« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月31日 (金)

今朝の朝撮り「でたーーぁ」

Img_1579

今朝の朝撮り「でたーーぁ」

日によって朝夕暖房を入れ、日中は5月として異常の暑さにクーラを入れる、そんな煩わしい気候に右往左往させらてれている。

昨夕少し涼しくなったので本を読み始めると、電動キリで空気を切り裂くような音が耳元で鳴り始め飛び上がった。条件反射である。私が最も嫌いなエイリアン、蚊の出現である。もうじっとしてはいられない。本をほっぽり出し昨年仕舞い込んだ棚をあっちこっちひっぱりだし、私の危機管理防御液を探し出した。

このプシュ型はよく効く。ワンプシュで長時間は保つ。私の必需品で1階2階の部屋に各一つそしてカバンにと欠かせない。東京は10月末になっても飛び回っているので、これから始まる個展の巡業先にも決して忘れてはならない私の「プシュ愛テム」である。

 

2019年5月29日 (水)

今朝の朝撮り「TV放送決定」

Fb
Dsc02696-2

野村路子(ノンフィクション作家)さんの番組が来月(6月9日)放送される。

昨年は熊谷(埼玉県)の八木橋百貨店で「テレジン収容所幼い画家たち展」が開催され、マスコミ全社が報道するほどの関心を呼んだ。

私の拙著絵本『ぽんぽこぽんすけ  ぽんぽこぴー』もここからきている。

1万5千人のユダ人が収容された収容所・テレジン(プラハ)で100人が生き残った。絵を描くことでが生きる力になったと野村さんは言う。

17年11月野村さんと訪ねたプラハでは生存者のデッタさんとお会いすることができた。

「希望を持ち続け 生きた証のメッセージ」を、野村路子テレジンを語り継ぐ関係者として是非ともご覧いただきたい。

戦争の悲惨さ東日本大震災を風化さないためにも「伝える」、これからの子供たちに引き継ぐためにも。

 

2019年5月28日 (火)

今朝の朝撮り「お祝い有り難う」

Img_1550 Img_1544 誕生日のお祝い皆様から沢山いただき感謝申し上げます。この場をお借り改めて御礼申し上げます。

トランプ大統領来日で日米の国旗がいたるところでふられ、自分の誕生日を祝ってくれたかのような日でした(笑)。

 

庭のアヤメも笑顔で祝ってくれた。花言葉に「良き便り」「うれしい便り」「吉報」「愛」「あなたを大切にします」「私は燃えている」がある。嬉しい。

色も高貴で源氏物語を彷彿され、私の絵のベースもこの色が多い。

これからの1年最も忙しくなりそうですが、「人は石垣」の通り自分があるのもすべて皆様に支えられていることを忘れず精進。感謝感謝です。

好きな言葉「今日の一歩は明日への100歩」「雨垂れ石を穿つ」を胸ね。

験担ぎの意味で誕生日を焼肉で祝っていただいた。バック曲は🎶ヤングマンさあ立ち上がれ ヤングマン今翔び出そうぜ‥‥‥‥。

 

 

 

 

2019年5月24日 (金)

今朝の朝撮り「真夏日!」

Img_1517

 

5月なのに「真夏日」という言葉が連発。

今年の夏は一体どうなんだろう。

暑くなると空気が膨張し、私が乗ったゴンドラまで上昇してしまった。

来月の20日から始まる個展まで、この舟地上に降りて来るんだろうか。

是非その様子を個展会場でご確認していただければ嬉しい。

 

 

2019年5月23日 (木)

今朝の朝撮り「3人の女性」

連日キャンペーンや取材で多忙な演歌歌手の石原詢子さん、昨日は東京に戻り疲れも見せず4コマの授業をこなした。

一コマにまとめてやれば効率的なのだが、その生徒さん方のレベルや参加しやすい時刻を配意しての授業。石原さんの姿勢はビジネスではなく日本の文化を伝えるという使命感に燃えている。

どんな時でもどんな人にも手とり足とり真剣に向かい合っている姿勢には頭がさがる。本当に学ぶものが多い。子供さんたちには無料で教えたりもしている。大スターとは思えぬそのお人柄は、誰しもが認める。人気の秘密はそこにあるのかもしれない。

仙台に帰ると、田嶋陽子さんから個展の案内が届いていた。田嶋さんらしいタイトル。60からシャンソン70歳から書道。人生100年時代に先駆け前向きの田嶋さんからも多くのことを学ばせていただいている。今回は伺えないが、テレビとみるお人柄とは真逆でとても素敵な方である。是非お近くの方は。

