« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月26日 (月)

今日の朝撮り「悲しくとも心温まるお話」

Dsc03466

この二冊意識して買ったわけではないが、どこか心の奥をえぐり取られたかのような印象が強い。読み終えてもなかなか頭の中から消え去らないほどだ。

『ふなふな 船橋(朝日新聞出版)』は吉本ばななさんの著書。タイトルにはふさわしくないような人間の内面の機微を見事に描いた深い話である。

話の中に妖精が出てくる。実はその妖精、主人公が住んでいる部屋の元の住人である。夢を通して天国にいる彼女との会話がその物語の重要な意味ともなっていて、ぐんぐん読者を引っ張っていく。

偶然買った絵本が『かぜのでんわ(金の星社・作絵いもとようこ)』。これは東日本大震災以後話題になった岩手県大槌町の電話の話である。

電話線は繋がっていないが、震災で亡くなった方と繋がりを求め人々が訪ねてくる。それをいもとようこさんは見事に絵本で表現された。

二冊ともどっしりと重い悲しい話ではあるが、それを乗り越えると美しい街が一望できる高台に出たような心持ちになるのはどうしてか。

まもなく東日本から7年目を迎える。

2018年2月14日 (水)

今日の朝撮り「全国誌掲載。今日(14日)発売」

Dsc03448

 Dsc03454

俳句ブームが続くが、私はでき(詠め)ない。

にもかかわらず、総合俳句雑誌社より原稿依頼を受け3月号『俳壇』に掲載された。

もとを正せば、昨年ノンフィクション作家野村路子さんとアウシュビッツをはじめ各収容所を訪ねた旅の体験談という内容だ。

特別企画欄には、野村さんのエッセイ、俳人の佐怒賀さん、合谷さんの俳句、そして私(6点のイラスト、エッセイ)という4名コラボで9ページにわたって掲載された。

内容については、全国書店、図書館などにてご覧いただければ嬉しいです。

写真・総合俳句雑誌『俳壇』(本阿弥書店発行)。定価800円。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)