけたが一瞬にして見失った。
という夢を見た。
忙中閑あり。課題の仕事に没頭しても必ずしも効率的とはいえない。頭の切り替えをするため隙間時間を見出し、いま話題の「ミッション・インポッシブル」を観てきた。息つく暇もない連続のアクションにテンションが頭のてっぺんを突き抜けていく。
今回使用した車とバイクはBMW。垂涎の的とするバイク・S1000RR(215万円)が次々が破壊していく。
それにしてもハリウッド女優のレベッカ・ファーガソン(イルサ役)の見事なバイク操作。「君のバイクの腕はプロだね」とトム・クルーズが賞賛した言葉が耳に残る。

2015年8月17日 (月)

今日の朝撮り 「記憶に残るお盆」

Img_0007                                                                                                                                           

東京での蓮の花の写真展で聞いた話を思い出した。
いまではめったに目にすることはなくなったが、蓮の茎で作った布のことである。茎を折ってそれを左右に引っ張ると細い糸が何本も出てくる。それを横糸とし絹糸を縦にし布を織るのである。
お盆のおわるぎりぎり父の墓参りに行ってきた。山形の新庄市というところにお墓を置いてあるため一日がかかりの行事となる。
庭に咲く今年の蓮はひときは綺麗に咲いていた。父そして先祖が首を長くして待っていたかのよう。以前は9軒の親戚にも顔を出し、お参りしていたがいまでは1軒きりになってしまった。
横糸を先祖の糸とし、残された我々は縦糸。こうやって先祖といまが結ばれているんだという実感。そんな思いを今年はいつもになく考えさられたお盆でもあった。

2015年8月14日 (金)

今日の朝撮り 「まだ早いお正月」

Img_8088                                                                                                                                             

秋風が立ち込めた途端、もう私の心はお正月。
というのも秋田から帰ると大きなダンボールが玄関を塞いでいた。来年のカレンダーができあがったのである。
下旬から始まる百貨店での個展用である。
今回、この制作をお引き受けくださったのがFacebookでお馴染みので椎名さん(株・横浜プリント)。アビロードのアップ写真でもご存知の方も多いかとおもう。
雑誌読者プレンゼントや個人向け販売はもう少しあとになるが、昨年同様完売を目指したい。
明日は日帰り250キロ山形の旅。暦は来年へと進んでいるが私の仕事は遅々として進まない。自分の不甲斐なさに辟易しているが、心の中では悪いのは「彼だー(カレンダー)」と人のせいばかりしている。

2015年8月13日 (木)

今日の朝撮り 「筆を持ち替えカメラに」

Img_8077                                                                                                                                            Img_8068                                                                                                                                           Img_8041                                                                                                                                          

この武家屋敷(秋田県角館)は1600年、角館地方を領していた芦名義勝で造られた。
深い木立と重厚な屋敷が沿道を埋め尽くしているこの光景は圧巻である。昔にタイムスリップしたかのように立ち尽くしてしまった。
日本さくら名所100選にもなっている所でもあって、春ともなれば広い沿道が大勢の観光客で賑わう。だがこの季節の緑のシャワーも捨てがたい。
「絵葉書になるような綺麗な場所や主役の多い場所は絵に描きたくない」と言ったのが安野光雅さん。まさにそんな光景に出逢った。
今日は画家を捨て写真家に徹しようと重い一眼レフを首にぶら下げた。木漏れ日から音が聞こえてきそうな自然の演出が憎い。言わずもがな写真が好きなモノにとっては触手を伸ばさずにはいられない。
木陰に入れば幾分涼をとることができるが日差しはまだ30度を上回っている。それでも時間の経つのも忘れシャッターを押し続けた。
お気に入りの3枚を、残暑お見舞いとしてみなさまへ。

2015年8月12日 (水)

今日の朝撮り 「おもてなし」

Img_0032                                                                                                                                                        Img_0010                                                                                                                                           

今朝のジョギングは角館(秋田県)の武家屋敷界隈。
まだ人通りもなく静まりかえっている。ときおり赤飯屋さんのおこわや豆腐屋さんのにおいが鼻を突き食欲をそそる。
セブンイレブンの看板が火の見櫓のように造られていて、町全体が武家屋敷の町として徹底的に統一されているのがすごい。
小路から自転車に乗った高校生がてきた。出会い頭「おはようございます」と挨拶された。またしばらくすると2、3人固まった高校生から挨拶された。自転車にいっぱい運動用具らしきものをぶら下げていたからにして野球部だろうか。
観光の町は、学校でも「おもてない」としての観光客への挨拶も徹底しているんだろか。
久しぶりに気持ちのよいジョギンを終えた。

2015年8月11日 (火)

今日の夕撮り 「お盆取材は秋田」

Img_8018                                                                                                                                           Img_7989                                                                                                                                              Img_0025                                                                                                                                           

秋田県秋田市にある赤れんが郷土館(重要文化財)を訪ねた。
お盆とあって高速道路の追い越し車線は、機能を失っていた。SAもどこもいっぱい。だが疲れた顔などどこにもなく、どの顔を実家に帰る喜びであふれている。
赤れんが館は旧秋田銀行本店として1912年造られ公開されている。管内もみてまわるが昔の重厚な建物はどこか心落ち着く。
そこからぐるっとまわって、仙台から300キロ先にある角館に投宿。この町は武家屋敷で有名。ポスターでもよく登場する町である。
駅、観光案内、駐車場、タクシー乗り場、交番、ホテル、町のあらゆる建物が武家屋敷風で、小さな町全体がさながら映画のセットのよう。

