« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月31日 (金)

今日の朝撮り「時々爺もんだい第二段」

1

よしくんを救ったスパーボランティアから今日は体操界。

そう界と言わず今の時代じっくり考える時代になったのではと示唆している問題だ。

世の中、今やAIが人間に変わろうとしている。これからの人間はAIにはできない「考える」という才能を磨くことが大事、かと思う。

体操をしていたものにとって、練習に打ち込める環境を与えて欲しいなぁ。

2018年8月30日 (木)

今日の朝撮り「仲間入り」

Dsc04404

おとぼけ動物シリーズ。

前回の猫に続いて今回トナカイが仲間入り。

トナカイを描いていると、もうすでに私の頭の中は暮れに向かって続く個展のことばかり。

今朝は半端にしている原稿のことが気になり、4時半からパソコンに向かっている。

日中はぶり返す猛暑の予報だが、私はいま長袖のパジャマにガウンを着込んでる。季節は間違いなくもう秋。

2018年8月28日 (火)

今日の朝撮り「伝える」

Img_3812

先月創刊20周年を迎えたばかりの大人の情報誌「りらく」9月号、本日発売。

創刊当時は70ページほどでスタートした本誌であるが、いま130ページとてんこ盛り。

その末席を汚さぬよう連載させていただいている「つれづれなるまま」も間も無く3年目を迎える。

タイトル脇に描いている「ガス灯」は尊敬する佐藤一斎をイメージ。

「一燈を提 げて暗夜を行く。暗夜を憂うるなかれ。只一燈を頼め」。暗い夜道をひと つの提灯を提げていくならば、暗くとも心配はいらない。

信念を持って進めば怖いことは何にもないよ、と言う意味。

連載の「伝える」は、過去の過ちを勇気を持って伝えなければならない、と言うお話。

是非お手にとって読んでいただければ幸いです。

2018年8月22日 (水)

今日の朝撮り「情報誌20周年パーティ」

Img_3771

Dsc04402

大人の情報誌「りらく」が8月号で創刊20周年を迎えた。

記念パーティが仙台市内のホテルで開催され、りらくファミリーの一員として招待された。

創刊から6年目に取材を受けたことがきっかけで、3年前からは創る側へと。現在「前田優光のつれづれなるままに」を連載させていただいている。

仙台発のこの月刊誌、現在5万部に増え近隣県はもちろん全国そして外国からも注目されるようになったという。

綺麗な写真で埋め尽くされたグルメ特集、人気の「MONO創り」、そしてところどころに散りばめられたエッセイなど満載の「りらく」、一貫して500円とお手頃。

毎月28日は発売日。まもなく9月号が発売。

2018年8月20日 (月)

今日の朝撮り「雑草強し」

2

Img_3674

Dsc04386

今日の朝撮り「雑草強し」

春に、小さな畑を潰し防草シートを敷いてもらった。これで草取りも少しは楽になる。

と思いきや、今年の異常天気に翻弄されその効果も半減。半年で田んぼの様相。

週末は雑草との格闘、今朝は全身筋肉痛。駐車場には大きなゴミ袋がごろり。
来年は山羊でも飼おうかな。

2018年8月17日 (金)

今日の朝撮り「現代の宮沢賢治

Photo

一躍時の人になった尾畠春夫さん。

涙と笑いを誘うあのキャラ、それよりなんて素晴らしい人なんだろう。

国会議員やスポーツ会での不祥事、尾畠さんの爪の垢を煎じて飲んでもらいたいものだ。

見返りを求めない。

いつも笑顔。

そして、困っている人がいればどこへでも。

宮沢賢治精神そのもの。

ついインタビューを聴きながら下手な絵でメモをとらずにはいられなかった。

一日休んだらまた広島にボランティアに行くと言う。

雨にも負けずを諳んじる「サウイフモノニ ワタシハナリタイ」。ただただ頭がさがる思いである。

2018年8月15日 (水)

