« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月30日 (日)

今日の朝撮り 「東北大学で文学を愉しむ」。

Img_4171

Img_4170

夏目漱石没後100年企画、「東北大学ホームカミングデー」に参加した。

講演は東北大教授の長谷川公一さんと仙台文学館の赤間亜生さん。そして基調講演は脳科学者の茂木健一郎さん。

各人から約3時間にわたって、夏目漱石の魅力を語ってもらった。

この読書週間にちょうど読み返している漱石の『こころ』、その中に「先生と私」というのがあるが、先生を慕って追いかける私(主人公)を茂木さんは現代のストーカーと表現したのにはふと笑ってしまった。

東北大には漱石の蔵書3000冊があることを知ったのはここ最近。何故? と疑問を持っていたがそれは漱石のまな弟子だった哲学者の小宮豊隆(当時東北大図書館長)との縁から実現されたものという。

小宮豊隆といえば斎藤茂吉と山寺の蝉論争が思い出される。芭蕉の読んだ蝉は何蝉か。アブラゼミかニイニイゼミかである。さて軍配は。

2016年10月29日 (土)

今日の朝撮り 「貴腐ワイン」。

Img_9542


Photo
Pa290002

つい先達てまで暑い暑いといっていたのに、届いた雑誌はもう晩秋へと変わっていた。

11月号の大人の情報誌「りらく」は新蕎麦の特集。

蕎麦どころの山形県は私の故郷。蕎麦好きは千里を走るという諺があるが、蕎麦街道はそんな蕎麦好きをうならせる美味しい店が点在している。

絵の白い花は蕎麦の花。レトロな建物が軒を連ねる銀山温泉へ向う途中の景色。もう一点は蕎麦街道が走る大石田近郊。斎藤茂吉が愛した町でもある。

一方山形は蕎麦の他にワインも有名である。今月の私の連載記事はドイツのリューデスハイムの「ぶどう畑」。

ちょうど今頃だっただろうか。貴腐ワインの甘い匂いが今でも鼻に残っている。

写真・山形の風景(2枚とも山形新聞連載記事絵)。大人の情報誌「りらく」11月号。

2016年10月27日 (木)

今日の朝撮り 「愉しくなくちゃ 活字じゃない」。

Pa260024 今日から来月の9日まで「文字・活字文化の日」である。今回の標語は「いざ、読書」。 今時の大学生は文章を書けないというが、一方では「ビブリオバトル」が注目され読書の楽しみを知った子供達が増えている。 これは複数の人が本を持ち寄り、その本の魅力を語る。それを聞いて「読みたくなった本」に一票を投じるというコミュニケーションゲームのようなものだ。 本がもたらしてくれる感動を語り合い、さまざまな考え方に触れることができる。読書の楽しみやまたどれを読んだらわからないという人にはうってつけのものである。 千円前後で、体験できないことや豊富な知識が得られるのが本だ。まるで宇宙食品のようなもである。手間かけず栄養を補給できるのだ。 私のお勧めは今話題のアドーラ心理学。これを岸見一郎氏がわかりやすくまとめてくれたもの。ユングやフロイトを読んでいた私は、どこか喉越しがすっきりし、霧がかかっていた訳のわからないストレスが小さくなっていくような気がする。 この本は心理学というより哲学である。分かりやすい答えを見つけるのではなく、答えを導きだすプロセスを楽しむ本でもある。 「ラクなことはすぐ飽きる」。じっくり読書楽しみにたい季節がやってきた。

2016年10月24日 (月)

今日の朝撮り 「危険を超越した悦楽バイクとは」。

132

Img_4143

Img_1961

Img_4148_1


子育てが終わって自由な時間が出来てきたシニア層のバイクへの復活(リターン)。そして革ジャンを着てポニーテールで疾走するバイクに憧れ増えだした女性ライダー。

昔と違いバイクの性能も向上そして排気量も大きくなり、ますます魅力あるマシーンが増えだした。
バイクの楽しさは、その大きなマシーンを操縦する魅力と風を切って大地を走る爽快さがたまらない。
操縦するたび五感はフル総立ちし、そのことによって日々のストレスが一気に風ととも去っていく、それもバイクの魅力なのだ。
それには技量が伴わないと危険なスポーツでもある。
昨日、今年のライーダーズ講習会に初めて参加してきた。この講習会は公道では練習できない、テクニックを研磨することができる。スラロームや小回りターンなど、熱心な指導員のもと身体で覚えることができ実に勉強になる。
普段怖い白バイのお兄さんたちと談笑しながらの練習も、ここでしかできない楽しい時間。
とうとう暴れすぎ、またやってしまった。立ちごけである(笑)。クラッチレバーがポッキリ。前回はブレーキレバーを。
立ちごけの多い私は予備の左右のレバーを常に持参している。これは是非お勧め。