2015年8月 9日 (日)

今日の朝撮り 「夏休み返上」

1508                                                                                                                                          

1508dm                                                                                                                                          
昨日は立秋。
暦に合わせるかのように仙台は気持ちのよい朝を迎えた。日中も最高が27、5度。夜は冷房なしでの熟睡を楽しみ今朝は虫の音で目を覚ました。
仙台七夕で賑わった夏祭りも終わり、賑やかさそして気温も一段落。私もゆっくりしたいところだが、取材や原稿締め切りそして山形での個展と続くので夏休みは当分先延ばし。
この週末も朝から筆を持って健闘しているが、頭のなかは検討の文字ばかりが表に出て才能のなさに焦燥感が募る。
又吉さんから火花を散らすほどの力をお裾分け願いたいものである。

2015年8月 7日 (金)

今日の朝撮り 「猛暑記録更新」

Img_3230                                                                                                                                          

約800キロの旅を終え昨夜仙台に帰ってきた。
途中、高速の温度計が37度を表示していた。SAで休憩をとり車に戻るたび頭が割れそうな暑さに悲鳴をあげる。
アトリエに戻ると8、9月分の情報誌「仙台っこ(市内各店にて発売)」が届いていた。
今回の表紙はオクトーバーフェストをイメージした図柄の絵を選んだ。どこかでご覧になったかたもおられよう。
仙台市内きっての名店・カフェ&ギヤラリーガレの珈琲券デザインのため描いた絵である。
記録破りの猛暑が続いている。今日明日は夏休みの宿題をこなし、来週はまた旅に出なければならない。
みなさんもご自愛を。

2015年8月 6日 (木)

今日の朝撮り 「鎮魂」

Img_7974                                                                                                                                             Img_7977                                                                                                                                          

暗い部屋に戻ると、窓の向こうに宝石を散りばめたかのような夜景が広がっていた。
見とれているとそれが無数の星に見えてきた。あの東日本大地震のときの夜空もそうだった。
中越地震そして東日本大地震の死者の生まれ変われである。
奇しくも今日は広島の平和記念式典。
黙祷をし朝食に向かうが頭の中では被爆者のインタビューの声が何度も蘇ってくる。
「いまを大切にして欲しい。それが我々の願い」。
今日という日はいつもより濃い一日になりそう。身体の芯が震えた。

2015年8月 5日 (水)

今日の夕撮り 「万代橋早朝ジョギング」

Img_3238                                                                                                                                            Img_3266                                                                                                                                            Img_7912                                                                                                                                           

知らない土地での早朝ジョギングが楽しい。
いまという時が、いますぐ消え去っていくと思うとゆっくりとうたた寝などしていられない。
念願だった万代橋を走り、信濃川河川をぐるりとまわる。
河川敷には地元の人々が釣りを愉しんでいる。信濃川といってももう海同然、朝のこの時間はよく釣れるのだと日焼けした顔から白い歯がこぼれた。
なに釣れるのかと問うとクーラーボックスの蓋をあけみせてくれた。40センチ程のスズキである。めったにあがらいのだが今日は運がいいよ、といってはにかんだ。
知らない街でのこんな会話も楽しみの一つである。
太陽が高くなるにつれ背中がじりじり暑くなってきた。みなさんもご自愛を。
写真・ビッグベンを彷彿させる万代橋。新潟テレビを背景に浮かぶヨット。佐渡に向かう連絡船。

2015年8月 4日 (火)

今日の夕撮り 「40年ぶりの新潟」

Img_0162                                                                                                                                              Img_7937                                                                                                                                          

今回の取材地は新潟。
太平洋から日本海への移動はトンネルが多いせいか、縦断しての東京より遠く感じる。
それにしても暑い。新潟も35度を振りきっていた。
だがホテルに着くと、あの汗が嘘のように引いていく光景に目が奪われた。
眼下の信濃川に、カモメが羽を休めているかのように無数のヨットが静かに佇んでいる。
その向こうには万代橋。
♫ 思い出の夜は 霧がふかかった 今日も霧が降る万代橋よ(美川憲一)。
霧など雲散霧消し、最高のおもてなしの顔で迎えてくれた。
写真・宿泊先ホテルと部屋からの眺め。

2015年8月 3日 (月)

今日の朝撮り 「石の上にも3年」

Photo                                                                                                                                             

取材で各地を飛び回っているため、何箇所の締切に閉口している。
先般もご紹介させていただいた「雄勝石の再生をめざして」展の締切は7月下旬。各作家さんからの作品も続々集まってきているので、スタッフの一委員としてお遅らすわけにはいかない。
そこで描いたのが、小学生より稚拙な「海は広いな」。アクリルで東京駅屋根同様の雄勝石スレートに描くとなれば私には技量不足の謗りは免れない。
七転八倒して描いたわりにはどこかお粗末。シェーである。と古いギャグを飛ばしながらどうにか仕上げた。振り返って見れば石にかじり付いての作業でもあった。
ご案内・「中学生と作家たちの石絵展」仙台東北電力グリーンプラザーにて(9月29日〜10月4日まで)。終了後各地巡回。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)