今日の朝撮り「かわいそうなぞう」

Img_3634

この日になるといつも脳裏に浮かぶのが、評論家の秋山ちえ子さんの朗読。

上野動物園で飼育されていた3頭の象の「最期の姿」を描いた絵本『かわいそうなぞう(作者・土家由岐雄。金の星社)』のお話である。

秋山ちえ子さんはおととしの4月、99歳で亡なったがそれを引き継いで51回目の朗読がTBSラジオで流された。

15日は武道館で全国戦没者追悼式典が行われる。式典に向かう遺族が言っていた言葉が胸に付き刺さる。

「残された方も戦争の被害者です」。

終戦73年目、まだまだ苦しんでいる人が世界中に沢山いることを忘れてはならない。

拙著『ぽんぽこぽんすけ ぽんぽこぴー(みらいパブリッシング)』も戦争の悲惨さを語った物語。

二度と繰り返してはならない人間の過ち、波紋が広がれば嬉しい。

2018年8月 8日 (水)

今日の朝撮り「がたん ごとん」

Img_3595

Img_3585

立秋の声に合わせるかのように、昨日は20度を破る気温。

19度を表示している福島駅前の温度計、壊れた! なんて思えたほど。

新聞社での打ち合わせと百貨店への納品を終えると、楽しみしていた県立美術館へと急いだ。

会場に入ると異空間が広がっている。700展もの作品に一瞬胸が高鳴る。

故安西水丸さんの作品展だ。「うま下手」という言葉はこの人のためにある。嵐山光三さんや村上春樹さんと親しく、水丸さんの描く絵は彼しか描けない独特のものを持っていると言う。

名作と言われる絵画にはほとんど関心のない私でるが、熊谷守一さんや安西水丸さんの絵にめまいさえ覚えるこの感動はなんだろう。

著書『久しぶりの海苔弁』の表紙は海苔一枚描いた絵である。それが名画以上にみえてくるから不思議。海藻の香りがプーンと鼻をつく。

絵本『がたん ごとん がたん ごとん』。私もその機関車に乗って、もっともっと安西水丸さんの世界に連れていって欲しい。

2018年8月 6日 (月)

今日の朝撮り「青春」

Photo

Img_3578

Img_3579

Img_3576

某社から、取材に伺いたい旨の連絡があった。

アトリエ兼書斎を見渡すと、雑然とした紙くずの山。

慌てて片付け始める。でも一向に進まない。アルバムに手が止まってしまったのだ。

学芸会で「夕鶴」に出させれた時の自分、坊主頭を帽子で隠してる(笑)。

カッコ良く滑れなかったがスキー滑降では優勝?

芸能界に入るために(これは嘘)バック転を猛練習(笑)。倒立は前菜のようなものであった。

忍者のごとく水の上だって走れる気がしていた青春時代。

今思い出すと軽はずみな行動ばかりしていたような気がする。

CD・友人Oさんの青春時代。

センターボーカル! 聴くたび「あー青春最高」と叫びたくなる。癒しを求めている方、是非お聴きください。

2018年8月 3日 (金)

今日の朝撮り「わずかな支援」

Img_3545_2

西日本の大雨そして台風と悲惨な状況が続いた。この暑さの中での復興、計り知れないものがある。

お見舞い申し上げます。

九州の某団体さまへの小さな支援として、絵本を贈らせていただいた。

通常2日で到着するが、この災害で5日目にてようやく到着したと連絡が入った。

たかが拙著とはいえ、到着するまでには数多くの人の手を煩わせ目的地に着いた。そんなことを考えると、言いようのない感謝の気持ちが込み上げてくる。

絵本は人の心に潤いを与えてくれる。何かを示唆してくれる。

静まった湖面に投石し、それが波紋となって広がってくれることを願わずにはいられない。

2018年8月 2日 (木)

今日の朝撮り「サヨナラ サヨナラ」

Img_3569

Img_3570

仙台が観測史上最高の37、3度になった。

ハンドルを触ると火傷しそう。

一瞬「ここクマガヤ!」 と思った。

いや「クルマダ」 と言うもう一人の自分。

朝から駄洒落で迷惑をかけてるが、私より上の駄洒落男斉田さんから新刊が贈られてきた。

第二弾『続・映画のグルメ(五曜書房)』。

斉田さんはあの「サヨナラおじさん」こと淀川長治さんのお弟子さんである。

斉田さんとはポルトガルの旅で意気投合。ポルトガルの思い出は二人での駄洒落の旅の思い出しかない。

この駄洒落ぶり、ほんのエッセイでも。お手に取って読んでいただければ嬉しい。

ではこのへんで サヨナラ サヨナラ サヨナラ。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)