写真。ヨーロッパでは週末になるとマルクト広場に大勢のライダーが集まる(ポーランドで撮影)。昨日の講習会風景。私と同じ型の白バイにまたがる私(昨年撮影)。その他。

2016年10月21日 (金)

今日の朝撮り 「残り少ない2017年カレンダー」。

Pa210008

東京個展会場を皮切りに販売した2017年「前田優光メルヘンの世界」カレンダー。

今年は国内編。

東京、函館、新潟そして東北6件を盛り込み14枚の絵で構成されている。

CD同様のケースに入れ、卓上用としてつくられた。テーブル、机の片隅に置けるため邪魔にならず、そのうえ小さな装飾品としてピッタシと好評。

このカレンダーには日の吉凶を表す六曜(大安、仏滅など)が記されているため、日本人としてのおもてなし精神も織り込んであるため、使い勝手が良いと毎年重宝がられている。

ダンボール二つにして送られてきたが、既に在庫4分の1しかなくなった。

まだ多少の余裕はございますので、ネットでもお分けいたします。

定価、1,000円(税込み、送料無料)で販売いたしております。

ご希望の方はメールにてご連絡ください。

2016年10月18日 (火)

今日の朝撮り 「新聞コラムにて」。

Img_4123

Pa180034

我が愛する雑誌、大人なの情報誌「りらく」。

昨日の夕刊コラムに名誉編集長の浅井宣夫さんが紹介されていた。我がことのように嬉しい。

浅井さんとの出会いをいまでも鮮明に覚えている。私がこの世界に飛び出し、小さなショーウィンドーで作品展を開催している時に尋ねてきてくださったのである。それ以来お付き合いをさせていただいている。

私からみた浅井さんは「とと姉ちゃん」の花森安治編集長でもある。浅井さんから言われた言葉は今でも大事にし、私の抑止力にもなっている。

「あなたは何様、と指をさされることは慎みなさい」。

これは、自分が自分がとおもてに出すぎることは控えなさい。コツコツといい仕事をしていればきっと誰かが見ててくれるよ、と愛情に満ちた言葉と私は受け止めいまでもその言葉を胸にしまい込んでいる。

写真・コラムで紹介された10月号と我が連載記事。

2016年10月16日 (日)

今日の朝撮り 「15年振りの再会」。

2

Pa150005
Pa150026
Pa150030

パーティーの酒が残っていたこともありしばらくは躊躇していたが、この貴重な秋晴れはじっとはさせてくれなかった。

自宅を飛び出したのは昼近く。秋の日はつるべ落としとあって、短時間で回れるコースを設定。それも普段あまり走らないコースを選んだ。するとこんなこともあろうかという景色に出会った。

絵を始めた頃スケッチした場所が分からず、諦めかけていた景色が目の前に突然現れたのだ。15年振りにもなろうか。だが山の名前がわからない。もどかしい気持ちでその近辺を走っていると、奇妙な店に出会った。洋館にそば処という看板が出ているのだ。店先にバイクが止めてあったことも心が動いた。白い洋風の扉を開け入っていくと、丸い顔をした店主が笑みを浮かべ向かい入れてくれた。

この店の売りは、おろし蕎麦という。その大根を見せてもらった。20センチほどの大きさで、ごろっとした赤い大根であった。それをタップリ入れ、大きな音を立てすすると口の中がその辛さで一瞬だまりこんでしまった。がその後甘さがふんわりと広がった。美味い。

帰りしな店主はわざわざ見送りに出てくれた。バイク談義をしたかったのだろう。ついでに先ほど見た山の名前を聞いた。「大東岳」と教えてくれた。短時間で密度の濃い、特別な時間を過ごしたかのたような秋のツーリングであった。

2016年10月15日 (土)

