« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月30日 (月)

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅14」

Photo                                                                                                                                             

北陸「おくのほそ道」を旅し、帰途予定外に名古屋に寄った。そのことによって芭蕉と名古屋とのつながりが深かったことを知る。
今回の旅を終え、そのほかにも芭蕉を包む謎のベールが少しづつ見えてきたような気がする。
旅の目的、育った環境、伊賀上野(三重県)に生まれながらどうして江戸に行ったのか。おくのほそ道で旅費は幾らかかったのだろうか。
亡くなるまで旅をどれだけしたのだろうか。インフラ整備がなされていない時代、どうやって移動していたのだろうか。そしてどんなところに泊まっていたのだろうか。おくのほそ道はいつ書かれたのだろうか。原稿用紙に換算すると、どのぐらいの内容でまとめられたのか。
そんなことを考えると「地下鉄の電車はどっから入れたんでしょうね」という漫才と同じく、知る愉しみが湧いてくるのである。
最終回は、おくのほそ道で見え隠れする女性、そして疑いをかけられた疑惑とは。そんなことに触れてみたい。
絵・美しさのあまり歌を詠めなかった松島(宮城県)。

朝の朝撮り。「おくのほそ道」は上京のためお休み。

Img_2338_2                                                                                                                                             Img_2337                                                                                                                                             Img_2339                                                                                                                                           

今日は所用で東京。
まず朝一番は銀座。開催中の古山さんの会場へお邪魔しお茶をご馳走になる。
とっても素敵な画廊で、つい長居をしてしまった。
会場でお客様に声をかけられる。フェースブックのお友達である。おくのほそ道見てますよとここでお声をかけられるとは。
ポォケーットして口を開けていなくてよかった。

*今日の朝撮り  「上京のためお休み」はFacebook・11月29日(日)にアップ。

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅13」

Img_8634                                                                                                                                                 Img_8620                                                                                                                                           

名古屋に降り立つのは何十年振りだろうか。もうすっかり当時の面影はなくなっている。駅も近代的に生まれ変わりつい立ち止まって見入ってしまった。
東京に戻るまで約2時間ほど時間があった。その時間を無駄にしまいと地下鉄を乗り継ぎ名古屋城へと向う。地上に出ると弱々しい初冬の日が葉の落ちかけた桜の小枝に止まっている。急ぐ私の足に落ち葉が一緒になって小躍りしついてくる。
城門で入場料を払い観光客にまじってゆっくりと城内を散策。中ほどまで進むと今度は内堀がありそこを渡って中に入ると大きな名古屋城があらわれる。緑の屋根に白壁がよく映える。あまりの大きさに全容を撮るが難しいほど。
あとで知ったのだが、名古屋は芭蕉にとって魅惑の街であったらしい。拠点をここに移すのではないかと思えるほど長く滞在していた時期もあった。そこには芭蕉のよき理解者やパトロン的存在の人物が沢山いたのだ。
そんな風雅な人物が住んでいた名古屋を少しでも触れさせたく芭蕉が私を名古屋に呼び寄せたのかもしれない。この旅でなにか芭蕉の裏側が少し見えてきたような気がする。
でも素の芭蕉にはこんな噂も、という興味つきない事柄まで浮き出てきた。
写真・名古屋城
*今日の朝撮り  「おくのほそ道・北陸の旅13」はFacebook・11月28日(土)にアップ。

2015年11月27日 (金)

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅12」

Img_2262                                                                                                                                             
Img_2268