アウシュビッツ関係の書籍を沢山出版している作家の野村路子さん、NHKの追っかけ取材も終わり来月1時間ものの番組が放送される。詳細は別途お知らせ。

「前田さんに話したいことがいっぱいあるの、7月飲むの楽しみ」という野村さんのメールの奥には笑顔が浮かぶ。

女性の活躍に奮起し、まずは与えられたことをコツコツ積み重ねていこう。

 

 

2019年5月20日 (月)

今朝の朝撮り「被災地の現状」

 

Img_1488 Img_1481 Img_1498

 

昨日、遺構となった荒浜小学校(仙台市若林区)とその周辺に足を運んだ。

学会の講演会で来仙した溝尾良隆(立教大学名誉教授)先生のお供である。宮城県立大学の伊藤先生が案内をしてくださり、東日本大震災から8年が過ぎた現状を見て歩いた。溝尾先生の希望である。

溝尾先生は都市学、観光学者で専門書他『ご当地ソング、風景百年史』も書かれていて、歌手水森かおりさんのことも触れている。演歌大好きの私とは話がよくあう。

溝尾先生はバルト三国の旅で知り合った。伊藤先生はまた不思議な縁。私の絵を奥様が買ってくださっていたのだ。それは昨日お会いて初めて知った。縁が円となったことに驚いた。

仙台に来るたび、被災地を歩かれる溝尾先生には頭が下がるが被災地はもう当時の面影はない。茫洋とした景色がどこまでも続いているだけだ。

海風が時折強く煽る。「いつまでも私たちを忘れないで」という叫び声に聞こえた。

風化をどうすれば防げるか、考えさせられた1日であった。

 

 

2019年5月19日 (日)

今朝の朝撮り「あたり前田」

Img_1473 Img_1391_1

大手百貨店のスーパーでこんなものを見つけた。

嬉しくなってつい買ってしまった。

極上と冠をつけての登場なのか、まさにバターの香りがプンプン。
「お前があたり前田か」とよう言われたものだが、グレードアップしてまだ現役とはなんとも嬉しい。

現役といえば今バリバリの演歌歌手石原詢子さんが今日(19日・昼)NHKのど自慢にゲスト出演。

先日お会いしたときに「私も出ます」と冗談を言ったら「ほんと!」と目を丸くし真顔で驚いてくれた。

そんな純な石原詢子先生を是非テレビで楽しんでください。

今日の歌は発売されたばかりの新曲「通り雨」です。

 

2019年5月18日 (土)

今朝の朝撮り「笑顔を戻る母」

Img_1391 Img_1470

転倒し4月いっぱい外出できずにいた母、5月になって漸く歩けるようになった。

昨日は93歳の誕生日。ランチと買い物を兼ね軽い散歩。

楽しいことが大好きな母に買ったプレゼントの花は。

ときたま日にちと時間を間違い「ボタンのかけ違い」が多くなったことで、牡丹の花を。

それをいうと理解したのか、ケラケラ笑ってくれた。

硬い蕾も、間も無く母のような大きな笑顔の花が咲くだろう。

 

 

 

2019年5月17日 (金)

今朝の朝撮り「馬子にも衣装」

Img_1467 Img_1464

いよいよ個展出品作の額縁の準備。これがまた一苦労なのである。昨日足りなくなった額縁の一部が入荷したので今日はそれに新作を入れる。筋肉痛との戦いが始まる。

馬子にも衣装というが、拙作のただの紙でも額縁に入れるとどうにか見られるようになるから不思議。

新聞にこんなことが載っていた。パンパースをしていた高齢者女性がマニキュアをしたらパンパースが取れた。徘徊していた高齢の男性が、散髪をし洋服をお洒落着にしたら徘徊が治ったという話である。

私の紙の絵も額に入れることによって、神になって神々しくなってくれるのだろうか。

そんな魔法を皆さんにおかけできればと、ローテンブルクのサンタの車に乗せ夢叶え箱をプレゼント。

 

 

2019年5月15日 (水)

今朝の朝撮り「19日のど自慢ゲスト」

Photo_108

本日(15日)石原詢子さんの新曲『通り雨』発売されます。

石原さんは岐阜から一人上京し新聞配達をしながら演歌歌手になった努力の人です。紅白出場そして昨年は30周年記念コンサートを開催し2500人の会場をいっぱいにしました。

また昨年から揖水流詢風会 の家元を襲名し詩吟教室(東京、大阪)に開設。本当に努力の人です。

「実るほど頭の下がる稲穂かな」そのもの、本当に素敵な方です。

19日のNHKのど自慢にはゲスト出演。是非皆様の応援をお願いいたします。

 