今日の朝撮り 「出版パーティー盛大に」。

Pa150033

Img_4103_2

Img_4112

Img_4115

昨夜、画家小野寺純一さんの出版記念パーティーに招待され参加。

昭和の古い町をメルヘンタッチで描く小野寺さんのアクリル画は多くの方に親しまれている。

200人もの大パーティーは、芸能界並みの盛大なものであった。

宮城県知事、仙台市長の祝福を受けての小野寺さん終始満面の笑み。新聞社社長、経済界、テレビ局関係者、アーティストと会場はおお賑わい。

今月下旬には藤崎(百貨店)で出版記念展も開催される。

写真・新刊『あの日 電車通りで』。会場風景。言葉のアーティスト・渡辺祥子さん。画家・まりなちゃん(撮影お母さん)。

2016年10月12日 (水)

今日の朝撮り 「2018年は銀座で」。

Fullsizerender_3                                             

Pa080065

ウクライナのオルガさんは福の神だったのか。

最終日閉店間際まで飛び込みのお客さんが絶えない。搬出の最中にもこの絵が欲しいと2枚買ってくださったお客様があったりと、信じられないことが沢山あった。オルガさんは仙台四郎ならぬ麻布四郎に思えた。

このギャラリーで麻布十番で個展をするのも来年で終わり。閉店になるのだ。その後はまた銀座に戻る予定。その打ち合わせを兼ね昨日は銀座で時間を過ごし、仙台に着いたのは夜遅い時間となってしまった。

それにしても東京の皆さんには大変お世話になった。ここで改めて御礼を。

写真は新しくなった銀座のソニービル。そして福の神オルガさん。私に英語とロシア語でメッセージを書いてくれた。そして物語のいっぱい詰まったプレゼントを沢山くださった。夢を見ていたかのような楽しい個展、感謝感謝。

声援してくださった方々にも合わせて御礼を。ありがとうございました。

2016年10月10日 (月)

今日の朝撮り 「麻布十番での水彩画展、本日最終日」。

Pa100092

    Img_0100                        

Img_4076_3

早いもので本日が個展の最終日。

1時間2時間かけてきてくだった方も沢山おられた。

例年のごとく飲み会も多い。今回も毎日出歩いた。今年はほとんどが新しいお店と新しい方々の飲み会。

どの仲間も愉快で、来年の飲み会の日にちまで決まってしまったほど。

絵は魔法の扉。世界の人々と、いとも簡単に心を通じ合わせてくれる潤滑油。昨日は美人二人を含めての宴会。英語、日本語、ロシア語が飛び交う楽しい宴。今日は新橋での飲み会が入っている。

明日は銀座で打ち合わせをし、画廊巡りをした後帰途につく。声援を送ってくださった皆様方に御礼申し上げます。

写真・きみちゃん像(赤い靴のモデル・麻布十番パチィオ通り)と素敵なカフェ。

2016年10月 9日 (日)

今日の朝撮り 「ここは何処!」。

Pa080056                                                                                                                                                         

Fullsizerender_2

今朝は芝公園付近をジョギング。

東京タワーの天辺がにわかに霞み始めた途端、大粒の雨が降ってきた。雨雲をタワー先端が破ってしまたのだろうか。

昨日の来客は日本人より他国の方々の方が多いほど。ガラス越しに覗いているのも金髪の可愛い子供達。いったいここは何処と考えてしまうことがある。

発売した来年のカレンダーも好評で50部は売れただろうか。ヨーロッパから日本の四季にしたことが良かったのか。

夜は映画評論家のSさんや東ヨーロッパからきた超美人のOさんを交え、東京の夜のひととときを過ごさせていただいた。感謝の日々。

2016年10月 8日 (土)

今日の朝撮り 「1号! 2号じゃダメなんですか」。

Img_4027                                                                  

P9300044                                                                                     


オリンピック・パラリンピック会場候補と浮上した宮城県長沼ボート場前は県道1号が走ってる。

そこを先日ドオートバイで走ってきたが、今朝はその親分肌の国道1号線をジョギングしてきた。

「2位じゃダメなんですか」といった国会議員がいたがやはり「1」はなんともスリムで美しく見えるから不思議。

でも自分はやはりナンバーワンではなくオンリーワンでいければと願っている一人でもある。今日もオンリーワンの自分を見ていただきたく個展会場でお待ちしています。

2016年10月 7日 (金)