 
芭蕉が亡くなったのは元禄6年(1694年)10月12日、翌年の命日に大垣正覚寺に芭蕉塚が建てられた。正覚寺は朽ちはて昔の面影を僅か残しているだけで中はがらんとしていた。
私を泥棒と間違え声をあらげた年配女性は、私の素性を知ると安心したかのように語り始めた。以前この寺の貴重な資料を全部盗まれたというのだ。中には芭蕉が筆を執った掛け軸も含まれている。そんなことがあってからこの寺の管理を任されているという。
芭蕉は終着地大垣(岐阜県)で大層なもてなしを受け、居心地が良かったのか10日間も滞在することになる。紀行文「おくのほそ道」はここで終わることになるのだが、芭蕉はその後遷宮の年にあたる伊勢神宮に再会した曽良と一緒に奉拝にいく。それから伊賀上野(三重県・生まれ故郷)に行ったり琵琶湖に滞在したりと、江戸に戻ったのは2年も過ぎてからのことだ。
私も大垣で旅は終わったのであるが、予定になかった名古屋が私を呼んでいるような気がし大垣の予定を早めに切り上げ東海道本線に飛び乗った。
写真・名古屋駅・構内

2015年11月26日 (木)

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅11」

Img_2239                                                                                                                                           Img_8575

 
Img_8581
 
喫茶店でメモの整理をし、それから列車に乗ろうと思っていた私は発車時刻を1時間見間違えていたのだ。
時計を見ると3分しかない。脱兎のごとく改札に駆け出すと女性職員がそのまま6番ホームにと叫ぶ。かろうじて飛び乗ることができた。列車はそれを見届けたかのように動き出した。
指定された席にいくとそこにはすでに男性が座っている。指定券をその人に見せると「この車両は6号車ですよ。あなたは4号車じゃないですか」とうながす。またもややってしまた。駅員の6番ホームという掛け声の6の数字が耳に残っていたのだ。
芭蕉の旅は美濃の国・大垣(岐阜県)で終わることになる。その終着地大垣には芭蕉の門人や知人が沢山いた。芭蕉が亡くなったのは旅から5年後だが、門人たちは思い出に残る大垣に「芭蕉塚」をつくった。それをひと目見ておきたかった。
昼訪ねたのだが人家の軒下を通り抜けるかのような狭い路地は薄暗く、おそるおそる入っていく。2軒ほど奥に進むと古ぼけた正覚寺がありその前の敷地に芭蕉塚が建っていた。
写真を撮り思いにふけっていると、背中から「あんた、ここでなにしているんじゃ」と声が飛んできた。髪を振り乱し目を釣り上げた年配女性が狭い路地に立ちはだかっていた。ぎゃ、怖ぁ。
写真・切符。正覚寺境内。

2015年11月25日 (水)

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅10」

Img_2222                                                                                                                                           Img_2223                                                                                                                                          
Img_2233

 
 
色ヶ浜(いろがはま)をあとにした車は一旦出発地の敦賀(福井県)に戻った。そこから美濃の国・大垣(岐阜県)と向かう。敦賀、大垣間は県境をまたぐもののそう距離はない(約100キロ)。そこで少し変わったことを試みてみることにした。いろんな角度からみるのも愉しいのではないかと敦賀、大垣間を三通りの方法で走るのだ。
まずはなるだけ芭蕉に近い低い視線で街道(国道・県道)を走り宿泊先の大垣まで行く。そこからは高速に上がりこんどは出発点の敦賀まで戻るのだ。
芭蕉がおくのほそ道を歩き終わったあと2年ほど琵琶湖で過ごしたことがある。養老SA(北陸高速)の高台からは遠くにその琵琶湖を眺めることができる。敦賀駅に戻ると今度は特急列車に乗って再び大垣へ向かう。同じ区間を一日で3度も走り芭蕉が歩いた足跡の磁場に少しでも触れたかった。
レンターカーを返しゆっくりと敦賀駅まで歩く。列車に乗るまではたっぷり時間がある。駅前にある古びた喫茶店でノートでもまとめようと昨日から考えていた。その前に乗車券を手元にとリュックから取り出しふと切符に目をやる。そのときだ。またもや顔面から火花が飛び散るばかりの衝撃を受けた。
写真・県下一高い伊吹山。教科書でしか見たことのない「関ヶ原」という文字を見て感動。琵琶湖周辺地図。

2015年11月24日 (火)

