« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月30日 (火)

今日の朝撮り 「成長は望んだ人にしか訪れない」。

P8290008_2                                                                                                                   

8月は例年にない台風の襲来で終わりそう。

カレンダーは今日、明日をめくるともう9月。9月は翌月の東京個展を控えているため、台風のごとくあったいう間に過ぎていくことだろう。

でも私の頭の中は11月12月号の原稿のことでいっぱい。早め早め準備をしているつもりであるが、書いては消し書いては消しての繰り返しばかりで一向に頭の中はすっきりしない。

そういえば11月は1時間30分のトークの依頼もあったけ。ゆっくりしたい気持ちもあるけどで、だがそれは私の性分でない。

昨日88歳の現役モデル、ダフネ・セルフさんの本を買った。飛び込んできた言葉に、背筋が伸びた。

「ゆっくりするのは、お墓に入ってからでいい」。

朝撮り 題名はそのダフネ・セルフさんの著書から。

写真・連載、大人の情報誌「りらく」。毎月28日発売。

2016年8月25日 (木)

今日の朝撮り 「島をビタミンカラーに」。

1_1

                                                                                                                      
P8240002_2
 

東日本大震災前に松島の浦戸諸島を新聞連載で紹介したことがある。

その記事を見てくださったことが縁で、内海友子さん(海と花の物語代表)と知り合った。その島は内海さんの旦那さんの実家のある島である。

そこが先の津波で流されてしまった。のち、なにもなくなった島に花を植えようと内海さんが立ち上がった。

私もその島に植える球根をネットで募ったり、また二度ほど島に行ってお手伝いをさせていただいたことがある。

内海さんは震災直後から時間あるごとボランティアと共に足しげに島に通い続けた。そんな活動が実って、今回ガーデニング誌『BISES(ビズ)8月号』に大きく紹介された。

この秋には野々島の塩竈市立浦戸小中学校に球根1万個植えて島をビタミンカラーに染める。

2016年8月11日 (木)

今日の朝撮り 「山の日」。

Photo

                                                                                                                                                           P8110039

11日は新しい国民の祝日「山の日」。

「海の日」に対抗し生まれたのだろうか。

スキー以外山には登らない私であるが、なぜか深田久弥著「日本百名山」(新潮文庫)は持っている。文章がうまいからだ。

年々山のフェンが増えてきているというが、一味違った「日本百低山」(文春文庫)も人気という。健康を兼ねたジョギングのつもりで登るのだろう。

郊外の空気を胸いっぱい吸いたい気持ちはあるのだが、このところ机に座っている時間の方が多く好きなバイクも乗ってない。

仕事の隙間を縫って最近買いためた本の山を少しずつ踏破していこうと思うのだが、なかなかそれも実現できずにいる。

絵・山形新連載時掲載した庄内地方。月山裾野。絵には描いてないがその遠くには鳥海山が鎮座する。いずれも「日本百名山」。

2016年8月 2日 (火)

今日の朝撮り 「待てば海路の日和あり」。

Img_3459

 

P8010033

早いもので福島の個展も今日が最終日。

個展は人と人との結びつきをしてくれる大事な出会いの場。

知り合いを頼っての個展はたやすいが、まったく知らない土地での活動はこれからの人生に大きな自信となる。

相田みつをの言葉は私の原動力。知り合いばかりに媚び売る活動は早く卒業し、大海原にで勝負することが大事。それが本当のアーティスト。

日々先の読めないこの活動、どこか地図を持たず旅をしているよう。それがなんとも心地よく満ち足りた気分になる。

最終日の今日、どんな景色が待っているか愉しみだ。

福島からのライブ読んでいただいた皆様方に御礼申し上げます。

「ヨーロッパ街と村 小さな旅・前田優光水彩画展」本日最終日。

中合福島(百貨店)7F工芸サロン。午後4時まで。

2016年8月 1日 (月)

今日の朝撮り 「連載誌発売」。

P7310018

毎月28日発売の大人の情報誌『りらく』が、福島の個展会場に届けられた。

連載「つれづれなるままに」の今回の絵は憧れの地、クロアチア・ドブロヴニク。エッセイは旅につきもののアクシデントを赤裸々に書き綴った。

本誌特集は梅雨明けにふさわしい「夏にうれしい冷たい麺」。各書店、スーパーコンビニで好評発売、500円。

「ヨーロッパ街と村 小さな旅・前田優光水彩画展」中合福島(百貨店)で開催中。2日まで。

今日の朝撮り 「生きていくこととは」カンフル剤

P7310016_1

つい先だって亡くなった永六輔さんの名言が心に残っている。

「生きていることは 誰かに借りをつくること 生きてゆくということは その借りを返してゆくこと」。

私もずっとそんなことを感じながらこの仕事をしてきた。被災地の支援活動や伝えていかなければならない事のトークもその一環であるる。

絵は生きていくためにはまったく関係ないもののように見えるが、人間には音楽と絵が大きな効果をもたらしている。

折れた心では人は何事も頑張れない。その心を修復してくれるのが、音楽と絵。隠れたカンフル剤でもある。

取材に来てくださった新聞記事を見て、多くの方が心の癒しを求めてきてくだされば嬉しい。

写真・掲載紙と絵本から飛び出したマグカップ。

「ヨーロッパ街と村 小さな旅・前田優光水彩画展」中合福島(百貨店)。来月2日まで。

Facebook7月31日より。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)