今日の朝撮り 「百花繚乱の花」。

Img_3996


Img_4006

飲み会と、朝のジョギングが日課になっている東京での個展。

早いもので三日が過ぎた。昨日のジョギングは知人女性記者のいるテレ朝付近。

今朝は40歳を超え慶応大に入ったS子さんの大学前をぶらり。

昨日訪ねてきたTさんは元国際線CAで早稲田卒、不思議に昨日は慶応、早稲田に縁のある仲間ばかりが訪ねてきた日であって画廊の中は百花繚乱の花が。

夜は作家の野村路子さんと一献、高齢にもかかわず宮城の浦霞をグググとコップで二杯。ちなみに野村さんも早稲田卒。

写真・テレ朝と慶応

2016年10月 6日 (木)

今日の朝撮り 「世間は無辺の学校」。

Img_3985_1

連日飲み会と食事が続いている。

昨夜は老舗・永坂更科本店でご馳走になった。お相手は理学博士の溝尾良隆名誉教授。奥様ときていただいた。

溝尾先生とはリトアニアで知り合いそれ以来懇意にしていただいている。著書も多く各地に多くのフェンを持っている。

各地のうまいものを食べつくしていることもあって、オススメの料理は舌をまくほどの美味しさ。飲める酒も進む。

今日は作家の野村道子先生に誘われている。

一線を越え何かに取り組んでいる方の話は興味深い。また感じ方の芽になる。「世間は無辺の学校 会う人すべて教師」とはよくいったもの。それが本物の教師となれば。

Twitterでは逐次情報を流しています。ご覧頂ければ幸い。

2016年10月 5日 (水)

今日の朝撮り 「東京個展・初日」。

Img_3971_1

Img_3961

台風18号が接近しているが、今朝の東京はまだ青空が広がっている。

今朝のジョギング、仙台坂、大黒坂、七面坂巡り。この辺は元麻布となっていて各国の大使館が林立。韓国大使館前は特に警備が厳重で警察官が多い。近隣の交差点にもたくさんの警察官が立っていて走っていても緊張。

初日蓋を開けると同時、二枚の絵がお嫁に行ってしまった。午後からは買い物帰りのオルガさんが「まえーださん、こんにちは」と笑顔で入ってきた。オルガさんは日本にお嫁に来て3年になる。いつも私のところに来ると1時間以上話し込んでいく。とっても明るく笑顔が綺麗。アフリカに旅立つ前、訪ねてきてくださったツアーコンダクターの松平さん三人でハイポーズ。

18号の台風、今日はどんなお客さんを運んできてくれるのだろうか。

Twitterでは逐次情報を流しています。ご覧頂ければ幸い。

2016年10月 4日 (火)

今日の朝撮り 「東京個展・スタート」。

Img_3948

Img_3953

Dm_1

恒例の東京での個展が今日からスタート。

まずはいつものコースをジョギング。

昔勤めていた役所の東京庁舎。大理石で作られた玄関はいまもって堂々としていた。

東京タワーをぐるり回るジョギングはなんとも爽快。

麻布十番ギャラリーモナでの個展は10日まで。抜けるような青空30度まで気温が上がるとか。機運も上昇。

時間の許す限りTwitterで情報を流したく思ってる。

2016年10月 2日 (日)

今日の朝撮り 「復興五輪・バイクで訪ねる」。

Img_3919_1

P9300004
P9300042_2                                                                                                                        

突然浮上した東京オリンピック、ボートとカーヌー・スプリント競技会場の宮城県長沼ボート場。

この地は国際競技団体の基準に適合し、復興五輪にベストな案として注目を浴びている。長沼ボート場は仙台から約80キロ程北東にあり、近隣の自然公園としても賑わっている。

私も子供が小さかった頃は何度か遊びに行った自然豊かな地でもある。その後20年も訪れていない。このオリンピック話題と久しぶりの青空に誘われ、愛車VFR800F(バイク)に跨った。

長沼公園は、県道1号線沿いにある。1号線という数値がいい。その標識が目に入ってくるたびなぜが心が浮き立つ。

カーブを切り始めると、突然オランダ風の建物(物産店)とその先の高台に建つ風車が目に飛び込んできた。そこ一帯は大きな駐車場と公園になっていてる。駐車場の端の眼下に話題のボート場が広がっている。

海と違って凪がないためか、練習中のボートがアメンバーのように静かに進んで行く。ボート場から駐車場まではなだらかな傾斜が続く。競技観戦をするのには最適の地とも言える。

目をじっと閉じていると、オリンピック観戦で集まった大勢の歓声と拍手が聞こえてくるような気がした。

復興五輪、まさにこの地での実現を期待したい。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)