« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月29日 (火)

今日の朝撮り「地獄と夢のステージ」

Dsc04984

Dsc04984_2
Dsc05023

昨日、演歌歌手・石原詢子さん率いる揖水流詢風会 +親近者の「新春初吟会」が行われた。

一週間前そのリハーサが行われた際、なぜか緊張してしまい2ケ所セリフが脳から消えてしまった。その悔しさで新幹線での駅弁が苦く感じられたほど。

そのリベンジをとおもっいた矢先、本番2日前風邪をひいてしまい39度の熱を出してしまった。神様なぜ私をいじめる、と夢の中で唸ってしまった。

本番当日、多少下がったもののまだ38度ある。あーどうしようと迷いに迷う。そこに今度は女神石原詢子さんが朦朧としている私に叱責する声が聞こえてきた。「私は生放送でも、どんなに具合が悪くとも乗り切ってきている。意地をみせろ」という声である。

今回私が吟ずる詩吟はまだ習っていない「本能寺」。これは歌の他に長いセリフが入っていて、これまた曰く付きである。曲目を報告したときに石原先生に一言「私ならこんな難しいの、選択しないわ」。きついお言葉だが、これは石原先生の愛情表現なのである。平坦な道のりより、困難な道を選びチャレンジ精神を買ってくださっているのだ。

ご一緒した友達・菅原さんの応援もあってか、無事どうにか歌い終える。

そのあとは石原先生のオンステージのスタート。詢子ちゃんコールでディナーショーでも味わえない、歌謡ショーが会場を沸かす。楽しかったなぁ。

来年ご一緒する方、この指とまれ(笑)。

2019年1月26日 (土)

今日の朝撮り「リュクサックが悪者!」

Photo

最近何かとリュクサックが話題になっている。私もリュク派だが先のニュースでショックを受けた。

迷惑行為ランク付けで、リュクが1位となったのだ。満員電車内での中でのことであるが、それでもリュクを重宝しているものにとっては嫌なニュースである。

仙台の地下鉄でも「リュクは前にも持つか網棚に」と電光板で流れている。東京で中央線に乗った時は車内アナウンスで流れ、リュクを持っているだけでも悪者扱いされていてようであまり気分の良いものではなかった。

目の前に大きなリュクを背負い、動き回られるのは確かに迷惑ではある。ようはマナーの問題だ。リュックは悪者、というイメージだけが先行しているように思える。ようはどんな形でも荷物を持っているものは悪者というようにもなる。

いまカスハラが社会問題になっている。何につけても自分ファーストの考えが蔓延し、理不尽に思えることすらクレームを発する時代になってしまっている。これもリュク攻撃となっているのか。

リュクは両手が使え危険防止にもなる。フットワーク、そして機能性もいい。是非マナーを厳守し、譲り合う精神を大事にしたいものだ。

ちなみに迷惑行為2位は「騒々しい会話・はしゃぎまわり」、3位は「座席の座り方」という。

夏目漱石の「草枕」をつい口走ってしまいたくなる。「とかく人の世はすみにくい」。

2019年1月24日 (木)

今日の朝撮り「駅弁・心ときめく」

Img_0753

Img_0755

昨日の東京、1月下旬というのに春の陽光。

一連の用事を済ませると新幹線に飛び乗る。帰りの新幹線の愉しみは駅弁。

毎回違う弁当を、と品選びも一つの醍醐味である。今回は「日本のおもてなし」弁当。絵柄も外国人が喜びそうな色彩。

蓋を開けると、名の通りおもてなしの心がびっしり詰まってる。

チラシの上には、葉物で作ったネクタイがのせられていて、なんともお洒落。左上のデザートのお餅は、日の丸か。

弁当の後は演歌歌手の石原詢子さんから頂いたアップルパイを頬張り1時間半の旅を堪能。

もう頭の中は、来週の駅弁のことでいっぱい。

2019年1月21日 (月)

今日の朝撮り「戦場カメラマン・熱演」

Img_0731

今年最初の講演会に行ってきた。話し手は戦場カメラマンですっかり有名になった渡部陽一さん。 満席の会場拍手で迎えられ登場した渡部陽一さん、テレビで観る姿そのまま。独特のあの口調もそのままだが、意外だったのは振り付けというのかオーバーなアクションで舞台を駆け回って話す姿はまるで一人芝居を観ているかのよう。 130ケ国を見てきた渡部陽一の話はどれもがリアリティに富、会場全体が静まり返り聞き耳を立てているのがわかる。 講演を終え今でも耳に残っているのが、テロへの危機管理。ヨーロッパに拠点をおいていたテロ軍団がいまアジアへと目を向けられているという。 日本も当然いままで通りの平和ボケではいられなくなる。世界情勢をみてもどこか不安を煽るニュースばかり。戦場カメラマンの臭覚が現実に起こらなければという不安がよぎった。

2019年1月18日 (金)