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅9」

Img_8509                                                                                                                                             

Img_8559
                                                                                                                                           Img_8546
 
勘違をした氣比神宮ですっかり時間をとられてしまった。しかしその日は秋晴れに恵まれたこともあって取材ははかどり、たちまちロスタイムを解消することができた。
参拝を済ませると車は敦賀湾へと向かう。海でありながら、アルミ箔を貼り付けたかのような湖面のように静まり返っていた。
芭蕉はその海を舟で渡った。そんなことが記されいたので私はてっきり島に向かったものと思い込んでいた。が、当日になってそこが浜ということを知りまたもや私の勘違いが炸裂。
この名に引き寄せられ芭蕉が尋ねたのか知る由もないがなんとも「色ヶ浜(いろがはま)」とは色っぽい地名だろうか。浜には可憐なますほの小貝も散らばっているという。西行はその名にも引き寄せられわざわざ訪ね詩まで詠んでいる。
色ヶ浜は敦賀湾の先端の方に位置し、戸数わずか14ほどの小さな漁村。犬、猫それに二人の老婆を見かけただけで、芭蕉が訪れた当時と変わらぬ佇まいを残していた。
私も色ヶ浜、ますほ小貝という名に惹かれ訪ねたのだが、それを彷彿させる妖艶な女性とは出会うこともなくここ福井県から次の岐阜県大垣へとハンドルを切った。

2015年11月23日 (月)

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅8」

Img_8505Img_8497_2                                                                                                                                        

Img_8493                                                                                                                                             
ホテルで朝食をとりながら、その日のタイムスケジュールに目を通していた。テーブルの端にはホテル設置の市内観光案内のパンフが置いてある。何気なくそれに目をやると、フォークとナイフや飛んでいきそうなシックを受けた。
「氣比神宮巡り」という大きな文字と、みごとな鳥居と全景写真が載っている。えっ、昨日見た氣比神社じゃではない……!
 規模からして明らかに違う。どうして同名の神社が二つも? 再度私の資料に目を通すと「神社と」「神宮」、すかっり思い違いをしていたのである。
と昨日の日記で話しを引っ張り、今朝ここで明らかにしようとしたのだがFacebookの真知子さんに「神社と神宮、間違ったんでしょ」とあっさりと突っ込みを入れられバレてしまったのだ。まるでマギー審司の手品のような展開となり朝撮りを盛り上げてくれた。
真知子さん、ツッコミを入れてくれてありがとう。ボケと突っ込みの漫才になってしまったおくのほそ道、まだまだ続くよ。
明日はお色気たっぷりの島を訪ねる、お は な し。
写真・敦賀市内氣比神宮鳥居・芭蕉が詠んだ句碑・朝日に染まる松尾芭蕉像。境内にて。

2015年11月22日 (日)

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅7」

Img_8464                                                                                                                                             

Img_8469                                                                                                                                             
福井をあとにした芭蕉は北陸道の難所、木ノ芽峠を越え敦賀(福井県)に入った。
敦賀までは約50キロ。その近郊に芭蕉ゆかりの氣比(気比・きひ)神社がある。日が落ちる前にそれを見たかったので高速にあがり急いだ。
しばらく走るとカーナビが忙しく指示を出し始めた。女性の優しい声ではあるが絶対妥協は許さないというふうにぐんぐんと引っ張っていく。急に辺りは人里離れた山道へとかわった。くねくね道を縫っていくと僅か20軒ほどの集落があらわれ、カーナビはそこで止まった。
道を挟んで村の向かえに鳥居があった。そこが目的地の氣比神社らしい。一帯は山々に囲まれ日はすでに山陰に隠れている。というものの空には残光がまだ広がっていてストロボ無しで写真を撮ることはできた。ただ境内まではその明り届かず、石碑は黒い塊となって佇んでいる。いまにも石の影から狐でも出てきそうでうら寂しい。
一通り見てまわると、どこか私が思い描いていたものと違う気配を感じた。芭蕉が詠んだという句碑が見当たらないのである。暗くなったので見をとしてしまったのだろうか。
そのとき鳥居の方に人影を見た。恐る恐る境内を抜け、辺りを見渡したが駐車場に停めてある私の車が置いてあるだけで、誰もいない。
大きな間違いを起こしたことに気がついたのは、翌朝になってからのことだ。