 

2019年5月12日 (日)

今朝の朝撮り「脳の活性化」

Img_1444

川島隆太さんの脳の話には以前から関心を持っていた。昨日ようやく川島さんの講演会を聞くことができた。

政府も関心を示している「人生100年」時代。令和26年には平均寿命が100歳になるという。現在60歳の人は人生があと40年も残されているということになる。子育てそして現役で働いていた時間よりも長い。長い人生を過ごすために何が大切かというと、脳が健康であるということである。

四大要素として「認知の刺激」「運動」「栄養」「社会との関わり」がある。その中で、脳を鍛えることが最も大事という。

それにはまず活字を読むことで活性化される。てっとり早い方法は新聞を声をあげて早読みすることだという。意味がわからなくてもいい。私は新聞二紙取っていて毎日声を出してコラムそして社説を読んでいる。自分のやっていることが理に叶っていることを聞いて嬉しくなった。

耳を疑ったのは、酒は百薬の長というがそれは嘘ということだ。酒は脳を萎縮させるのだと言う。ただ飲まないとストレスが溜まるとなれば、‥‥‥‥。‥‥‥‥はご自分の判断で。

講演を聞いた後、錆びついた脳が少し潤ったような充実感に包まれ、皐月晴れの緑が一層眩しく感じた。

 

 

2019年5月11日 (土)

今朝の朝撮り「東京オリンピック申し込み」

20190511-61923

 

 

好奇心旺盛な私。ネット申し込み開始した翌日早速申し込みに挑戦。

テレビで見る限り、これは苦難の道という印象が強い。家族全員でパソコン、携帯を携えネット繋ごうと奮闘している映像が流れている。4時間5時間すぎても繋がらず断念する人も。

さて私。長期戦は覚悟し、絵を描きながらの挑戦。

まずこの画面が出る。申込者の身分を登録。それをしないと前には進まない。

私は開会式に挑戦。画面が切り替わりおおよその待ち時間が表示される。2時間待ちであった(午後2時時点)。小さな人間が動きだし、目的に向かって歩く映像が延々と流れる。

繋がった。しかしそれからがまたひとつひとつクリアしなければならいものがある。最後は登録した電話回線で確認の電話を入れる作業が待っている。もうその時点では夜8時を過ぎていた。10時過ぎても繋がらない。400回ほど掛け直すがその夜は断念。

5時半起床。昨日の壁がもろくも崩れる映像が頭に流れ、一発で電話回線に繋がる。成功したのだ。

しかしこれでも購入できたという確証にはならない。来月の抽選会が運命を決定するのである。

是非みなさんも挑戦を。

 

 

2019年5月 9日 (木)

今朝の朝撮「祈願」

Img_1429 Img_1413 Img_1405

 

昨日の新幹線、そして東京駅は信じられないほど人がいない。夕方5時ごろの東京駅ホーム丸見え、松本清張の小説のワンシーンのよう。

それにしても気持ちの良い東京の天気。石原詢子さんとお会いした後は日差しが気持ちよかったので、新宿駅近くの花園神社へ。

ここは芸能の神様が祀られていて、藤圭子の歌碑や八代亜紀さん、北野武さんらの名前がずらり並んでいた。

本殿に向かった私は5月15日新曲発売される石原順子さんの「通り雨」ヒット祈願と、応募した作詞が入選しますようお祈りを。便乗祈願だからダメかな(笑)。

さあ、今日も原稿を届けたり挨拶回りなどに1日走り回るぞ。

 

 

2019年5月 7日 (火)

今朝の朝撮「日々の楽しみ」

1906 2_2 Img_1385

 

GWが終わった。

初めての長い休暇ゆったりと過ごされた方も多かっただろう。

私は東京に行ったり毎日仕事に追われ通常と変わらぬ生活であった。でも何かやることがあるということは、生き甲斐でもありそれが楽しい。今回初めのことだが作詞にも挑戦してみた。選ばれれば某歌手が歌ってくれるというが、宝くじと同じく結果どうであれ発表までのその過程のウキウキ感がいい。

GW後半2日間は、仕事をしながらの合間をみて家の草取りをした。周期的に草は何もしなくても生えてくる。草のようになんらかの印税が周期的に入ってきたらどんなんに楽しいだろうか、と想像していることもまた楽しい。

 

 

2019年5月 5日 (日)

今朝の朝撮「旅の楽しみ」

Dsc05192  Img_1375 Img_1376

 

 

