« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月28日 (木)

今日の夕撮り 「連載、はやぁ2ケ月目」

P1290025                                                                                                                  

お正月から始まった大人の情報誌『りらく』2月号が、留守宅に届いていた(毎月28日発売)。

連載を持つと季節があっという間に過ぎ去り、もう頭の中は4月号の原稿でいっぱい。

今回のテーマは旅先での失敗談。またこの2月号では「旨い! 熱々味噌ラーメン」と「温泉宿」の特集が組まれている。

是非お手にとってご覧ください。

ラジオでもCMが流れていますが、各書店、スーパー、コンビニエンスでお求め(税込500円)になれます。

*各地からお問い合わせいただき、年間契約をしてくださった方々にこの場を借り御礼申し上げます。

2016年1月26日 (火)

今日の朝撮り 「脳の食事」

P1260002

                                                                                                                      
Img_2469_1
                                                                                                                      茂木健一郎さんの本を読んでいて、これだと膝を叩いたことがある。

「幸せ脳というのがある。幸せを保つためには新しい事を知ったとき」。なにか頷ける。

ライフワークとして松尾芭蕉を調べているが、新しい事を発見するごとに脳が喜んでいることに気づいた。

いま学ぶことに興味を持ち始めた方が富に増えた。最近のブームはブラタモリではないが、地図を片手に身近な地域の過去を知りたく歩く方が増えた。

各講座も人気だ。 

私もここ最近、各地域で2回ほど受講したが超満員。そのほかの講座も申し込みたくトライしたが、すべて満員で受講できずにいる。

先日の講座は30代から80代までびっしり。目を輝かせてメモを取っている姿が眩しいほどであった。

こちらまで熱くなるのを覚え、佐藤一斎の「壮ににして学べばすなわち老いても衰えず」の名言が口をつく。

 

2016年1月19日 (火)

今日の朝撮り 「石絵チャリティー展開催中」

P1200005_8

P1200007
P1200008
P1200006

大寒も近い昨日(18日)、本格的な遅い冬がやってきた。仙台では一時14センチも積もった。

仙台市にあるカフェ&ギャラリーガレでは「よみがえれ雄勝作家61人展によるチャリティー石絵展」の後半の部が開催されている。

震災被害地雄勝の復興と子供たちの健全育成を願って取り組んだ「中学生と作家たちの石絵展(昨年開催)」の第二幕として行われているものである。

作品の売りあげの一部は震災で親を亡くした子供たちに寄付される。1月30日(土)まで。

22日は、この雄勝石を使って東京駅の屋根を葺いた佐々木信平氏(瓦スレート職人)が来店する。

2016年1月15日 (金)

今日の朝撮り 「節目」

Img_8755 

Img_8776                                                                                                                     Img_8769                                                                                                                      仙台の伝統行事「どんと祭」が昨日(14日)行われた。仙台市内にある大崎八幡神社には115団体約3000人が恒例の裸参りに参加した。

昨夜はいつもの冬とは違い暖冬とあって、「含み紙」をかみ締め参道の階段を上ってくる参加者にも余裕が感じられた。

私は午後8時半ごろ訪ねたが、参道に行くまでにも人だかりでなかなか前に進まない。ようやく正月飾りを護神火に投げ入れ、無病息災を祈ることができた。

これを機にさあ今日から来年掲載用の絵に着手しよう。と言っても私の心はもうすでにヨーロッパ取材のことで頭がいっぱい。

2016年1月 1日 (金)

今日の朝撮り 「新年のご挨拶」

6_2_1                                                                                                                       

「新しき 年の初めの初春の 今日(けふ)降る雪の いやしけ吉事(よしなごと)」。万葉集・大伴家持(おおとものやかもち)。

新年に降る雪は吉兆とされていた。「いやしく」とは、ますます重なるという意味。初春に積もる雪のように「吉き事」が重なって欲しい。

皆様にとってもそんな思いで、2016年を迎えられた事でしょう。どうぞSNSの皆様に取って、大伴家持の歌のよう良き年でありますよう、ご祈願申し上げます。

                                                             

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)