今日の午後撮り「必見・あの二葉百合子さんが」

Img_0723

丁度3時のお茶の時間にDVDが届いた。

SONYから発売されたばかりの師匠・石原詢子さんの「石原詢子30周年記念リサイタル」のものだ。

昨年の9月、中野プラザで観たあの感動をもう一度味わえる。嬉しい。その時のゲストが石原さんが尊敬している師匠・二葉百合子さん。

今夜BSでその二葉百合子さんが出演される。勿論そのお弟子さんである石原詢子さんと坂本冬美さんも出演。お二人師匠の前で浪曲をご披露される。

テレビ界から引退された二葉百合子さんの歌も聴けるとあって、今夜は目が離せない。

1月18日(金)PM7時から。BSテレ東「徳光和夫の名曲日本」是非ご覧ください。

写真・石原さんと。(麻布十番の私の個展会場にて)。コンサート模様DVD

2019年1月15日 (火)

今日の朝撮り「境内身動きできないほどの参拝者」

Img_0697

Dsc04951_2

Img_0705


14日小正月の行事「どんと祭」が東北各地で行われた。

天気に恵まれ祝日とあって仙台大崎八幡神社には午後3時ごろから大勢の参拝者が訪れた。

裸参りに訪れた団体は116組(3200人)。午後4時半ごろ正月飾り点火され、日が落ちた境内の空は赤く染まった。

この時期はいつも寒く、雪の中を裸で練り歩く光景をよく見かけたが今年は3月並みの気候。白装束の団体の中には笑みをこぼし記念写真に応じているものも多くいた。

昨夜の大崎八幡神社には約13万人ほどでが参拝したという。

2019年1月13日 (日)

今日の朝撮り「運勢・音楽、弁舌の才司る」

Img_0668
Img_0666
Img_0672
Img_0673_2

今年は二つの神社をお参りした。 元旦がどんと祭で有名な大崎八幡神社。そして東北随一大きいという鹽竈神社へと足を運んだ。 昨年は絵本の出版、そして4回の個展。そして多くの人々との出会い。さらに6社からの取材も受けとても充実した1年であったことのお礼参りである。 同行したのは、リュックに入れてる掲載記事や書籍、そして相棒のぽんぽこぽんすけのQちゃん。 帰りしな、涎のように運勢がいつまでも長く続くという石牛を撫で、おみくじを引く。 おみくじの中? 弁財天と書いてあり「音楽、弁舌の才司る」とある。流石神。詩吟とトークに励め、叱咤激励と感じ取った。   

2019年1月 8日 (火)

今日の朝撮り「3000年前とは思えぬ輝き」

2

昨年暮れ、NHKの「ツタンカーメンの秘宝・黄金のフォアラオ」を観て感動した。

その感動がまだ冷めやらぬ今朝、2020年に大エジプト博物館が完成するというニュースが流れたのだ。世界最大級、東京ドーム10個分。

そこに古代エジプト文明10万点が網羅され、目玉としてツタンカーメンの秘宝4000点が集められるという。私の心の中は、もう東京オリンピックどころではない。

以前からエジプト文明には魅かれてはいた。がまだ訪ねたことはない。でもどこか憧れていたのだろうか絵を始めた頃こんな絵を描いていたのだ。18年前に描いたものを引き出しから引っ張り出してみた。

私には行かなければならない国がまだ何箇所か残されているが、エジプトがその順位の先頭集団の中に入ってきたのは間違いなさそうだ。

2019年1月 5日 (土)

今日の朝撮り「だまし絵」

Img_0579_2

Img_0583_2

Img_0597

東京行ってお茶おするときは、G SIX(銀座)の蔦屋が多い。

表に出ると一人の女の子が、踏み台に上がって中を覗いている。仕草がとても可愛いかったので興味津々近づいてみた。あっ、と驚いた。だまし絵なのだ。

だまし絵とはチェスキークルムロフ城(チェコ)が有名。城壁に窓や入口、柱などが描かれそれが見事。名の如く騙される。

これは騙されない。銀座にある素敵庵(STEAK ANN)のステーキ。ランチなら1000円前後で楽しめる。

オーナが面白い人で、「シャッターチャンス逃さないでよ」と見せ場を披露してくれた。驚きと興奮で肝心のステーキの写真撮るの忘れてしまった。

2019年1月 1日 (火)

今日の朝撮り「年頭のご挨拶」

Img_0644

明けましておめでとうございます。

旧年は皆様方には大変お世話になり、この場をお借りし御礼申し上げます。

私こと昨年はワンともいえない沢山の出会いがあり、実り多い一年であったような気が致します。

今年も「絵から学んだこと」を伝える活動を含め、干支の如く猪突猛進いろんなことに挑戦したく考えております。

大人の情報誌「りらく」連載共々、どうぞ今年も変らぬご支援をいただければ嬉しく存じます。

皆様方にとっても幸多い一年でありますようご祈願申し上げます。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)