先日伺った際の皇居は、燃える緑の中からウグイスの鳴き声が聞こえる静かな日であった。

4日の新天皇即位を祝う一般参賀には14万人が訪れたという。

東京行った帰りの楽しみは駅弁。構内駅弁屋には200種の駅弁が並び、人気商品はすぐ売れ切れる。

多いときは1日15、000個も売れるというからすごい。

今回は横川駅(群馬県)の「峠の釜めし」を買った。昔は益子焼きの陶器を持ち帰ったが、今は発砲シチロールに変わった。

味気ないといえばそうだが、中には鶏肉、筍、椎茸、ごぼう、栗と大好きなものがずられと並び、味は昔とちっとも変わらずおいしい。

石川さゆりさんも若かった頃スキーの帰りよく買ったという記事を見て嬉しくなった。

私も信越方面にスキーの指導員をとるためよく通ったものだ。その時この釜めしの味を知ったのだ。もしかして石川さゆりさんとどこかですれ違っていたのかもしれない。

そんなことを想像しながらの列車旅もひとしお。

 

 

 

2019年5月 3日 (金)

今朝の朝撮「令和元年東京ガラガラ」

Img_1369 Img_1358-2 令和元年の初日仙台でクラシックバレーの舞台を観て、翌日は東京で石原詢子さんのオンステージを。

出かける前、GW期間とあって移動時の支障を覚悟していったが、どこもガラガラ。

 

このステージ令和元年を祝し吟剣詩舞道祭りが5日間に渡り行われているもので、そのゲストとして2日目に我が師匠の石原詢子さんが招待されたのだ。

人気演歌歌手とあって笹川記念会館国際ホールのあの広い会場に盛岡、大阪からと老若男女大勢集まった。2時間のステージ、トークあり、詩吟あり、演歌ありと普段見れない石原詢子の姿に会場われんばかりの拍手と詢子ちゃんコールで湧いた。

 

連日テレビに出演されている石原さんだが5月3日は、徳光和夫さんとのカンボジアの旅2時間スペシャルが放送される(BSテレ東19:~)。新曲『通り雨』5月15日発売。

 

写真・コンサート終わった後、仲間と石原詢子さんを囲んでの記念写真撮影風景。

2019年5月 2日 (木)

今朝の朝撮「夢バレリーナ」

Img_1357
Img_1340-2
Img_1334

元号が変わった1日、孫が出演するバレイコンサートに行ってきた。

孫といっても姪の娘で、私を「ポンくん」とよんでよくなついている。

不思議に私は猫と犬と子供にすかれるタイプで、個展を観にきた子供さん達にもよくお手紙をいただく。

入場券が入った封筒には8歳の仮の孫から熱いオファーまで入っていてる。無下に断るわけにもいかない。そのママ(姪)も一緒舞台に上がるというのでますます逃げ出すことができなくなった。

ゲストにプロの男性(韓国)ダンサーと女性ダンサー何名かも出演。イケメンのうえ素晴らしい踊りには息をするのも忘れるほど見入ってしまった。

生まれ変わったらバレニーナになるという姪の気持ちも頷ける。ちなみに従兄弟の娘は宝塚卒業。

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

フォト

著書発売のお知らせ

  • 河北新報出版センターから『愉しくなくちゃ絵ではない』が発売されました。  ゆるかわの小鳥さん夫婦がヨーロッパの街をご案内します。 癒される一冊です。 著者/前田優光。

メルヘンの世界

  • 踊り(ハンガリー・国会議事堂)060925掲載。
    ブログに使用した「挿絵」一覧

イタリア・PC

  • ドォウモ
    POST CARD・イタリア

チェコ・PC

  • プラハ城
    POST CARD・チェコ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

  • (ブルガリ メガネフレーム ニコニコ·キッズ・ルージュMPエ(後のタ)
  • ニットキャップ 激安 (ニューバランス専門店 .あなたに用意してどこに行きますか)
  • ゴルフ / アパレル激安 (メンズ シューズ * ")
  • キャップ激安 (NEW ERA CAP 激安 まさかそれ着血赤衣衣の仮面がやった)
  • 野球帽子 (NEW ERA ニューエラ専門店 晶珠、いかんせんトンネル.竜皇に笑って、怖い人もこのような考えが怖い、紫sè)
  • Coach Factory Outlet (4 Bring a blazer and slacks (men) for dining out or taking in a show)
  • Coach Factory Outlet (Link popularity has become so)
  • Coach Outlet Online (6 Sew the new seam line on a sewing machine with similar colored thread)
  • Coach Bags (Imagine one night after leaving your grappling class that you decide to stop off at a convenience store to get a soda)
  • Coach Factory Outlet (Los Angeles boating accidents account for some of the most tragic deaths in the United States)