« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月28日 (月)

今日の朝撮り  本日発売大人の情報誌『りらく』

P3280003

                                                                                                                      東京の桜の便りを乗せ、26日北海道新幹線が走り出した。

計画から43年を経て、遠かった北海道も仙台からは2時間30分で結ばれた。

東北人にとって北海道は人気スポット。また北海道の人にとっても、東北の中心地仙台がことのほか人気というから嬉しい。

仙台の桜の開花予報は4月10日前後。その日を待ちきれないとばかり早々と『りらく』は桜が満開。

同郷山形出身の写真家大沼氏が撮った桜特集は格別。一足早い桜見を誌面で堪能させていただいている。

今回掲載の絵は、アムステルダム中央駅。それにおバカ旅道中のエッセイを添えさせていただいた。

次回は機上で原稿が書けたらと思っていいる。杉原千畝が発給した命のピザ、そのリトアニアを取材予定。

2016年3月26日 (土)

今日の朝撮り 「オリジナルマグカップ在庫切れ」

P3250007                                                                                                                      P3250012

                                                                                                                       絵本から飛び出した「どこいくの」「キリンと猫」のオリジナルマグカップが発売と同時在庫切れとなりました。

ネットで申し込まれておられる方は、次の入荷は4月始めとなります。しばしお待ちください。

なお、仙台市内「青葉画荘」さんには多少の在庫がございます。

2016年3月22日 (火)

今日の朝撮り 「Myグッズに新商品追加」

P3220153

                                                                                                                  P3220152
                                                                                                                 Getimage                                                                                                                  P3220149                                                                                                                   P3220150                                                                                                                   Getimage2                                                                                                                  このほど「愉しくなくちゃ 絵ではない」シリーズとしてフィンガー・ピクチャー(指絵)「キリンと猫」と「どこいくの」のマグカップを発売。

フィンガー・ピクチャーとは、いままでの私の水彩画とは異にし、タブレットに人差し指一本で描き込んだもの。それに着色した。

筆と違い繊細な描写は難しいが、はみ出した線が妙に面白い味となり図画持参(自画自賛の一歩手前)。これでまた一つグッズが増えた。

のちインターネットminne(ミンネ)でも発売予定だが、その前にこのSNSで初公開。

特別価格(税、送料込)として「キリンと猫」と「どこいくの」1個2、800円(ミンネでは送料500円相当含め3,500円を予定)。二個5,000円とさせていただく。

お問い合わせ及びご希望の方はメールでよろしくニヤーン。

写真・試作マグカップと完成絵柄。

2016年3月15日 (火)

今日の朝撮り 「東京駅の次は仙台駅・復興の石絵」

P3140118                                                                                                                               P3140055
                                                                                                                             P3140065

P3140103_2

                                                                                                                                                                                            P3140116                                                                                                                                                                                        

我がボスこと石絵作家斎藤玄昌実さんの石絵が仙台駅に設置された。昨日(14日)その除幕式を取材した。

白い布で覆われた石絵「漂白の旅人 芭蕉」は、MCの合図とともに顔を現した。

会場には数え切れないほどの報道陣と観客が詰めかけ、さながら芸能人の記者会見のよう。

斎藤さんの壁画(石絵)は震災翌年から、東京駅にも飾られている。仙台駅は新幹線中央改札口脇に飾られ、仙台駅の新しい待ち合わせ場所ともなる。

写真・横3メートル縦2メートル(36枚の石で組み合わせられている)。撮影、文・前田優光。

今日の朝撮り 「井上ひさし展」

Img_2668

Img_2667

井上ひさしさんは仙台文学館の初代館長である。その井上さんが大学進学で上京したものの自信を喪失し、お母さんの住む釜石に一時身を寄せていた時がある。

そのとき地元の図書館で江戸の時代戯作「黄表紙」に出会った。それから江戸物を書き描くことになるのだが、今回の作品展はその江戸時代を舞台にして書かれた小説、戯曲等を展示している。井上さんといえば、作品を仕上げる前のあの緻密な資料作り。丸い字で時系列にまとめた資料は逸品。赤穂浪士を書いた『不忠臣蔵』、や伊能忠敬の『四千万歩の男』の生原稿も必見。

自分の頭を整理するときにいつも私の参考書となっている。
仙台文学館、4月10日まで。

写真・井上さんが講演会などの前、エネルギー源としてこれを食べていたという。ネギそばとずんだ餅。特別メニュー800円。

2016年3月11日 (金)

今日の朝撮り 「私の見た被災地 巡礼の旅」

1_4


1_5

あの時のことを覚えているだろうか。

食べものがない、トイレがない、水、電気、ガスすべてない。

「感謝の言葉の反対は」と自分に問うとすぐ答えが出てこなくなっていた。答えは「あたりまえ」。

日常が一番であることを忘れてしまっているのだ。あの時は感謝がいっぱいあった。

作家の角田光代さんが読売新聞にこんな言葉を寄せていた。

私しが訪ねると「忘れないでくれてありがとう」と言葉が返ってくる。恐怖や不安や、罪悪感に似た無力感、それらを忘れることではなく、忘れないことこそ、旅人でしかない私がかかわることのできる復興の一つなのかもしれない。

と結んであった。

私もそんな旅人でいよう。

写真=震災の翌月からバイクで訪ねた被災地の記録。走行距離7000キロ。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)