2015年11月21日 (土)

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅6」

Img_8446                                                                                                                                           

Img_8447                                                                                                                                          
Img_8452                                                                                                                                          
天龍寺、永平寺を巡ると芭蕉は唯一の一人旅となる。脚は自然と福井市内にある等栽(とうさい。洞哉とも書く)という知人宅へとむかった。
「福井は三里ばかりになれば、夕飯(ゆうげ)したためて出づるに、黄昏の道たどたどし……」この文章からして寂しさが伝わってくる。
その等栽を訪ねると家はボロボロ、枕さえなかった。でもその等栽貧乏ながらも心は風流で温かい。芭蕉にはできる限りのもてなしをしてくれた。芭蕉はそこで二泊もするという気に入りよう。表ではなく裏で頑張っている人に心を接しようとしている芭蕉、そんな人柄が人の心を惹きつける。
等栽の家は左内(さない)公園の一角にあり、すぐ見つけることができた。公園は落ち葉に覆われ秋の匂いんがつんと鼻をつき遠い昔に私を誘う。
じっとして佇んでいると何故か磁場を感じる。芭蕉と等栽が10年ぶりの再会を喜びあって、弾んだ話し声まで聴こえてきそうな夕暮れであった。カーナビは次に向かう敦賀を表示していた。
写真・福井市内、左内公園。

2015年11月20日 (金)

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅5」

Img_8432                                                                                                                                          

Img_8418                                                                                                                                           
Img_2198
 
秘書のiMacを失ってその代行としてiPhoneに切り替えた。しかしそれもまたしてもアクシデント。
車のシガレットからiPhoneに電源供給をしていたのだが、そのコードがハンドルに絡まり切断(ギャと悲鳴)。僅かでも電源を消費したくないと頼りにしていた伏兵がここでまたいなくなったのである。
山中温泉から隣県の福井県永平寺までの道のりが、再度のアクシデントで何千キロにも遠く感じた。だがこの永平寺を周れば、その先(天龍寺)で初対面の真知子さんが待っている。私の都合で30分もかけこの天龍寺まで来ていただいている。
天龍寺は金沢からずっと随行していた門人北枝(ほくし)と惜別の場所でもある。真知子さんとは40分ほどの時間しかなかったが、芭蕉が大好きだったおろしそばで短い時間を愉しませていただいた。
仙台に帰って真知子さんの印象は、とよく聞かれる。
私の日記には「門前で佇んでいると、ワインレッドの車体が近づいてきた。VOLVOと冠したエンブレムが秋の日を跳ね返している。挨拶もそこそこ、お時間がないので近くのお蕎麦屋まで車でいきましょうと真知子さんがはにかみながらいう。分厚い助手席のドアをあけると、甘い香りが鼻孔をくすぐった。オーディオからは静かに曲が流れている。私の好きな演歌である。その歌声がまるで真知子さんと聞き違えるほどよく似ていた」。この文章から真知子さんをご想像ください(笑)。
写真・紅葉に染まる永平寺。天龍寺で2ショット、背景は芭蕉と北枝像。そして遠く右には庭掃除をしている蛾次郎(笑)が写っている。

2015年11月19日 (木)

