« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月28日 (水)

今日の朝撮り 「被災地巡礼の旅」

Img_0014                                                                                                                                            Img_0019                                                                                                                                             Img_0001                                                                                                                                           

時間をみては、東日本大震災鎮魂巡礼の旅をバイクで続けている。
昨日(10月27日)、9月の暖かさに誘われ200キロの旅を決行。雄勝町は先にも紹介した雄勝石で有名。震災直後東京駅の屋根(スレート)に使われ世界に知れ渡った。
先の「雄勝石の再生をめざして 石絵展」の実行委員として恥ずかしながら今回雄勝町は初めての訪問。
海の青さが目に染みるこれ以上ない天気に恵まれたものの、それに反し雄勝町は震災で姿を消し、寂しげであった。
空き地には草が生い茂げ、中に立ち入るとキラっと光るものが目に入った。茶碗の欠片であった。急に胸が熱くなるのを覚えた。人が住んでいた憩いの場所が一瞬にして津波にのみこまれた形跡でもあるのだ。
見つけてくれてありがとう、という声が聞こえたような気がし大事に我が家に連れ帰った。
写真・雄勝の海。東京駅屋根と同じスレートの旧桑浜小学校。連れてきた茶碗の欠片。

2015年10月20日 (火)

今日の朝撮り 「2016カレンダーの発売」

Img_0002                                                                                                                                             

秋も深まってきた。
半袖でのジョギングも、いつのまにか長袖でないと朝の冷え込みが身にしみるようになった。
さて、夏の百貨店での個展から早々と販売してきた「前田優光2016カレンダー」も残り少なくなってきた。
発送の面で皆さま方にご迷惑をおかけしては、とネットでの発売はしておりませんでしたがようやく心と時間の余裕ができましたので、ここでアップさせていただいた。
ご希望の方は、裏Mail(笑)にて申し込んでいただければ幸いです。
今年は横浜プリントさん(Facebookの椎名さん)にご無理をいってお安くしていただきましたので、下記の価格でご提供させていただきます。
1 前田優光2016カレンダー 。 1部1,000円。
    *税・送料込み。ジャパネットたかたよりお安くしております。
     14枚の絵で構成され、さらにケース付き。
2 申し込み ご住所お名前、そして部数をお書きの上。内緒話もOKですよ。
追伸・3部以上お買い上げくださった方には、某企業制作「前田優光 東北の四季(仮称/非売品)」をプレゼントさせていただきます。なおこのカレンダーはただいま製作中ですので、でき次第送付のこととさせていただきます。

2015年10月14日 (水)

今日の朝撮り 「御礼」

Img_2023                                                                                                                                             Img_1959                                                                                                                                           

前田優光「愉しくなくちゃ 絵ではない」東京展も無事終え昨夜遅く帰ってきた。
東京は私にとって故郷でもあり、夢を叶えてくれる欠かすことのできない大事な場所だ。
今回はすべて新しい出会いとサプライズが続いてた日々の連続であった。
ハワイ在住のYさん、若くしてヨットクルージング会社を経営しているYさん、4枚もお嫁に引き取ってくださった1さん。お札を手にした方が突然入ってきて「これください」といって購入し喜び勇んでくださったNさん。個展終了後電話でやはりあれ欲しいと電話を下さったAさん。
まだ沢山の方がすべて初めて出逢った方々ばかりであった。
東京には予見できない夢が無尽蔵にある。こいう出会いこそ私が求めていた理想のアート展と常々思っていた。
相田みつをがよくこんなことを言っていた。「親戚、知人」に作品を買ってもらっては先がない。それはお祝いごとである。
見知らぬ人に感動してもらってこそ、本当のアーティストになりえるのだ、ということを。
写真・秋深まった紺碧の空・銀座。ギャリーモナディスプレイ。

2015年10月12日 (月)

今日の朝撮り 「お嫁さん」

Img_1975_2                                                                                                                                           Img_1958                                                                                                                                             Img_0022                                                                                                                                           

早いもので東京の個展も今日が最終日。
FBの友達も沢山来てくださった。
「マエダサン、カレンダーミナガラ、アエルノタノシミ二マッテマシタ」とオルガさんが二度も遊びに来てくれた。
オルガさんは、ウクライナでジャーナリストをしながら大学で経済学の教鞭をとっていた。
3年前日本にお嫁さんとなってくて麻布十番に住んでいて昨年友だちになった。日本が大好きで、貪欲に日本語を学ぼうとする姿勢が愛らしい。
仙台の最中をご馳走すると、早速iPhoneを取り出し「最中」に関心を示す。
お嫁さんにきたオルガさん、お嫁に行った絵それぞれに深い思い出が残る一週間であった。
さあ、今日はどんな出会いが。
写真、オルガさんと。昨年撮影。