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅4」

Img_8393                                                                                                                                          
Img_2176
                                                                                                                                            Img_2171                                                                                                                                          

iMacをホテルに置き忘れたことに気がついたのが早かったのか、それは何事もなく自宅へ輸送とあいなった。しかし記録そしていろんな役割を担っていた秘書を失い、これからの道中はたと困ってしまった。
ただ立ち止まっている時間はない。五感をフルに震わせアナログ人間への変身を覚悟しなければならなくなったのだ。A4ノートを膝に広げ、信号で停止する僅かの時間をみはからってはメモを書きなぐるというしまつ。あっぱれ。
当日は200キロの道中7ヶ所芭蕉の痕跡を探すことになっていた。さらに途中Facebookのオカリナ女王と福井で初対面する約束まで組み込んでいた。
未知の地を走る不安と緊張。静電気を起こした下敷きに、髪の毛が飛び上がったが如く五感が立ち上がるのがわかる。
いつのまにか山の中に迷い込んだ。山中温泉(石川県)である。江戸深川を出発し、長い長い旅路を同行してきた河合曽良とここで別れる運命の地でもあるのだ。
写真:温泉街で見つけた「芭蕉」という喫茶店。昭和38年から46年まで山中温泉と大聖寺駅間を走っていたしらさぎ号(道の駅構内)。山中温泉外れにある道の駅。

2015年11月18日 (水)

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅 3」

Img_8367                                                                                                                                            Img_8380                                                                                                                                              Img_8376                                                                                                                                             

市振(いちぶり)の関所(新潟県)をこの目で確かめるとレンターカーを借りた上越妙高駅へと戻った。再度北陸新幹線に乗るころには辺りは漆黒の闇に染まっていた。
金沢では芭蕉を慕う加賀の門人一笑(いっしょう)に会うことを愉しみにしていたが、1年前に36歳の若さで亡くなったことを知り愕然と肩を落とした。
芭蕉の重い心を引きずりながら翌日早朝、またレンターカーを借り金沢から高速を飛ばし小松市(石川県)にある多田神社へと向かった。
この神社には戦国の武将斎藤実盛(さねもり)の兜がある。73歳にして生涯を戦いに生きた実盛に思いを馳せ、芭蕉はわざわざ訪ねたところでもある。
賽銭箱にお金を投げ入れ、鈴を鳴らそうとすると突然爆音が降ってきた。小松空港から離陸したばかりの飛行機が頭上をかすめていったのである。
そのときである。突然頭を殴られる思いを覚えた。同行の秘書を金沢に置き忘れてきたのに気がついたのである。我が生命、iMacの行方は。
写真・多田神社(石川県)。

2015年11月17日 (火)

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅 2」

Img_8350

Img_8311                                                                                                                                            Img_8300
 
松尾芭蕉はなぜ旅にこだわったのか。
それは安住した日常生活からの離脱である。旅は愉しくも辛いものである。その辛さから美を生み出すためであった。
私が最初訪れたのは新潟県の「市振(いちぶり)」である。芭蕉の歩いた道はほとんど観光地ではないため、レンタカーで探しあるくという辛さが待っている。
昔の市振は親不知(おやしらず)という崖っぷちを乗り越え、まさに艱難辛苦の旅路であった。それを乗り切ると小さが漁村市振がある。関所地でもあって芭蕉と曽良はその地で東北や上越の旅を振り返りながら疲れを癒やしたのであろう。
「一つ家(や)に遊女も寝たり萩の月」。
宿泊客に伊勢神宮に向かう遊女が泊まっていた。この先不安にて、ご一緒させてくれませんかと懇願された芭蕉であるが、私にはこれからやらなけべならないことが残されている、と丁重に断った。
後ろ髪を引かれるおもいでその地を去った芭蕉と曽良だが、どんな心境だったのだろうか。
写真・日本海に面した親不知(おやしらず)。市振の町。芭蕉が宿泊した「桔梗屋跡」。
 

2015年11月15日 (日)

今日の朝撮り 「おくのほそ道・北陸の旅1」

Img_0002                                                                                                                                             Img_2190