2015年10月10日 (土)

今日の朝撮り 「雑感・日本人はどこ!」

Img_6951


Img_1994

日本に来てまだ日が浅いという韓国人女性が突然入ってきて何度も何度も絵を褒めてくれた。日本語はほとんどできないが通じるものがあって嬉しかった。
話が変わるが麻布十番を歩いていると、レストラン、コンビニ、カフェどこも諸外国から来た女性の店員ばかり。投宿しているホテルのレストランもそうだ。
1日目は我慢したが、2日目優しく注意してあげた。
朝食の冷奴が醤油の中に浮いていた。そしてお味噌汁は人肌。これきっと勘違いと察した。醤油をスープと勘違いし豆腐と一緒にすするものと思っているのか。日本人が好む朝食は白いご飯にふうふういいながらすする味噌汁。
文化の違いでなかなか理解してもらえないものと思うがどうもなじめない。それより考えさせられるのは日本人のいない職場、街、日本人一体どこに行ったの。雑感。

2015年10月 8日 (木)

今日の朝撮り 「個展3日目」

Img_1962_3

 Img_1980
Img_1984                                                                                                                                             
初日から秋晴れに恵まれている。
早朝のジョギング時はやや手がかじかむが、アップダンが多い麻布十番を走っているとまもなくして汗が滲んでくる。
昨日と今日は六本木ヒルズ周辺を走り、帰りはテレ朝の中庭を抜ける。
初日から何枚かのお嫁入りが決まりありがたい。
NHKで安野光雅さんの旅番組を作った元デレクターのM女史やウクライナの〇〇さんも初日から顔を出してくれた。
昨日はカレンダーを作ってくれた椎名さん(横浜プリント)が。
今日はアメリカ帰りの作家野村路子さんが訪ねてきてくれる。野村さんと飲む酒も2年ぶりか。
さあ、開店前のカフェでくつろいだあとは会場入りし、今日も新しい今日という日を愉しみたい。
写真・個展会場風景。六本木ヒルズ。テレ朝。遠くには東京タワーが。

 

2015年10月 6日 (火)

今日の朝撮り 「名言にのせて」

Img_1946                                                                                                                                            Img_1951

                                                                                                                                             Dm1510                                                                                                                                             201510dm                                                                                                                                             
どこへ行っても欠かさないのがその土地でのジョギング。
今朝は元勤めていた関連の職場「元郵政省東京簡易保険事務センター」の前を駆け抜け、東京タワーをみながら三田界隈を。
東京は昨日の曇り空が一変し、青空で初日を祝ってくれた。
こんなセリフを思い出した。
「世界中の青空を全部東京に持ってきたかのような、素晴らしい秋日和でございます(北出清五郎アナウンサー)」。
1964年東京オリンピックでの名言である。
私にとっての小さなオリンピック。「愉しくなくちゃ 絵ではない」東京会場での個展いよいよスタート。

2015年10月 4日 (日)

今日の朝撮り 「東京駅・屋根スレート」

Img_0067 Img_0059

  Img_0082
昨日は石盤葺名人佐々木信平氏が会場を訪れ、瓦ができるまでの実演をしてくださった。佐々木氏は震災後東京駅の屋根(天然スレート)を葺いたことで全国、世界に宮城県雄勝石の存在を広めた方である。
国選定保存技術保持者で北海道道庁、山形旧県庁(文翔館)など有名な建築物の屋根の管理・修復などをされている。
昼どきとあって大勢のお客さんがみえ、ほかではみられない屋根葺きや石の削り方などの実演に目を輝かせて見入っていた。
昨日までの観覧車2600人。感謝。

2015年10月 1日 (木)

今日の朝撮り 「石絵展・予想の二倍の人で」

Photo

29日からスタートした「中学生と作家たちの石絵展」が好評で、初日600人、2日目500人を越す入場者にスタッフ一同気を良くしている。
中学生68名がが描いた絵が特に注目。「自由な発想と色使い」にため息が聞こえるほど好評を呼んでいる。
子どもたちに負けじと健筆をふるった仙台在住の作家の絵も秀作揃いで、是非売って欲しいという声までとびかう。ポスターも予約ですでになくなっている。
なお、この作品は今年いっぱいの巡回展を終えたあと、年明けには「カフェ&ギャラリーガレ」にてチャリティー展(H28年1月4日〜30日)がおこなわれ、販売することになっている。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)