 
旅先でこんなものを見つけた。
「旅に出ます。探さないでください」。
そんわけで旅立ちの様子をこのFacebookでアップしたものの、その後の様子は梨の礫となっていた。
タイムスケジュールをつくったのはいいが、旅先ではなにが待ち受けているかわからない。
トラベル(旅)はトラブル、困難という意味もあり語源がトイル、苦労という。
案の定過密なスケジュールにつき、トラブルが何度も押し寄せてくる。とうとうSNSへの日々の書き込みはできずじまい。
そんな不自由さがあるから旅は面白いのかもしれない。
326年前、旅に出た松尾芭蕉はいったいどんな思いでどんな旅をしたのだろうか。
興味が湧いてやまない。そんな様子を何回かに分け記してみたい。
写真・山中温泉で見つけた箸と我が先祖! 前田利家壱億円札。芭蕉と北枝(ほくし)像前にて(撮影・〇〇◯ちゃん。のち登場か)。

2015年11月 9日 (月)

今日の朝撮り 「人はなぜ旅をする」

Photo

 
Img_0005                                                                                                                                          
まったくお金の匂いのしない人生をおくった松尾芭蕉。にもかかわらず大勢の人に愛され尊敬されたのだろうか。
そんな人柄が「おくのほそ道」から読み取れる。
おごり高ぶった様子はなく、太陽より月、勝者より敗者、メインより裏通りにと目をむけそこから美しさを紡ぎだしていた。
初めて見えてくる人情、さまざま土地の美しさ、それは旅よってしか得られないものと信じてやまなかった。
「月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり」。
過ぎ去る時間も、人の一生もすべて旅のようだ。無常の中に潜む美と真実を追い求め新たな詩的境地を目指した芭蕉、そんな思いに触れられればと、金沢(石川県)、福井・敦賀(福井県)、大垣(岐阜県)へと今年最後の旅へ行ってみることにした。
仙台からぐるり2、000キロの旅。
写真・絵「芭蕉と曽良」。旅資料。

2015年11月 7日 (土)

今日の夜撮り 「原 点」

Img_2112                                                                                                                                           Img_2111

仙台の街の意外な場所で絵画や陶芸等の作品展が開催されている。

以外な場所とは泉中央駅近くのパチンコ店マルタマさんである。

なぜ、パチンコ店で。

「 近年その“ギャンブル性“がより一層高まっているパチンコですが、マルタマ様は昔ながらの”娯楽”とし ての位置づけに今一度立ち返りたいという思いを長年強く持たれています。 仕事帰りのお父さんが純粋にパチンコを楽しみ、袋一杯のお菓子を子ども達に持ち帰る・・・。そんな古 き良き時代の、地域の遊び場であったパチンコの「原点」に戻りたいと同社代表の竹田氏」。情報誌『りらく』編集部案内文書から抜粋。

そんな思いの武田社長さんの趣旨に心動かされた情報誌『りらく』さんとタイアップで開催されている。ここに展示される作家は過去に『りらく・MONO創り人』のコーナーで紹介され人で、昨年からスタートし人気を呼んでいる。

今月15日までは私の作品を紹介してくださっている。お近く行かれた際はどうぞお立ち寄り、ご覧ください。

写真・店内案内ポスター(顔写真10年前)と展示作品。   

2015年11月 4日 (水)

今日の朝撮り 「大人の階段」

Img_0003

 
年賀状も発売されどこかせわしない季節がやってきた。
年と年度末の切り替えがあるが、やはり年の入れ替わりがどことなくしっくりくる。
2013年4月から連載させていただいてる情報誌『仙台っこ』さんを今年で卒業し新年からは心も改め大人の情報誌『りらく』さんの連載を受け持つことになった。
本誌は今年創刊200号を迎え5万部を発行する人気情報誌(税込み500円)である。
この絵の道に入って15年目を迎えたが、新聞等を含め絵とエッセイの連載を15年間欠かしたことがない。これもみなさまがたの温かい支援のもとでのことと感謝している。
締切に追われる日々であったが、ぐーたらな自分を奮い立たせようと私が20代のとき逝った父がそうさせているのかもと思うとまだまだ頑張らねばと気持ちがたってくる。
是非高購読願えれば嬉しい。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)